ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
PUBLIC RELATION
ホーム2014年 プレス・リリース −「ガートナー速報 2013年もSamsung Electronicsが世界最大の半導体消費を堅持

2014年1月23日
ガートナー ジャパン株式会社
広報室

ガートナー速報
2013年もSamsung Electronicsが世界最大の半導体消費を堅持
SamsungとAppleの2社で半導体総需要の17%を占めたと発表

東京発 − 2014年1月23日 −Samsung Electronics (Samsung) とAppleの両社は2013年において、半導体ベンダーにとって最大の顧客 (注:設計レベルでの需要:デザインTAM [Total Available Market] において) としての地位を堅持し、両社の半導体需要の合計が世界全体の17%にまで増加しました。SamsungとAppleの2社は2012年に比べ、合わせて77億ドルの需要増となり、合計537億ドルもの半導体を消費しました。ガートナーの主席アナリスト、山地 正恒は次のように述べています。

「SamsungとAppleはこの3年間、半導体需要の牽引役を担い続けています。世界全体の半導体需要における両社のシェアの合計は、2011年においては12%でしたが、2013年においては17%にまで増加しました」「過去3年間における両社のプレゼンスがどれほど急速に拡大してきたかは、この両社の半導体需要のこうした伸びを見れば明らかであり、なぜこの両社の決定が半導体業界全体の技術トレンドや価格トレンドに大きな影響を及ぼすのかも明白です」

2012年の上位10社の半導体需要は、合わせて1,051億ドルでしたが、2013年には1,140億ドルまで増加しました。2013年は、上位10社は世界の半導体売上合計である3,154億ドルのうち36%を占めましたが、こちらも2012年の35%から拡大しています。

2012年における上位10社のうち、8社が2013年の上位10社に残り、また2013年の上位10社のうち8社が半導体需要を拡大しました。LenovoはPC市場におけるシェア拡大と、中国のスマートフォン市場における成功によって4位になりました。また、Huaweiは2013年において初めて半導体需要上位10社にランクインしました。中国の電子機器メーカーは、中国国内における需要だけでなく、中南米やアフリカなどの新興国市場における旺盛な需要に支えられて今後も成長を続け、半導体需要を拡大していくとガートナーは予測しています。

また「2013年には、スマートフォンやメディア・タブレット端末向けの半導体市場規模は、ついにPC向けの半導体市場規模を超えました。しかし、こうした消費者ニーズの変化は、半導体の潜在需要をこの2年間停滞させる結果となりました。なぜなら、スマートフォンやメディア・タブレット端末1台が消費する半導体の金額と、パソコン1台のそれとは大きな開きがあるからです。加えて、スマートフォン市場やメディア・タブレット端末市場においても、ローエンド・モデルの成長率の方が、ハイエンド・モデルに比べはるかに高くなっています。半導体ベンダーは、自社の知的財産やパテント群を活用し、こうしたモバイル機器のコモディティ化を促進することによって、ビジネス拡大のチャンスを獲得できるでしょう」と山地は述べています。

「コモディティ化が進む市場における厳しい価格競争を避けるために、革新的な電子機器メーカーは、ウェアラブル・デバイスやスマート・テレビ、自動車のインフォテイメント機器といった新たな市場において成長機会を模索しています」


「ウェアラブル・デバイスやモノのインターネット(IoT)を実現させるために必要な、省電力技術や環境発電といった技術を持っているハードウェア・ベンダーは、今後これらの成長市場で事業の拡大を見込めるでしょう」と山地は述べています。



TAMに関する注釈

ガートナーでは、2010年より、半導体ベンダーにとっての顧客である電子機器メーカーの半導体購入量を示す指標に、設計段階における購入量を示すデザインTAMを採用してきました。電子機器のブランド別市場シェアが必ずしも半導体購入量 (購買TAM) と相関関係を持たなくなっている現在においては、設計段階でのTAM、つまりデザインTAMによる指標化が、より正しく市場の状況を反映するとガートナーは考えています。半導体ベンダーはデザインTAMによって、製品プロモーションのための営業リソースを適切に配分することが可能となります。

その他の情報については、ガートナー発行のレポート「Market Insight: Semiconductor Demand From OEMs, ODMs and EMS Companies, Worldwide, 2013 (Preliminary)」をご参照ください。このレポートには、業界の相対的な実績に基づいた世界の上位10社の半導体需要ランキング速報に関して、デザインTAMおよび購買TAMという異なる視点からの分析が記載されています。このレポートはガートナーのWebサイトからご覧いただけます。 http://www.gartner.com/document/2648915

このレポートはガートナーの世界半導体 (Semiconductors Worldwide) グループが作成しています。本グループは、メモリ、マイクロコンポーネント、ロジック、ASIC、アナログ、ディスクリート、RF (Radio Frequency)、光関連の各セグメントを含む業界の全体像を提供し、製品、サプライヤー、新興企業、各種技術、地域別消費動向、アプリケーション、新技術などすべてを幅広く網羅しています。半導体に関するその他のリサーチについては、ガートナーのWebサイトから詳細をご覧いただけます。 http://www.gartner.com/it/products/research/dataquest_cluster.jsp

本ニュースリリースは、新聞、雑誌、テレビ等マスメディアの方々に向けて提供させて頂いているものです。掲載内容に関しましては、弊社のサービスをご契約頂いているお客様に限りお問い合わせを受け付けております。ご契約を頂いていないお客様のお問い合わせについては、お答えできかねますので予めご了承下さい。なお、弊社サービスにご興味のある方は、弊社営業部までご連絡下さい。

参考資料 【海外発プレスリリース】 本資料は、ガートナーが発信したプレスリリースを一部編集して、和訳したものです。本資料の原文を含めガートナーの発信したリリースはすべて以下でご覧いただけます。 http://www.gartner.com/it/section.jsp


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright