ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー


「My Gartner Japan」のIDをお持ちのお客様は、上記ボタンよりログインいただけます。



【ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス 最新リサーチ情報】の5月後期分を公開しました
(2015/5/29)
「ビジネス・インテリジェンス&アナリティクスサミット2015」(6月18日〜19日開催) のPR動画を公開しました
(2015/5/20)

ガートナー、ビッグ・データに関する調査結果を発表 - ビッグ・データを実際に活用している日本企業は6%という結果に - 取り組みが進まない主な阻害要因について、48%の企業が「ビッグ・データから 価値を得る方法が分からない」と回答
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のビッグ・データへの取り組みに関する調査結果を発表しました。
(2015/5/25)
ガートナー、アジャイルなI&Oカルチャー実現の鍵となる5つのステップを発表 - 2018年までに、自部門のカルチャーの変革に具体的に取り組むことなく DevOpsを採用しようとするI&O部門の90%が失敗に終わる
ガートナーは、バイモーダル (2つの流儀) のIT戦略を計画しているインフラストラクチャとオペレーション (I&O) のリーダーは、I&O部門のカルチャーを変革しない限り、アジャイル (俊敏) な取り組みにDevOpsがもたらすメリットを手にすることができないとの見解を発表しました。
(2015/5/13)
ガートナー、日本におけるモノのインターネット (IoT) に関する調査結果を発表 -  50%を超える企業が「IoTにより自社の製品やサービスが変わる」と回答 -  日本企業にとってIoTを実践する体制づくりが急務に
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のIoTへの取り組みに関する調査結果を発表しました。
(2015/5/11)
ガートナー、クラウド・コンピューティングに関する調査結果を発表 - 2015年、日本のクラウド・コンピューティングの採用率は16%に上昇 - クラウドIaaSの稼働率について、40%以上が「99.999%」でなくてもよいと回答
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のクラウド・コンピューティングへの取り組みに関する調査結果を発表しました。
(2015/4/28)

デジタル・ビジネスにマイナスとなるFBIからのセキュリティ・レベル引き下げ要請
最近、FBIがスマートフォンの暗号化レベルの「引き下げ」を求めているが、こうした動きは、ガートナーの顧客にとってメリットがない。CISOは、パフォーマンス、柔軟性、収益性を犠牲にすることなく信頼性のレベルを引き上げる暗号化の強化活動を推進し、デジタル・ビジネスを実現する必要がある。
(2015/5/25)
I&Oビジネス・バリュー・ダッシュボードを完成する方法
I&Oリーダーは、自身が提供するビジネス価値を伝達する革新的な方法を必要としている。I &O部門のリーダーは、活動が業績に及ぼす影響をBVDとして示す必要がある。BVDの活動を成功させるには、文書化を明確に行い、反復的な改善を実施し、ツール利用に対して好機を逃さずにアプローチする必要がある。
(2015/5/12)
データ・ディスカバリによるセルフサービスBIの実現に向けてBICCをどのように進化させるか
企業において、個別ニーズに合致したセルフサービスのデータ・ディスカバリ・ツールが支持されており、一元的な、セマンティクス・レイヤを基盤とするビジネス・インテリジェンス・プラットフォームからの移行が検討されている。そのため、一貫性を維持し、混乱を回避するために、エンドユーザーへの権限委譲とガバナンスを均衡させる新たな方法を見いだせるよう、BIプログラムを適合させる必要がある。
(2015/4/28)
gartner.com
TOP OF PAGE