ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー


「My Gartner Japan」のIDをお持ちのお客様は、上記ボタンよりログインいただけます。





ガートナー、2018年までに大企業の40%が大規模なサイバー攻撃に対する 正式なサイバーセキュリティ計画を策定すると発表 - 最近の大規模攻撃の発生を背景に、攻撃を「ブロックして検出」するアプローチから 「検出して対応」するアプローチへシフトすべき
米国コネチカット州スタンフォード発 − 2015年2月24日 − ガートナーは、ビジネスを中断に追い込むような大規模なサイバー攻撃に対する正式なサイバーセキュリティ計画を策定する大企業が、2015年の0%から2018年には40%に達するとの見解を発表しました。
(2015/7/2)
ガートナー、情報セキュリティに関する調査結果を発表 - デジタル・ビジネスにおける情報セキュリティの取り組みには「人材」が重要となるものの、約半数の日本企業にはセキュリティ人材の採用計画がないという結果に
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業の情報セキュリティへの取り組みに関する調査結果を発表しました。
(2015/7/1)
ガートナー、ビッグ・データに関する調査結果を発表 - ビッグ・データを実際に活用している日本企業は6%という結果に - 取り組みが進まない主な阻害要因について、48%の企業が「ビッグ・データから 価値を得る方法が分からない」と回答
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のビッグ・データへの取り組みに関する調査結果を発表しました。
(2015/5/25)
ガートナー、アジャイルなI&Oカルチャー実現の鍵となる5つのステップを発表 - 2018年までに、自部門のカルチャーの変革に具体的に取り組むことなく DevOpsを採用しようとするI&O部門の90%が失敗に終わる
ガートナーは、バイモーダル (2つの流儀) のIT戦略を計画しているインフラストラクチャとオペレーション (I&O) のリーダーは、I&O部門のカルチャーを変革しない限り、アジャイル (俊敏) な取り組みにDevOpsがもたらすメリットを手にすることができないとの見解を発表しました。
(2015/5/13)

2015年の展望:企業はセキュリティやリスクについて何を考えるべきか
デジタル・ビジネスに向けた動きが日本国内でも始まりつつあるが、日本企業のセキュリティやリスクの分野では、サイバーセキュリティ、ネットワーク保護、アクセス管理などにおいて、いまだ課題が多い。本リサーチノートでは、日本企業のIT部門のリーダーおよびセキュリティやリスクの責任者が考慮すべきトレンドと展望を述べ、提言を行う。
(2015/7/6)
2015年の展望:日本におけるサイバーセキュリティの将来
相次ぐサイバー攻撃、内部の人間による不正やミスによる情報漏洩、さらにモバイルやクラウドをはじめとした新しいテクノロジの進展やデジタル化の波など、目まぐるしい環境の変化に対して企業は何を想定しておくべきであろうか。本リサーチノートでは、サイバーセキュリティに関する重要なトピックを取り上げ、今後を展望し、提言を行う。
(2015/6/22)
国内外における業務アプリケーションの標準化や統合を円滑に実施するためのベスト・プラクティス
日本企業において、グローバルで業務アプリケーションを標準化/統合する動きが広がっている。ただし、こうしたプロジェクトを実施するに当たり留意すべき点は、国内プロジェクトの場合とは異なる。本リサーチノートでは、役割分担/体制、アプリケーションの適用方法、クラウド(新技術)の採用という3つの観点から、業務アプリケーションの海外展開(国内外での標準化/統合)のベスト・プラクティスを紹介する。加えて、外部委託時(サービス・プロバイダーの活用時)に留意すべき点についても言及する。
(2015/6/22)
gartner.com
TOP OF PAGE