ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
PUBLIC RELATION
ホーム2015年 プレス・リリース −ガートナー、ビッグ・データに関する調査結果を発表

2015年5月25日
ガートナー ジャパン株式会社
広報室

ガートナー、ビッグ・データに関する調査結果を発表

ビッグ・データを実際に活用している日本企業は6%という結果に

取り組みが進まない主な阻害要因について、48%の企業が「ビッグ・データから
価値を得る方法が分からない」と回答


『ガートナー ビジネス・インテリジェンス & アナリティクス サミット 2015』
(6月18〜19日 東京コンファレンスセンター・品川) において、アナリストが知見を提供

ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のビッグ・データへの取り組みに関する調査結果を発表しました。

その結果、ビッグ・データに対する認知度は約9割に上り、約3割の企業が関心を示しているものの、実際にビッグ・データを活用している日本企業は6%という結果となり、一部の企業を除き、取り組みがほとんど進んでいないことが明らかとなりました (図1参照)。


ガートナーでは、2011年よりビッグ・データに関する調査を実施しています。2011年から2013年にかけては、ビッグ・データを「よく知っている」「ある程度知っている」「多少知っている」と回答した企業の割合が、毎年大幅に増えていましたが、2014年の結果では、2013年と比較して、認知度、関心度共に大きな変化は見られませんでした。また、依然として過半数の企業がビッグ・データを「IT企業のはやり言葉として冷静に見ている」ことも明らかとなりました。

一方、ビッグ・データへの取り組みを進める上での阻害要因と取り組み状況について質問したところ、48%の日本企業が、最大の阻害要因は「ビッグ・データから価値を得る方法が分からない」ことであると回答しています (図2参照)。


今回の結果について、ガートナーのリサーチ部門バイスプレジデントの堀内 秀明は、次のように述べています。
「ビッグ・データに関心はあるが、いざ自社で取り組むとなると、何をすればよいのか分からないというケースは、ガートナーに寄せられる問い合わせでも非常に多くなっています。ユーザー企業側にデータ活用のアイデアがあれば、そのアイデアが実現可能か検証を行うことが可能であり、取り組み開始に向けたポイントは適正なサービスや製品の選定となりますが、そのような企業は非常に少ない状況です。ITベンダーが、製品やサービスを紹介するだけではなく、ビジネスに関するアイデアを成功事例という形で提示しないと、ユーザーは一歩前に踏み出すことができないという状況です」

続けて、堀内は次のように述べています。
「一方で、データ活用のアイデアは、ベンダーや他社事例のみに求めるものではないと、ほとんどのユーザー企業が理解しています。自社独自のデータ活用のアイデアを生み出す必要があると感じているものの、IT部門とユーザー部門の連携の弱さが、アイデアを見いだす上での大きな壁となっているようです。このような状況を打開するために、データ・ディスカバリによるボトムアップ型アナリティクスの強化が、有望なアプローチの1つになり得るのではないかとガートナーでは考えています。

従来、IT部門が中心となって進めてきた典型的なビジネス・インテリジェンス (BI) プロジェクトでは、IT部門がユーザーと共に分析要件を定義し、必要となるデータを特定してデータウェアハウスやデータマートに格納した上で、BIツールを用いてそれらのデータにアクセスし、レポートやダッシュボードとしてユーザーに提供してきました。このようなアプローチをベースに考えると、ユーザーからシステム化の要望や要件が提示されなければ、IT部門としては前に進むことができません。

データ・ディスカバリでは、あらかじめ分析要件を定義するのではなく、必要に応じて気になるデータセットをツール内に取り込んだり、直接データ・ソースにアクセスしたりして、さまざまな可視化手法を駆使し、そのデータの特徴をつかむということを繰り返します。近年、ユーザーが、ストレスなく直感的にデータを分析できることに主眼を置いた、データ・ディスカバリ・ツールと呼ばれる製品が、いわゆるデータ分析のパワー・ユーザーを中心に注目され始めています。このようなアプローチを企業のデータ活用環境にうまく取り入れることができれば、新たなデータ活用のアイデアをエンドユーザーが自ら見いだせる可能性が高まるものと考えます」

調査手法

2014年11月にガートナーが国内の企業に実施した本調査は、ユーザー企業のIT部門のマネージャを対象にしたものです。対象企業の業種は全般にわたり、有効回答企業数は703件でした。



ガートナーでは来る6月18〜19日、東京コンファレンスセンター・品川 (東京都港区) において、『ガートナー ビジネス・インテリジェンス & アナリティクス サミット 2015』を開催します。本サミットでは、前出の堀内 秀明をはじめ、ガートナーの国内外のアナリストが、デジタル・ビジネスの時代に必要とされる情報活用の戦略やテクノロジ・スキルについて、最新のグローバル動向を踏まえ、さまざまな知見をご提供します。
本サミットの詳細については、下記のWebサイトをご覧ください。
http://www.gartner.co.jp/event/bi/


本ニュースリリースは、新聞、雑誌、テレビ等マスメディアの方々に向けて提供させて頂いているものです。掲載内容に関しましては、弊社のサービスをご契約頂いているお客様に限りお問い合わせを受け付けております。ご契約を頂いていないお客様のお問い合わせについては、お答えできかねますので予めご了承下さい。なお、弊社サービスにご興味のある方は、弊社営業部までご連絡下さい。


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright