ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー


「My Gartner Japan」のIDをお持ちのお客様は、上記ボタンよりログインいただけます。



エンタプライズ・アプリケーション&アーキテクチャサミット 2015の開催レポートを公開しました。
(2015/4/14)
会社概要、および 数字で見るガートナーの実績のページを更新しました。
(2015/4/1)

ガートナー、クラウドは有望な選択肢の1つながら 多くのCIOが最優先項目として捉えていないとの見解を発表
米国コネチカット州スタンフォード発 − 2015年3月10日 − ガートナーは、多くのITプロジェクトにとってクラウドが有望な選択肢の1つとなっている現在、インフラストラクチャとオペレーション (I&O) 部門のリーダーは、これまで以上にクラウド・コンピューティングの可能性について検討すべき、との見解を発表しました。
(2015/3/24)
ガートナー ジャパン、2015年度国内IT投資動向を発表
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、「2015年度国内IT投資動向」を発表しました。
(2015/3/3)
ガートナー、ERPのモバイル対応に関する調査結果を発表
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、ERPのモバイル対応に関する調査結果を発表しました。
(2015/2/24)
ガートナー、日本におけるアプリケーション戦略について、新たな発想でデジタル・ビジネスを加速すべきとの見解を発表
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本におけるアプリケーション戦略について、新たな発想でデジタル・ビジネスを加速すべきとの見解を発表しました。
(2015/2/18)

ソフトウェア・デファインド・データセンターの価値とは
「SDx」は業界の新たな流行語となっている。本リサーチノートでは、ベンダーの「マーケテクチャ」をひと通り紹介し、ソフトウェア・デファインド・データセンターとその価値提案、および、ベンダーのハイプや製品を識別する手掛かりとして企業が利用できる主な特性を明らかにする。
(2015/4/14)
現在のサーバ・ベンダーは10年後、生き残っているか
今後5年間に、現在利用中のサーバ・ベンダーのうち少なくとも1社は実質上市場競争から脱落し、今日予想し得ない新しいベンダー関係が自社のインフラストラクチャに生じる可能性は相当に高い。本リサーチノートでは、I&Oリーダーがそのようなリスクを最小限に抑える方法について論じる。
(2015/3/17)
デジタル・ビジネスのアプリケーション向けソフトウェア・デファインド・アーキテクチャ
「ソフトウェア・デファインド・アーキテクチャ(ソフトウェアによって定義されたアーキテクチャ)」とは、IT部門がデジタル・ビジネスに向けてWebスケールのアプリケーション・サービスを提供する上で必要となる、画期的で戦略的なアーキテクチャである。
(2015/2/17)
gartner.com
TOP OF PAGE