ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー


「My Gartner Japan」のIDをお持ちのお客様は、上記ボタンよりログインいただけます。




ガートナー、ITリーダーはマーケティング部門と 強力な関係を築き上げることが必要になるとの見解を発表
米国コネチカット州スタンフォード発 − 2015年1月14日 − ガートナーは、右肩上がりで推移しているマーケティング・テクノロジへの投資から最大のビジネス価値を引き出すためには、ITリーダーのいっそうの関与が不可欠であるとの見解を発表しました。
(2015/1/27)
ガートナー速報 - SamsungとAppleが世界の半導体消費を牽引するも、伸びは鈍化 - SamsungとAppleの2社で2014年の半導体総需要の17%を占めたと発表
東京発 − 2015年1月22日 − Samsung Electronics (Samsung) とAppleは2014年において、半導体ベンダーにとって最大の顧客としての地位を堅持し、両社の半導体需要の合計が世界全体の17%を占めました。
(2015/1/22)
ガートナー、世界のCIO 2,810人へのサーベイ結果を発表 - 先行事例より導き出された「CIOがデジタル・リーダーとなるための3つの逆転思考」を提言
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) のエグゼクティブ プログラムは本日、世界のCIO 2,810人へのサーベイ結果を発表しました。
(2015/1/21)

クラウド・アプリケーション開発について知っておくべきこと
クラウド・アプリケーションの開発と導入をサポートするアーキテクチャの選択は、品質と適時性に影響し、成否の分かれ目にもなり得る。ITリーダーは、手痛い失敗を回避し、クラウド・アプリケーション開発の作業を最適化するために、本リサーチノートに示すベスト・プラクティスに従うべきである。
(2015/1/20)
IT部門とマーケティング部門が連携するためのベスト・プラクティス:ガートナーのワークショップにおける所見
ガートナーは、CRM関連のイベントにおいて、マーケティングとITに関するワークショップを開催した。本リサーチノートでは、このワークショップから得られた、マーケティング部門とIT部門がパートナーシップを築くためのベスト・プラクティスについて論じる。
(2015/1/6)
ポストモダンERP戦略においてSaaSアプリケーションを活用し、ユーザーの利用拡大とプロセス改善を図る
ERPシステムを管理するアプリケーション・リーダーは、ユーザビリティの向上と新機能の迅速なデリバリを求めるユーザーからの要求への対応に苦慮している。ハイブリッドERP戦略の中でSaaSアプリケーションを活用すれば、ERPイニシアティブのビジネス目標を損なうことなく、ユーザーによる利用の拡大と効率の改善を促進できる。
(2014/12/24)
gartner.com
TOP OF PAGE