ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー


「My Gartner Japan」のIDをお持ちのお客様は、上記ボタンよりログインいただけます。



カスタマー 360 サミット 2015 登録受付開始
プログラム、参加登録ページ、セッション登録ページを公開しました。 最新パンフレットはこちらから(サミットサイトからもダウンロードできます)
(2014/11/20)
ウェブキャスト: Gartner Symposium/ITxpo 2014 Orlando オープニング・キーノート(音声英語、無料登録制)
Gartner Symposium/ITxpoは、CIOをはじめとするITリーダーから絶大な信頼と評価を得ている世界最大級のITイベントです。本ページでは、10月にOrlandoで開催いたしましたGartner Symposium/ITxpoのオープニング・キーノート(ウェブキャスト、音声英語、無料登録制)に関する記事をご紹介いたします。是非、ご覧ください。
(2014/11/12)

ガートナー、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2014年」を発表 - 10月28〜30日 東京・台場で開催中の『Gartner Symposium/ITxpo 2014』において幅広い視点から知見を提供
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦)は本日、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2014年」を発表し、2014年以降の日本の情報通信技術(ICT)市場に影響を及ぼすと考えられる主要な40のテクノロジと関連キーワードを選定し、日本国内におけるトレンドを示しました。
(2014/10/29)
ガートナー、2015年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10を発表 - 『Gartner Symposium/ITxpo』(10月28〜30日、東京・台場) においてトップの業界トレンドを明らかに
米国フロリダ州オーランド発 − 2014年10月8日 − ガートナーは、2015年に企業・組織にとって戦略的な重要性を持つと考えられるテクノロジ・トレンドのトップ10を発表しました。これは、世界各地で開催している『Gartner Symposium/ITxpo』において明らかにされています。
(2014/10/28)
ガートナー、デジタル・ビジネス経済により、すべてのビジネス部門が テクノロジ・スタートアップになるとの見解を発表 - 『Gartner Symposium/ITxpo』(東京・台場、10月28〜30日)でアナリストが提言、 CIOは、自社内のデジタル・スタートアップを推し進めよ
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦)は本日、2015年の世界のIT支出は2014年から3.9%増の3兆9,000億ドルを超え、この支出の大部分がデジタル産業経済に向けたトレンドによるものになるとの見解を発表しました。
(2014/10/28)
ガートナー、2015年以降にIT部門およびユーザーに影響を与える重要な展望 「Gartner Predicts 2015」を発表 『Gartner Symposium/ITxpo 2014』(2014年10月5〜9日、米国フロリダ州オーランド) において業界の最新の方向性を明らかに
米国フロリダ州オーランド発 − 2014年10月7日 − ガートナーは本日、2015年以降にIT部門およびユーザーに影響を与える重要な展望「Gartner Predicts 2015」を発表しました。2015年の展望は、人とマシンの長年にわたる関係がデジタル・ビジネスの登場によってどうシフトしたかを検証するところから始まっています。
(2014/10/21)

プライベート・クラウドは成熟し、ハイブリッド・クラウドが注目を集める
ガートナーが調査を行った大企業の半数弱が既にプライベート・クラウド・サービスを展開しており、2014年末までに展開する計画のない企業は11%にすぎない。ハイブリッド・クラウド・コンピューティングの展開については、事例はわずかであるが、大企業の半数弱は2015年までにハイブリッド・クラウドを展開すると予想される。
(2014/10/14)
2014年、CEOの決意:デジタル・ビジネスに取り組むのは今
デジタル・ビジネスを確実に成長させるために、CEOは、CIOの職務範囲を超えるテクノロジ関連の事業方針を決定する必要がある。イノベーションと投資は、競争優位につながる戦略的変化にとって欠かせない。
(2014/9/30)
ITインフラ部門は、未来へ向けてトレンドをリードせよ
日本におけるCRM、クラウド型電子メール、ビッグ・データといった領域では、新たなテクノロジが話題先行から実装の時期を迎えており、新たな課題を抱えつつある。
(2014/9/16)
gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright