ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー


「My Gartner Japan」のIDをお持ちのお客様は、上記ボタンよりログインいただけます。



ガートナー、クラウド・コンピューティングに関する調査結果を発表 - 2016年の日本におけるクラウドの採用率は16.1%、前年比0.3%増にとどまる - IoTや機械学習などの新サービスの登場により、採用率が加速する可能性に言及
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のクラウド・コンピューティングへの取り組みに関する調査結果を発表しました。
(2016/4/21)
ガートナー、2018年までに大手企業の半数以上が市場での競争において高度なアナリティクスと自社独自のアルゴリズムを活用するとの見解を発表 - 『ガートナー ビジネス・インテリジェンス、アナリティクス&情報活用 サミット 2016』 (5月24〜25日、東京コンファレンスセンター・品川) において知見を提供
豪州シドニー発 − 2016年1月28日 − ガートナーは、高度なアナリティクスがビジネス・インテリジェンス (BI) およびアナリティクス市場において引き続き最も急成長しているセグメントであり、2016年には成長率14%、15億ドル規模に達するとの見解を発表しました。
(2016/4/20)
ガートナー、日本における「人工知能」に関する意識調査の結果を発表 - 54.6%が10年以内に人工知能による仕事への影響がある、 41.3%が人工知能的なものに関するスキルを獲得したいと回答
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本における「人工知能」に関する調査結果を発表しました。
(2016/4/12)

2015年以降の戦略的展望トップ10:デジタル・ビジネスが推進する『巨大な変化』
デジタル化とデジタル・ビジネスを起爆剤として生じる変化は、人間とマシンの関係に影響し、カスタマー・エクスペリエンスの改善に寄与する。ITリーダーは、ガートナーの展望をプランニングの際の仮説事項として利用し、それに基づいて自社の戦略計画を策定する必要がある
(2015/9/14)
デジタル・ビジネスは現実のものになっている
デジタル・ビジネスは、現実のものになっている。ガートナーが実施したデジタル・ビジネスに関する基礎調査によると、企業は今すぐデジタル・ビジネスへの転身に向けて行動を開始する必要がある。CIOから見ると、これはリーダーシップ、資金調達、テクノロジ、人材に影響を及ぼすものであり、本リサーチノートではこれらの点を解説する
(2015/9/7)
デジタル化に備えたコアを提供するためのERPリノベーション
ERPソリューションは、新たなビジネス施策に対応するために、目的に合ったものでなければならない。しかし、IT部門は、重要な改善のためにビジネス部門の関与や資金提供を確保することにしばしば苦戦している。ERP担当のリーダーは、本リサーチノートに示すベスト・プラクティスに従いERPソリューションを「改修」することで、企業のデジタル化を支えるべきである。
(2015/8/17)
gartner.com
TOP OF PAGE