ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
PUBLIC RELATION
ホーム2015年 プレス・リリース −ガートナー、クラウド・コンピューティングに関する調査結果を発表

2015年4月28日
ガートナー ジャパン株式会社
広報室

ガートナー、クラウド・コンピューティングに関する調査結果を発表

2015年、日本のクラウド・コンピューティングの採用率は16%に上昇

クラウドIaaSの稼働率について、40%以上が「99.999%」でなくてもよいと回答

『ガートナー ITインフラストラクチャ & データセンター サミット 2015』
(5月26〜28日 虎ノ門ヒルズ) において、アナリストが知見を提供

ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のクラウド・コンピューティングへの取り組みに関する調査結果を発表しました。

今回の調査の結果、クラウド・コンピューティングの採用率は16%となり、2012年の10%から着実に上昇したことが明らかとなりました。また、クラウドIaaS (サービスとしてのインフラストラクチャ) に期待する稼働率について、40%以上が「99.999%」でなくてもよいと考えていることが明らかとなりました。

日本におけるクラウド・コンピューティングの採用状況

すべてのクラウドにおいて採用が進んでいる中で、種類別には、SaaS (サービスとしてのソフトウェア) が28%と最も採用率が高く、続いてプライベート・クラウド (23%)、ホステッド・プライベート (18%)、PaaS (サービスとしてのプラットフォーム) (16%)、IaaS (15%)、ハイブリッド (12%)、デスクトップ (10%) の順となっています (図1参照)。


クラウド・コンピューティングの採用率は、2014年には足踏みの感が見られましたが、2015年に入って急速に高まっている状況がうかがえます。このことについて、ガートナーのリサーチ部門 バイス プレジデント 兼 最上級アナリストの亦賀 忠明は、「クラウド・ファーストという言葉も浸透し、『クラウドを採用しない』という選択をしにくくなっている企業が増えていることの表れといえます」と述べています。一方、「よくあるお問い合わせの多くは、どのクラウドを選ぶべきか、どうやってクラウド化すればよいのかといった『基本の確認』であり、多くの企業は試行しながら引き続き手探りを続けている段階といえます。また、毎年の調査の結果はあくまでも回答者が回答したものであり、世の中で必ずしもクラウドではないものまでがクラウドと呼ばれている状況、いわゆる『何でもクラウド』となっている中で、回答には本来クラウド・コンピューティングとは呼べないものが含まれている可能性があることに注意が必要です」とも述べています。

IaaSに期待される稼働率

今回、クラウドIaaSに期待される稼働率についても調査を行いました。その結果、40%以上が「99.999%でなくてもよい」と考えていることが明らかとなりました。



この結果について、前出の亦賀は次のように述べています。「多くのクラウドIaaSが提示するサービス・レベル合意 (SLA) は99.95%であり、これは絶対に止まらないことを保障するものではありません。日本では、業務システムは絶対に止まってはならないという暗黙の認識が根付いており、クラウド導入のハードルを上げている側面がありましたが、今回の調査の結果、多くのユーザーが、クラウドの実態に即した考え方を持っていることが明らかになりました。企業は各業務システムに期待されるSLAには『松竹梅』のように異なるサービス・レベルがあることを理解し、その考え方に基づいて仕分け、それぞれの業務システムに合った適切なクラウドを選択することが重要です。特にコスト削減を求める企業では、できるだけ『梅』や『竹』を増やすことがコスト削減の鍵となります。一方、『松』の要件のシステムをクラウド化しようとすることはコストやリスクの観点から避けるべきです。ベンダーやインテグレーターもこの結果を踏まえ、何でも『松』のような提案ではなく、システムの要件に応じた、割り切った提案をすることも重要です」

調査手法

2015年3月にガートナー ジャパンが国内の企業に実施した本調査は、ユーザー企業、ベンダー企業双方を含むITリーダー (ITインフラに導入する製品/サービスの選定や企画に関して決済/関与する人) 515人を対象にしたものです。対象企業の業種は全般にわたり、従業員数規模は500人以上から1万人以上までの企業が含まれています。

ガートナーでは来る5月26〜28日、虎ノ門ヒルズ (東京都港区) において、『ガートナー ITインフラストラクチャ & データセンター サミット 2015』を開催します。本サミットでは、前出の亦賀 忠明をはじめ、ガートナーの国内外のアナリストが、デジタル・ビジネスの時代に向け、ITインフラの企画、設計、構築、運用に携わるリーダーがなすべきことについて、さまざまな知見をご提供します。

テーマには、モバイル、クラウド、ビッグ・データ、データセンター、モノのインターネット (IoT) などを含み、人材のあるべき姿や未来のテクノロジ・トレンドを踏まえた、さまざまなセッションを予定しています。参加者は、講演を聴くだけではなく、アナリストとの1対1の対話を行う中で、より自社の課題と照らし合わせた解を獲得することができます。本サミットの詳細については、下記のWebサイトをご覧ください。
http://www.gartner.co.jp/event/dc/


本ニュースリリースは、新聞、雑誌、テレビ等マスメディアの方々に向けて提供させて頂いているものです。掲載内容に関しましては、弊社のサービスをご契約頂いているお客様に限りお問い合わせを受け付けております。ご契約を頂いていないお客様のお問い合わせについては、お答えできかねますので予めご了承下さい。なお、弊社サービスにご興味のある方は、弊社営業部までご連絡下さい。


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright