ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
PUBLIC RELATION
ホーム2010年 プレス・リリース − ガートナー、世界のCIO 1,600人の調査結果を発表

2010年3月9日
ガートナー ジャパン株式会社
広報室

ガートナー、世界のCIO 1,600人の調査結果を発表
CIOが注目するテクノロジ・キーワードは「軽量化」
〜経済環境の影響を受け、CIOはテクノロジへの考え方を急変〜

 ガートナーのEXPでは毎年、3,700人に上るCIOメンバーを中心に、CIOが抱える次年度の課題を調査しています。2009年10〜12月に行われた調査では、2010年のCIOの課題について全世界で1,600人以上のCIOから回答を得ました。これらのCIOは世界41カ国のあらゆる業種の企業、政府、公共機関に所属し、そのIT予算の合計は12兆円以上に達します。

 日本では、EXPメンバーを含む、あらゆる産業の企業に所属する50人のCIOから回答を得ました。回答企業のIT予算合計は1兆1,000億円超に上り、1社当たりのIT予算は225億円程度になります。

 本調査の結果、日本のCIOとグローバルのCIOでは、次のような特徴が見られました。

  • 世界のCIOは、2010年の景気動向について、「2009年同様に景気後退傾向が継続する」と回答した割合が41%で、現状推移もしくは回復傾向にあると回答した比率よりも低い。一方で、日本のCIOは、景気後退傾向が継続すると回答した割合が60%に達し、景気回復について弱気に予測しているとみられる。

  • 前年対比でIT予算が増加すると回答した割合は、日本のCIOでは3割弱、世界では4割であった。一方で、IT予算が減少すると回答した日本のCIOは3割程度に達するが、世界では2割程度であり、日本では景気動向がIT予算により強く影響していることがうかがえる。また、世界全体で、IT予算は前年対比プラス1.3%と伸びているものの、前年の2009年が (2008年に比べて) 8.1%程度の減少であったことから、予算面では2005〜2006年ころの水準であるとみられる。

  • CIOが回答したビジネス面の優先度ランキング (※1) では、日本の第1位は「企業コストを削減する」となった。一方、世界の第1位は2005年から6年連続で「ビジネス・プロセスを改善する」であった。本項目は、日本では2年連続で第4位である。これには景気回復についての見方の相違が大きく影響しているとみられる。

  • テクノロジ面の優先度ランキング (※2) では、前年までとは大きく傾向が異なった。「クラウド・コンンピューティング」「仮想化」などがベスト3に入り、2006年以降第1位の座を独占していた「ビジネス・インテリジェンス」がベスト3圏外となった。この傾向は、世界・日本に共通である。

 これらの特徴について、ガートナーでは次のように分析しています。日本の企業は、世界各国の企業に比べて景気面で出遅れ感を強く持っており、これが企業のIT予算にも強く影響していると考えられます。2009年は、全世界で景気悪化傾向を示していたために、IT予算についても「可能な限り低コストで一定の結果を出す」という効率最優先の状況でした。日本では、2010年もその方向性は大きく変わらないとみています。しかし、世界のCIOが回答した内容を分析すると、先進企業では、既に効率化から脱却し、新規IT投資による生産性の向上へと方向性を大きく修正していることが分かりました。生産性とは、「一定のリソースからより大きなアウトプットを取り出そう」とするマネジメントの方向性を指します。世界では、ビジネス面での優先度の第1位に「ビジネス・プロセスの改善」が挙がっていますが、世界の先進企業を調査した結果、これは「生産性向上への注力」に起因していることが分かっています。一方で日本の第1位は「コスト削減」であり、「効率性優先」の姿勢が顕著であることが分かります。

 2010年におけるテクノロジ面の優先順位は大きく変化しました。仮想化、クラウド・コンピューティング、Web2.0といったテクノロジへの期待感が高まっていることが分かります。これらのテクノロジは、初期投資が少なく、変動費的構造を持つことが期待されています。しかも、必要となる自社内のサポート・リソースも少ないと考えられているため、CIOから見た場合に「軽量化テクノロジ」として評価されます。全世界のCIOは、「軽量型を実現するテクノロジが、企業にとってより大きなケーパビリティの源泉になる」ことを期待しているとみられます。

 ガートナーは、日本のCIOに向けて、「効率性向上」から「生産性向上」のマネジメントに素早く転換し、景気回復局面で出遅れないようにするよう提言しています。また、新たなテクノロジについては、既に枯れたテクノロジとはまったく違う観点で評価する必要があることを理解するよう呼びかけています。

2010年におけるビジネス面の優先度
2010年におけるビジネス面の優先度
「−」:ベスト10圏外のランキング項目
出典:ガートナー

2010年におけるテクノロジ面の優先度
2010年におけるテクノロジ面の優先度
「*」当該年にはなかった項目      「−」:ベスト10圏外のランキング項目
出典:ガートナー

「※1」「※2」:グローバルのそれぞれの上位10項目については、下記参考資料をご覧下さい。

<ガートナーEXPの概要>
ガートナー・エグゼクティブ・プログラム (EXP) は、全世界で約3,700人のメンバーを持つ、世界最大級のCIO向け会員組織です。日本国内においても、本プログラムに対するCIO/IT部門長の方々のニーズが高まっていることから急速に事業を拡大しつつあり、メンバー数も急増しております。
ガートナーEXPは、CIO/IT部門長の生産性と専門能力を強化するための支援プログラムです。EXPメンバーは、専任のプログラム・ディレクターから、ガートナーが保有するIT戦略/IT経営にかかわる最先端専門知識を入手し、メンバー個別の状況に応じた適切かつ的確な具体的課題解決のアドバイスを受けることができます。また、同様の課題を持つ国内のメンバーや全世界のメンバーとの情報交換を通じて課題解決の一助としていただいています。

参考資料

1) グローバルの優先度トップ10(2010年)

グローバルのビジネス面の優先度 2010 2009
ビジネス・プロセスを改善する 1 1
企業コストを削減する 2 2
情報/分析機能の利用を拡大する 3 5
ワークフォース(要員)の業務効率を改善する 4 3
新規顧客の獲得し、維持する 5 4
変革イニシアティブを成功させる 6 8
新商品や新サービスを開発する(イノベーション) 7 6
顧客および市場に対してより効果的なターゲティングを行う 8 7
ビジネス・オペレーションを統合する 9 11
既存顧客との関係を強化する 10 9
   
グローバルのテクノロジ面の優先度 2010 2009
仮想化 1 3
クラウド・コンピューティング 2 16
Web2.0 3 15
ネットワーキング/音声/データ通信 4 6
ビジネス・インテリジェンス(BI) 5 1
モバイル・テクノロジ 6 12
データ/ドキュメント管理およびストレージ 7 10
サービス指向のアプリケーションおよびアーキテクチャ 8 9
セキュリティ技術 9 8
ITマネジメント 10
「*」当該年にはなかった項目

2) 『グローバルの優先度』に関連するプレスリリース(英文)
http://www.gartner.com/it/page.jsp?id=1283413

本ニュースリリースは、新聞、雑誌、テレビ等マスメディアの方々に向けて提供させて頂いているものです。掲載内容に関しましては、弊社のサービスをご契約頂いているお客様に限りお問い合わせを受け付けております。ご契約を頂いていないお客様のお問い合わせについては、お答えできかねますので予めご了承下さい。なお、弊社サービスにご興味のある方は、弊社営業部までご連絡下さい。


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright