ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
PUBLIC RELATION
ホーム2012年 プレス・リリース − ガートナー、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2012年」を発表

2012年10月3日
ガートナー ジャパン株式会社
広報室

ガートナー、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2012年」を発表
10月3〜5日 東京・台場で開催される『Gartner Symposium/ITxpo 2012』において幅広い視点から知見を提供

ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2012年」を発表し、2012年以降に企業のIT戦略に大きな影響を及ぼす31個のテクノロジと関連キーワードを選定し、日本国内におけるトレンドを示しました (図1参照)。

ガートナーのハイプ・サイクルは1,900を超えるテクノロジを92の分野にグループ化し、その成熟度、企業にもたらすメリット、今後の方向性に関する分析情報を、企業の戦略/プランニング担当者に提供するものです。1995年以来、ガートナーは新しいテクノロジおよび革新的テクノロジに伴う大きな期待、幻滅、最終的な安定という共通のパターンを明示する手段として、ハイプ・サイクルを活用しています。ハイプ・サイクルは年に1回更新され、このサイクルに沿ってテクノロジを追跡するとともに、企業・組織がいつどこにこれらのテクノロジを導入すれば最大の効果と価値を手にできるのかについて、指針となる情報を提供します。

2007年より作成している「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル」は、ユーザー企業のCIO、IT部門のリーダー、テクノロジ・ベンダーのマーケティング、製品開発、戦略企画担当者に向けて、先進テクノロジのポートフォリオを策定する際に考慮すべきトレンドを業種横断的な視点で示しています。

ガートナー ジャパンのリサーチ部門統括バイスプレジデントの山野井 聡は次のように述べています。「『日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2012年』では、2012年以降に日本国内において、特に高い関心を集めているテクノロジや、潜在的に非常に大きな影響力を持っているとガートナーが判断したテクノロジに焦点が当てられています。31個のテクノロジの中でも、特に注目すべきは、クラウド、モバイル、インフォメーション、ソーシャルの4つの『力』に関連するキーワードのポジションです。ガートナーでは、この4つの力が持つパワーが緊密に『結節』することで、企業のビジネスにイノベーションを促す起爆剤になり得ると考えています。これらの4つの力に関連するテクノロジは、いずれも今後2〜5年の間に、ハイプ・サイクル上の最後のフェーズである「生産性の安定期」に到達すると予測しています。これらのテクノロジは、消費者や従業員一人ひとりの情報発信にエンパワーメントをもたらし、個人や企業、コミュニティとつながることによって、そのパワーを増幅させることができます。そこから得られる膨大かつマルチコンテキストな情報を、どう迅速かつ効率的に読み解くかが、新しいビジネス・チャンスを広げる鍵となるでしょう」

図1 日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2012年
図1
出典:ガートナー (2012年9月)

下記に、4つの力に関連する重要テクノロジのハイプ・サイクル上のポジションについて説明します。

クラウド・コンピューティング
日本のクラウド・コンピューティングは幻滅期に移行しました。多くのプロバイダーが参入し、何でもクラウドと呼ばれる状況になっています。一方、多くのユーザーは、いまだ「基本の確認の継続」を行っています。幻滅期においてユーザーは「冷静な判断」を行い、ここでは本物と偽物が区別されることになります。中長期的には本物が生き残り、安定成長を見せるでしょう。結果、クラウド・コンピューティングは、その真価を最大化し、企業ITとビジネスを工業化します。業務システムのクラウド化を行いたい企業は、まずは既存システムの棚卸しと仕分けを確実に行うべきです。

モバイル・コンピューティング
日本のモバイル・コンピューティングはまさに「過度な期待」のピーク期にあります。特に、スマートフォンやメディア・タブレットなどの業務利用への関心は急速に高まっています。これらは適切に導入することで、多くのビジネス効果をもたらす可能性がありますが、モバイル機器やサービスはコンシューマー・ベースであり、変化も激しく、安定性、管理、セキュリティの課題をもたらす場合もあります。企業は、モバイル・コンピューティングについて、事前に有効性を十分検証し、さらに次世代の利用者環境の在り方についても検討すべきです。

ビッグ・データ
ベンダー側のビッグ・データに対する取り組み熱は、最高潮に達しており、ビッグ・データの分析を支援するための組織やサービスが相次いで発表されてきています。一方で、その恩恵にあずかっている企業はまだ少なく、手法も確立されていません。加えて、ユーザー企業の多くが自社の戦略とビッグ・データの関連性を見いだすに至っていないことから、日本におけるビッグ・データは「過度な期待」のピーク期に入る直前にあると評価しています。ユーザー企業のIT部門は、情報の膨大さ、多様さ、発生するスピードに依存する処理の困難さがビジネス推進の阻害要因となっている領域の特定に今すぐ着手すべきです。

エンタプライズ・ソーシャル・ソフトウェア
2010年以降、一般向けのブログ/ソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) などの活況ぶりもさることながら、日本の企業の間でもソーシャル・ソフトウェアに対する関心が高まっています。ただ、ビジネスへの転用に対する期待は大きいものの、その有効性を示す実例は限られたものでした。しかし、最近では、テクノロジへの理解が徐々に進み、個々のニーズに合わせた活用を模索する動きが出てきていることからも、「過度な期待」のピーク期を脱し、幻滅期に移行したと評価しました。エンタプライズ・ソーシャル・ソフトウェアの導入をビジネス成果に結び付けたい企業は、このテクノロジの鍵となる特性が、従業員、顧客、ビジネス・パートナーのオープンな参加であることを理解した上で、経営トップの率先的な参加や、業務評価との連携など、定着のためのインセンティブの実現を併せて計画すべきです。

その他の詳細については、ガートナー・レポート「日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2012年」に記載されています。このレポートは、以下のWebサイトのサービス契約顧客に提供されています。http://www.gartner.co.jp/research/jcor/

また、本日より10月5日まで、東京・台場で開催されている『Gartner Symposium/ITxpo 2012』において、ガートナーの国内外のアナリスト、コンサルタントが参集し、本内容をはじめ、企業のITリーダーに向けた多くの知見を提供いたします。

『Gartner Symposium/ITxpo』について
『Gartner Symposium/ITxpo』はCIOおよびIT上級役員が一堂に会する、世界で最も重要なシンポジウムです。このイベントでガートナーは、グローバルなITリサーチ/アドバイザリ企業として、中立・公正な立場から客観的かつ信頼性の高い知見を提示するとともに、主要なテクノロジ・ベンダー各社の最新ソリューションに触れることができる場を提供いたします。『Gartner Symposium/ITxpo』は、参加各社が年間計画を策定する上で重要な役割を果たしています。各社のIT担当役員は、ビジネス上の課題に対応し業務効率を高めるためにITをどのように活用すべきか、『Gartner Symposium/ITxpo』が提供する知見に高い信頼を寄せています。

『Gartner Symposium/ITxpo 2012』に関する詳細は、以下でご覧いただけます。
10月3〜5日 東京 (日本) : www.gartner.co.jp/symposium

本ニュースリリースは、新聞、雑誌、テレビ等マスメディアの方々に向けて提供させて頂いているものです。掲載内容に関しましては、弊社のサービスをご契約頂いているお客様に限りお問い合わせを受け付けております。ご契約を頂いていないお客様のお問い合わせについては、お答えできかねますので予めご了承下さい。なお、弊社サービスにご興味のある方は、弊社営業部までご連絡下さい。


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright