ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
PUBLIC RELATION
ホーム2015年 プレス・リリースガートナー ジャパン、2015年度国内IT投資動向を発表

2015年3月3日
ガートナー ジャパン株式会社
広報室

ガートナー ジャパン、2015年度国内IT投資動向を発表

2015年度もビジネスの「成長」「変革」のためのIT投資が増加する傾向は変わらない
一方で、IT部門が把握していないビジネス部門によるIT投資の存在も浮き彫りに

ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、「2015年度国内IT投資動向」を発表しました。ガートナーが2014年10月から12月にかけて国内企業703社を対象に実施した調査 (2014年11月調査) では、2015年度はIT投資の増加ペースがやや鈍化するものの、ビジネスの「変革」「成長」につながる投資は引き続き増加する見通しであることが分かりました。一方で、IT部門が把握していないIT投資が年々拡大していることも明らかとなっています。

暦年の金額ベースによる日本企業のIT支出規模予測 (図1参照) によると、2014年は、景気が底堅く推移したことに加え、Windows XPの保守切れや消費税増税に向けたシステム対応が2013年中に完了せず、期中にずれ込んだことや、中堅・中小企業向けの設備投資減税の影響もあり、前年比2.5%の増加となりました。一方、2015年は、2013年から2014年にかけての比較的強いプラス傾向の反動もあり、0.6%の増加にとどまる見通しです。




ガートナー ジャパンのリサーチ部門 リサーチ ディレクターである本好 宏次は、次のように述べています。「タブレット端末とスマートフォンには、ノートPCと比べ、安価な導入・運用コスト、直感的な操作性、即時起動、軽量性、長時間バッテリ、常時接続といった、モビリティ重視のユーザーを引き付けるさまざまな利点があります。ERP機能へのアクセス手段として特にタブレット端末が注目されている背景には、従来のスマートフォンにはない大画面が、複数の情報を入力・参照する際の一覧性を必要とする業務をサポートする上で有用だという認識があります。中でも販売管理領域では、これまでコスト、機動性/軽量性、バッテリ持続時間などの制約からPCでの社外/屋外におけるERP利用が困難でしたが、今後はこの領域でも営業担当者のモビリティへのニーズを満たす手段として、活用が進んでいくとみられます。一方、スマートフォンでも大画面化の動きがあり、採用の追い風となる可能性があるといえるでしょう」

ERPのモバイル対応に関する期待と懸念についての質問では、期待事項のトップが「社外/屋外利用」(56.4%)、その次が「安価な導入/利用コスト」(51.0%) となり、懸念事項のトップは「セキュリティ」(54.5%)、次が「導入/利用コスト」(48.4%) という結果となりました。これらの調査結果から、ERPのエンドユーザーに安価にモビリティを提供したい一方で、モバイルを通じたERP利用の本格展開に伴うセキュリティ対応のコストや不透明な投資対効果を忌避し、尻込みしている企業の姿が浮かび上がってきます。そのため、ERPのモバイル対応を訴求しようとしているERPベンダーとそのパートナー企業は、まず特定の業務領域、部門、地域などにおける限定的なエンドユーザーを対象とした試験導入を通じ、期待した効果が見込めるかどうかを検証し、段階的に展開していくアプローチを顧客企業に提案する姿勢が重要になると考えられます。

ガートナーでは来る3月9〜10日、東京コンファレンスセンター・品川 (東京都港区) において、『ガートナー エンタプライズ・アプリケーション & アーキテクチャ サミット 2015』を開催します。本サミットでは、前出の本好をはじめ、ガートナーの国内外のアナリストが、ビジネス・アプリケーション、アプリケーション開発、アプリケーション基盤という3つの切り口から、新しいアプリケーション戦略を策定する上で重要となる知見を提供します。本サミットの詳細については、下記のWebサイトをご覧ください。
http://www.gartner.co.jp/event/aa/

本ニュースリリースは、新聞、雑誌、テレビ等マスメディアの方々に向けて提供させて頂いているものです。掲載内容に関しましては、弊社のサービスをご契約頂いているお客様に限りお問い合わせを受け付けております。ご契約を頂いていないお客様のお問い合わせについては、お答えできかねますので予めご了承下さい。なお、弊社サービスにご興味のある方は、弊社営業部までご連絡下さい。


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright