ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
PUBLIC RELATION
ホーム2016年 プレス・リリース ガートナー、 2016年以降の日本におけるアプリケーション戦略についての展望を発表

2016年3月14日
ガートナー ジャパン株式会社
広報室

ガートナー、
2016年以降の日本におけるアプリケーション戦略についての展望を発表

『ガートナー エンタプライズ・アプリケーション & アーキテクチャ サミット 2016』
(3月14〜15日、東京コンファレンスセンター・品川) においてアナリストが知見を提供

ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、2016年以降の日本におけるアプリケーション戦略についての展望を発表しました。


日本のエンタプライズ・アプリケーションの領域において、企業は、ビジネス施策の柔軟で迅速な変更と推進を実現するために、新しい発想でのアプリケーション変革に向けた戦略の立案と実践が急務となっています。

ガートナーは、日本におけるアプリケーション戦略について、以下の3つを含む複数の予測を提示しています。

2019年までに、日本の大企業におけるIT部門の60%が、バイモーダル型アプリケーション開発 (注1) に取り組むようになる

基幹系アプリケーションは、従来のように長い時間をかけて作ることが許容されにくくなっています。また、巨大プロジェクトの管理の困難さも強く認識されており、開発スコープを縮小して、早く完了させるアプローチ (アジャイル型) の採用が増えつつあります。一方、基幹系アプリケーション以外の領域では、IT部門があまり関与していない状況の中で、アジャイル型開発手法、新しいテクノロジやツール類の採用によるアプリケーション開発の俊敏性の向上が著しく進展しています。これは、ビジネス部門において、ビジネス環境の変化への俊敏な対応の実現が喫緊の課題になっているためです。

ガートナー ジャパンのリサーチ部門 リサーチ ディレクターである片山 治利は、次のように述べています。「品質を重視する従来のアプリケーション開発アプローチでは、アプリケーション・デリバリのスピード、俊敏性の実現が困難であり、これからはアプリケーション・レイヤの特性に応じた適切なアプリケーションの開発/デリバリ手法の採用が重要になります。そのような状況において、従来型の手組み、ウォーターフォール型手法のみに固執するシステム・インテグレーター (SI) やベンダーは、顧客が求めるアジリティをアプリケーション開発で実現できないため、ユーザー企業から選択されなくなり、結果として生き残りが難しくなると、ガートナーはみています。SI/ベンダーが生き残るためには、従来の手法を見直し、変えるべきところは変えることが求められます。ユーザー企業側におけるバイモーダル型アプリケーション開発の実践には、IT部門とビジネス部門が、パートナーとしての関係を築く必要があります。そのためには、ビジネス部門とIT部門の双方に意識改革が求められますが、IT部門の方がビジネス部門に歩み寄る姿勢が必要 です。IT部門がバイモーダル型アプリケーション開発に取り組む姿勢を示せば、ビジネス部門が、IT部門のサポートを得ながら、独自にアプリケーション開発を主導するスタイルが普及していくでしょう。一方、IT部門がバイモーダル型アプリケーション開発に取り組まない企業では、ビジネス部門が主導しようとするアプリケーション開発に制限がかかるか、IT部門が関知しない形 (シャドーIT) でのアプリケーション開発が進むことになるでしょう」

2019年までに、ERPの導入・拡張・刷新を行う日本企業の60%以上がバイモーダルなアプローチを適用するが、ビジネスの差別化や革新につながる成果を生み出すことに挑戦する企業はその半数に満たない

ビジネス環境の急速な変化を受け、ERPアプリケーション (以下、ERP) の機能やデータを利用し、国内外のビジネス推進に寄与するシステムを構築/強化したいというビジネス部門からのIT部門への要求が、これまで以上に強くなっている傾向が見られます。同時に、そうしたビジネス部門からの要求は、従来のERP活用の中心領域であった記録システムの範疇にとどまらず、ビジネスの差別化や革新に対してより直接的に貢献する仕組みを、これまで以上に迅速に実現することを前提とするものが増えています。

ガートナー ジャパンのリサーチ部門 リサーチ ディレクターである本好 宏次は、次のように述べています。「デジタル・ビジネス時代のIT部門には、コスト削減や記録システムの刷新といった『守り』の取り組みにとどまらず、差別化や革新を実現する『攻め』の取り組みを俊敏かつ柔軟に支援できるよう、ERP環境を進化させるための打ち手を積極的に実行していくことも必要になっています。しかし、そもそもERPを活用した『攻め』の取り組みを推進するという発想を持たない、あるいはスキル、要員、パートナーなどの面で対応できない企業も散見されます。そうした企業は今後、ビジネスの成長を実現するためのERP活用において後れを取るのみならず、ERPの刷新に向けた投資の正当化に苦労し、場合によってはERPのレガシー・システム化という課題に直面する可能性も考えられます。これからは、ERPの機能/データを活用することでビジネスの差別化や革新につながり得る機会がないかを探り、新たな挑戦を試みることが、多くの企業にとって重要になっていくでしょう」

2019年まで、日本の大企業の70%が、アプリケーション統合において、局所的・案件別のファイル転送を最も多く選択し続けるため、APIによるデータやアプリケーションの公開の機会を得ることができず、デジタル・ビジネスで重要なAPIエコシステムの恩恵を最大限に受けることができない

日本企業のアプリケーション統合は、ファイル転送を使った局所的な案件ごとの取り組みが増え続けたことで、その複雑性や管理の困難性が増加の一途をたどっており、データの冗長性・一貫性、鮮度やリアルタイム性の欠如などの課題が山積する状況となっています。ガートナーの調査では、2014年に引き続き2015年も、大企業の70%が、今後もアプリケーション統合が増大すると考えており、大企業の過半数が、企業全体としての状況の可視化や効率的な業務連携の必要性の高まり、およびサービスとしてのソフトウェア (SaaS) などのクラウドの普及を背景としたデータ共有範囲や連携箇所の拡大を、アプリケーション統合を推進する要因の最上位の項目として挙げています。

ガートナー ジャパンのリサーチ部門 リサーチ ディレクターで『ガートナー エンタプライズ・アプリケーション & アーキテクチャ サミット 2016』のチェアパーソンを務める飯島 公彦は、次のように述べています。「アプリケーションやデータの連携が、ファイル転送に大きく依存し続けることにより、アプリケーションがサイロ型の設計にとどまることになり、共有可能で公開されるAPIは積極的には構築されないとみています。このような状況では、ソーシャル、クラウド、モバイル、インフォメーションのすべてで支配的な状況となっている (Web) APIによって、アプリケーション・アーキテクチャと外部との連携を高めるといった、構造的な変革に取り組む機会を逸することになります。デジタル・ビジネスで重要となる迅速でスケーラブルなビジネス・エコシステムの構築を図る企業は、外部 (アプリケーション) からのアクセスを可能にする (Web) APIの公開・共有の重要性を認識し、ビジネス部門と協力し、ビジネス戦略の一環としてAPIを軸とするエコシステムの計画策定を早急に開始すべきです」

なお、ガートナーでは本日と明日の2日間、『ガートナー エンタプライズ・アプリケーション & アーキテクチャ サミット 2016』を開催いたします。本イベントでは、「デジタル・ビジネスを推進するアプリケーション戦略の実践」をテーマに、オンプレミス、クラウド、モバイルなどの多様な環境を対象として、ビジネス・アプリケーション、アプリケーション開発、アプリケーション基盤の3つの大きな切り口から、新しいアプリケーション戦略の策定と実践に重要なトレンド、テクノロジ、ベスト・プラクティス等の情報を提示いたします。本サミットの詳細については、下記のWebサイトをご覧ください。
http://www.gartner.co.jp/event/aa/

(注1) アプリケーションの特性に応じて、ウォーターフォール型開発手法と非ウォーターフォール型開発手法 (アジャイル型や反復型開発手法を含む) の両方を使い分けるアプローチ


本ニュースリリースは、新聞、雑誌、テレビ等マスメディアの方々に向けて提供させて頂いているものです。掲載内容に関しましては、弊社のサービスをご契約頂いているお客様に限りお問い合わせを受け付けております。ご契約を頂いていないお客様のお問い合わせについては、お答えできかねますので予めご了承下さい。なお、弊社サービスにご興味のある方は、弊社営業部までご連絡下さい。


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright