ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー


「My Gartner Japan」のIDをお持ちのお客様は、上記ボタンよりログインいただけます。



ガートナー、サイバーセキュリティの専門家を有する企業はわずか65% とのサーベイ結果を発表 - 『ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018』 (7月24〜26日、八芳園) において、サイバーセキュリティに対する見解を発表(PDF形式)
豪州シドニー発 − 2018年7月17日 − CIOの95%が今後3年間にサイバー攻撃による脅威が増加すると考えているにもかかわらず、現在社内にサイバーセキュリティの専門家がいると回答したCIOは65%にすぎない ―― ガートナーは本日、サーベイの結果を発表しました。
(2018/7/18)
ガートナー、2018年のセキュリティ・プロジェクトのトップ10を発表 - CISOは、リスクを軽減させるとともにビジネスに大きなインパクトをもたらす 10のセキュリティ・プロジェクトに注力することが必要(PDF形式)
米国メリーランド州ナショナル・ハーバー発−2018年6月6日−ガートナーは現地で開催した『ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018』において、2018年のセキュリティ・プロジェクトのトップ10を発表しました。
(2018/7/10)
ガートナー、データ活用に関する調査結果を発表 データ活用の必要性に対する企業の認識は高まっているものの、 実際に推進組織や担当者を配置している企業は30%のみ(PDF形式)
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、国内のデータ活用に関する調査結果を発表しました。
(2018/6/12)
ガートナー、2019年までに、ビジネス・ユーザーがセルフサービス・ツールを用いて生成する情報分析の量は、専任のデータ・サイエンティストが生成するものを 凌駕するとの見解を発表
米国コネチカット州スタンフォード発 − 2018年1月25日 − 企業はセルフサービス・アナリティクスとビジネス・インテリジェンス (BI) を導入し、社内のあらゆるレベルのユーザーがこれらの機能を利用できる環境づくりを進めています。この傾向が極めて顕著であることから、ガートナーは、2019年までにセルフサービス・ツールを利用したビジネス・ユーザーによるアナリティクスの量は、専任のデータ・サイエンティストによる量を凌駕するとの見解を発表しました。
(2018/5/31)
ガートナー、CDOはビジネス価値を創出し、デジタル・トランスフォーメーションを 実現させる役割であるとの見解を発表
米国コネチカット州スタンフォード発 − 2017年12月6日 − 企業における最高データ責任者 (CDO) の重要性が増す中、先頃ガートナーが実施したサーベイにおいて、データとアナリティクスのリーダーであるCDOはデジタル・トランスフォーメーションの要となっていることが明らかになりました。
(2018/5/28)
ガートナー、全社員のIT活用力強化に向けた3つの施策を発表
ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、デジタル・トランスフォーメーションを実現するために必要となる全社員のIT活用力強化に向けた3つの施策を発表しました。
(2018/5/22)










gartner.com
TOP OF PAGE