ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
PUBLIC RELATION
ホーム2013年 プレス・リリース −ガートナー、世界のCIO 2,053人への調査結果を発表

2013年3月7日
ガートナー ジャパン株式会社
広報室

ガートナー、世界のCIO 2,053人への調査結果を発表
CIOは「現行のITではもはや将来の期待に応えられない
『静かなるIT危機』が迫っている」と提言

ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) のエグゼクティブ・プログラム (以下、EXP) では、毎年4,000人を超えるCIOメンバーを主な対象として、CIOが抱える次年度の課題を調査しています。この調査は1999年から毎年実施していますが、今回の2012年9〜12月に行われた調査では、2013年におけるCIOの課題について全世界で2,053社から回答を得ました。これらのCIOは世界41カ国の政府、公共機関を含む36業種に所属し、そのIT予算の合計は21兆円以上に達します。

日本では、EXPメンバーを含む、さまざまな産業の企業に所属する78人のCIOから回答を得ました。回答企業のIT予算の合計は約1.3兆円になります。 本調査の結果、世界のCIOと日本のCIOには、次のような特徴が見られました。

  • IT予算の前年度比較では、2011年の調査において世界で0.5%、日本で0.3%の増加であったのに対し、2012年は世界でマイナス0.5%、日本でマイナス0.8%と、2010年以来の減少になっています。

  • 世界のCIOが重視するビジネス戦略は、1位が「企業成長を加速する」、2位が「オペレーションで成果を挙げる」、3位が「企業コストを削減する」でした。一方で、日本のCIOは、1位が「新商品や新サービスを開発する」、2位が「企業コストを削減する」、3位が「新規顧客を獲得し、維持する」でした。なお、「企業成長を加速する」は4位、「オペレーションで成果を挙げる」は9位と、世界のCIOの回答傾向とは乖離が見られました。

  • 「企業コストの削減」は世界と日本で共通かつ継続的に重視されている戦略ですが、全体としては、コスト削減よりも成長戦略重視の傾向が見られます。ただし、世界のCIOは企業全体レベルの戦略に目が行きやすく、日本のCIOは「商品」「サービス」「顧客」等のより具体的な実現方法へ意欲が向かう姿勢があることが、回答傾向の差から垣間見えます。

  • 世界のCIOが重視するIT戦略は、1位が「ビジネス・ソリューションを提供する」、2位が「ITマネジメントとITガバナンスを改善する」、3位が「IT組織とワークフォース (要員) を改善する」でした。一方、日本のCIOでは、1位が「ITマネジメントとITガバナンスを改善する」、2位が「ビジネス部門とIT部門のリレーションシップを改善する」、3位が「IT組織とITワークフォース (要員) を改善する」となっています。なお、「ビジネス・ソリューションを提供する」は、日本では10位以下のランキング圏外となり、世界と日本の差が見られます。

  • 世界と日本のCIO共に、「ITコストを削減する」は優先度のランクを下げています。これは、前述のとおり、成長重視のビジネス戦略に呼応したIT戦略が相対的に重視された結果と思われます。また、世界と日本のCIO共に、IT人材の調達とITマネジメント指針の確立に腐心する姿勢が鮮明です。これは、後述する「先進テクノロジ」の活用を前提とする新しい人材像・組織像がIT部門に求められているためと推察されます。ただし、世界のCIOは、「ビジネス (の成長に直結する) ソリューションの提供」の必要性を極めて強く認識しているようです。経営層や利用部門に対して、より明示的かつ直接的な貢献を示さなければならない危機感・切迫感をCIOは感じていると思われます。

  • CIOが優先するテクノロジでは、世界、日本ともに「アナリティクスとビジネス・インテリジェンス (BI)」「モバイル・テクノロジ」「クラウド・コンピューティング (SaaS/PaaS/IaaS)」が1〜3位にランクされました。これらのテクノロジは、企業や消費者の活動のデジタル化が進む今の時代を象徴するものです。万国共通でCIOは、こうした先進テクノロジの活用を重視しています。

これらの調査の結果を受けて、ガートナーでは、企業のCIOに向けて次のように提言しています。

ガートナーはかねて、企業活動における情報やプロセスがデジタル化していく劇的な変化を捉えるには、CIOやIT部門もその役割を大きく見直すべきであると警鐘を鳴らしてきました。昨今のクラウド、アナリティクス、モビリティ、ソーシャルなどの先進テクノロジの到来は、企業に対して革新的なビジネスモデルを生み出す潜在機会を飛躍的に広げています。それらは、従来のような人やプロセスの「代替」として自動化・効率化を目的としたITではありません。いわば、まったく新しい「デジタル・ビジネス」を生むITです。実際、デジタル・ビジネスの萌芽は、マーケティングや営業などのフロントオフィスにおいて既に見ることができます。こうした機会に対し、企業のCIOとIT部門は、もっと主導的な立場で臨むべきです。そのためにはまず、新たなIT戦略、IT投資、IT人材像を策定し、現行のリソースとのギャップを認識し、その改善に取り組む必要があります。残念ながら、今回の調査でCIOは、「企業はITの潜在力を平均43%しか引き出せていない」と回答しています。この数字はあまりにも低いといわざるを得ません。

こうした経営環境の変化を受けて、ガートナーでは、これからのCIOは次の3つの役割を担う必要があると確信しています。

Tending:既存のITシステムやITオペレーションの徹底した改善・効率化

Hunting:さまざまな「デジタル・ビジネス」機会の渉猟・発見

Harvesting:直接的な貢献を示せるIT投資収益率 (ROIT) の収穫・刈り取り

CIOはこれまで、自らとIT部門の役割として主にTendingに重点を置いてきましたが、ビジネスのデジタル化が喫緊の課題となる中で、今後はHuntingやHarvestingへ役割をシフトさせていく必要があります。

一方、今回の調査で大多数のCIOが「今後3年間でIT部門の社内での役割は変わらない」とも回答しています。IT部門に対する期待が大きく変化する中でCIOがこのように考えていることは、不安を生むでしょう。現在のIT組織、ITガバナンス、IT評価基準等に関するルールは、20年以上前に作られたものです。それらは、コスト削減や効率化を目的としたビジネス・オペレーションの自動化や統合に適用されてきたものです。前述のとおり、「デジタル・ビジネス」を実現するには、新しいルールが必要であるとガートナーは提起しています。ここで変わらなければ、CIOとIT部門は既存のシステムやサービスを「Tending (手入れ)」するだけの役割にとどまることになってしまうでしょう。

言い換えれば、現行のITプラクティスやIT戦略はもはや将来の期待に応えられないということです。「静かなるIT危機」が進行しているといっても過言ではない状況、それが2013年です。


 

 

<ガートナー エグゼクティブ プログラム (EXP) の概要>
ガートナー エグゼクティブ プログラム (EXP) は、全世界で約4,000人のメンバーを持つ、世界最大級のCIO向け会員組織です。日本国内においても、本プログラムに対するCIO/IT部門長の方々のニーズが高まっていることから急速に事業を拡大しつつあり、メンバー数も急増しております。 ガートナーEXPは、CIO/IT部門長の生産性と専門能力を強化するための支援プログラムです。EXPメンバーは、専任のプログラム・ディレクターから、ガートナーが有するIT戦略/IT経営にかかわる最先端専門知識を入手し、メンバー個別の状況に応じた適切かつ的確な具体的課題解決のためのアドバイスを受けることができます。また、同様の課題を持つ国内のメンバーや全世界のメンバーとの情報交換を通じて、課題解決の一助としていただいています。

<参考資料>


 

 



本ニュースリリースは、新聞、雑誌、テレビ等マスメディアの方々に向けて提供させて頂いているものです。掲載内容に関しましては、弊社のサービスをご契約頂いているお客様に限りお問い合わせを受け付けております。ご契約を頂いていないお客様のお問い合わせについては、お答えできかねますので予めご了承下さい。なお、弊社サービスにご興味のある方は、弊社営業部までご連絡下さい。


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright