ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー


「My Gartner Japan」のIDをお持ちのお客様は、上記ボタンよりログインいただけます。



弊社を装った電子メールについてのご注意
最近、当社を装った差出人名で、不審なメールが送られてくるとの情報が寄せられております。以下のメールにつきましては、当社とは一切関係ございません。万が一、該当のメールをお受け取りになられた際には、メールの返信やお電話など、ご連絡等はされないよう、十分お気をつけ下さい。詳細はこちら
(2014/10/8)
ウェブキャスト: Gartner Symposium/ITxpo 2013 Orlando オープニング・キーノート(音声英語、無料登録制)
Gartner Symposium/ITxpoは、CIOをはじめとするITリーダーから絶大な信頼と評価を得ている世界最大級のITイベントです。本ページでは、10月にOrlandoで開催いたしましたGartner Symposium/ITxpoのオープニング・キーノート(ウェブキャスト、音声英語、無料登録制)、および日経BP社 ITproにご掲載頂いた本イベントに関する記事をご紹介いたします。是非、ご覧ください。
(2014/2/6)

ガートナー、2015年以降にIT部門およびユーザーに影響を与える重要な展望 「Gartner Predicts 2015」を発表 『Gartner Symposium/ITxpo 2014』(2014年10月5〜9日、米国フロリダ州オーランド) において業界の最新の方向性を明らかに
米国フロリダ州オーランド発 − 2014年10月7日 − ガートナーは本日、2015年以降にIT部門およびユーザーに影響を与える重要な展望「Gartner Predicts 2015」を発表しました。2015年の展望は、人とマシンの長年にわたる関係がデジタル・ビジネスの登場によってどうシフトしたかを検証するところから始まっています。
(2014/10/21)
ガートナー、日本企業のデジタル・ビジネスへの期待値と未来についての 調査結果を発表 − 8割超のITリーダーが「デジタル・テクノロジが日本企業のビジネスを 大きく変える」と回答 −
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のデジタル・ビジネスへの期待値と未来に関する調査結果を発表しました。今回の調査の結果、回答者の84.7%は「デジタル・テクノロジが日本企業のビジネスを大きく変える」とみていることが明らかになりました。
(2014/9/25)
ガートナー、「先進テクノロジのハイプ・サイクル: 2014年」を発表 - デジタル・ビジネスに向けた動きが明確に - 2014年、ガートナー・ハイプ・サイクルは20周年を迎え、 2,000を超えるテクノロジの成熟度を評価
米国コネチカット州スタンフォード発 − 2014年8月11日 − ガートナーは「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2014年」を発表し、デジタル・ビジネスに向けた動きが今後の中心的なテーマになるとの見解を示しました。今回で20周年を迎えるハイプ・サイクルにおいて、ガートナーは、企業がデジタル・ビジネスの実現に向けて動き始める中で、適切なテクノロジを適切なタイミングで明確に捉え、導入することが不可欠であると述べています。
(2014/9/3)
ガートナー、エドワード・スノーデン氏による暴露事件の影響により、 データの物理的場所の持つ意味の重要性が低くなりつつあるとの見解を発表
『ガートナー セキュリティ & リスク・マネジメント サミット2014』 (7月15〜16日 東京コンファ レンスセンター・品川) において、データ・セキュリティの課題について知見を提供

豪州シドニー発 − 2014年7月2日 − ガートナーは本日、データの物理的な場所は依然として重要ではあるものの、その重要性は急速に低下しており、2020年までにほとんどの企業・組織では法的場所、政治的場所、論理的場所の組み合わせがより重要になるとの見解を発表しました。
(2014/7/3)
ガートナー、ビッグ・データ環境にはデータ中心型のセキュリティが 必要であるとの見解を発表 CISOはビッグ・データの量、タイプ、スピードなどの観点で対策を講じる必要がある 『ガートナー セキュリティ & リスク・マネジメント サミット 2014』 (7月15〜16日 東京コンファレンスセンター・品川) において、知見を提供
英国エガム発 − 2014年6月4日 − ガートナーは本日、昨今の複雑化するセキュリティ環境を単純化するために、情報セキュリティ最高責任者 (CISO) はビッグ・データのセキュリティと従来のセキュリティを分けて考えるのではなく、すべてのセキュリティをカバーするポリシーを策定する必要があるとの見解を発表しました。
(2014/6/27)
ガートナー、ITリーダーが予測する10年後のIT部門について 調査結果を発表 − 9割近いITリーダーが、「アウトソースとインソースの明確化が進む」 「ベンダーへの依存度がより大きくなる」と回答 − 『ガートナー アウトソーシング & ITマネジメント サミット 2014』 (6月11日 東京・品川) において知見を提供
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、ITリーダーが予測する10年後のIT部門についての調査結果を発表しました。トップは「アウトソースとインソースの明確化が進む」で、9割近いITリーダーが「そう思う」と回答しています。
(2014/6/5)
ガートナー、「アダプティブ・ソーシング」が企業成長の鍵になるとの見解を発表 CEOの64%が「成長」を2014年の最重要項目に挙げている一方、ほとんどのCIOは準備ができていない現状が明らかに―― 70%が自社のソーシング・ミックスを変更する予定と回答効果的なソーシングの実践がいかに企業の成長を実現するか 『ガートナー アウトソーシング & ITマネジメント サミット 2014』 (6月11日、東京コンファレンスセンター・品川) において知見を提供
英国エガム発 − 2014年5月15日 − ガートナーは本日、「企業・組織では、新たな収益を見つけたり成長を促進したりする手段としてデジタルを重視する姿勢を強めている。一方、顧客中心の革新 (イノベーション) のスピードや、次世代のビジネス・リーダーと市場リーダーを決定付けるテクノロジとビジネスの無数のオプションに対応する準備が整っている企業・組織はほとんど存在しない」という見解を発表しました。
(2014/5/29)
ガートナー ジャパン、2014年上期国内IT投資動向を発表 2014年度のIT投資額は微増にとどまる見通しであるが、 継続的なビジネス「運営」から「成長」「変革」へ投資目的がシフトする傾向にあり
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、「2014年上期国内IT投資動向」を発表しました。
(2014/5/20)
ガートナー、CIOにとってビジネス・インテリジェンス (BI) とアナリティクスが 2017年にかけて引き続き最優先事項となるとの見解を発表 『ガートナー ビジネス・インテリジェンス & 情報活用 サミット 2014』 (2014年5月22〜23日、東京コンファレンスセンター・品川) において、 アナリストがビッグ・データについて知見を提供
米国コネチカット州スタンフォード発 − 2013年12月16日 − ガートナーは本日、ビジネス・インテリジェンス (BI) およびアナリティクスに対するCIO (最高情報責任者) のテクノロジ最優先事項としてのフォーカスは、2017年にかけて今後も続く可能性が高いとの見解を明らかにしました。
(2014/5/1)
ガートナー、2014年以降の日本企業のITインフラストラクチャの将来に向けた 展望を発表 『ガートナー ITインフラストラクチャ & データセンター サミット 2014』 (4月23〜25日、東京・品川) において知見を提供
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、「2014年以降の日本企業のITインフラストラクチャの将来に向けた展望」を発表しました。
(2014/4/17)
ガートナー、 モノのインターネット (IoT) がデータセンターを変革するとの見解を発表 2020年までにIoTのデバイス数は260億ユニットを超え、データセンターの あらゆる側面で新たな課題が発生 『ガートナー ITインフラストラクチャ & データセンター サミット 2014』において データセンターのトレンドについて解説
米国コネチカット州スタンフォード発 − 2014年3月18日 − ガートナーは本日、モノのインターネット (Internet of Things: IoT) がデータセンター市場とその利用者、テクノロジ・プロバイダー各社、各種テクノロジ、セールス/マーケティング・モデルのすべてを変革する潜在性を有しているとの見解を発表しました。ガートナーの試算では、2020年までにIoTを構成するデバイスの数は260億ユニットに上るとともに、IoT向けの製品やサービスを提供するサプライヤーの収益は右肩上がりで3,000億米ドルを超える見込みです (大部分はサービスによる売り上げ)。
(2014/4/8)
ガートナー、エグゼクティブ プログラムにおける2,300人以上のCIOへの 調査結果を発表 ―― 多くのCIOがエンタプライズITの「第三の時代」である 「デジタル化」への準備が整っていないと回答 2014年、CIOは「効率性」および「デジタル化」という2つの目標に対処しなければ ならない状況が浮き彫りに
米国コネチカット州スタンフォード発 − 2014年1月14日 − ガートナー エグゼクティブ プログラムにおける世界のCIOを対象とした調査の結果、現在エンタプライズITの「第三の時代」であるデジタライゼーション (以下「デジタル化」) が始まっているものの、大多数のCIOはまだ準備が整っていないと考えていることが明らかになりました。
(2014/3/12)
ガートナー、2014年以降の 日本におけるエンタプライズ・アプリケーションに関する展望を発表 〜「スピード」と「割り切り」がIT部門の緊急課題に〜 『ガートナー エンタプライズ・アプリケーション & アーキテクチャ サミット 2014』 (3月10〜11日、東京・品川) において知見を提供
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、2014年以降の日本におけるエンタプライズ・アプリケーションに関する展望を発表しました。
(2014/2/20)
ガートナー速報 2013年もSamsung Electronicsが世界最大の半導体消費を堅持 SamsungとAppleの2社で半導体総需要の17%を占めたと発表
東京発 − 2014年1月23日 −Samsung Electronics (Samsung) とAppleの両社は2013年において、半導体ベンダーにとって最大の顧客 (注:設計レベルでの需要:デザインTAM [Total Available Market] において) としての地位を堅持し、両社の半導体需要の合計が世界全体の17%にまで増加しました。
(2014/1/23)

プライベート・クラウドは成熟し、ハイブリッド・クラウドが注目を集める
ガートナーが調査を行った大企業の半数弱が既にプライベート・クラウド・サービスを展開しており、2014年末までに展開する計画のない企業は11%にすぎない。ハイブリッド・クラウド・コンピューティングの展開については、事例はわずかであるが、大企業の半数弱は2015年までにハイブリッド・クラウドを展開すると予想される。
(2014/10/14)
2014年、CEOの決意:デジタル・ビジネスに取り組むのは今
デジタル・ビジネスを確実に成長させるために、CEOは、CIOの職務範囲を超えるテクノロジ関連の事業方針を決定する必要がある。イノベーションと投資は、競争優位につながる戦略的変化にとって欠かせない。
(2014/9/30)
ITインフラ部門は、未来へ向けてトレンドをリードせよ
日本におけるCRM、クラウド型電子メール、ビッグ・データといった領域では、新たなテクノロジが話題先行から実装の時期を迎えており、新たな課題を抱えつつある。
(2014/9/16)
gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright