ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
PUBLIC RELATION
ホーム2016年 プレス・リリース −ガートナー、データ活用の未来はアルゴリズム・ビジネスにあるとの調査結果を発表

2016年11月8日
ガートナー ジャパン株式会社
広報室

ガートナー、データ活用の未来はアルゴリズム・ビジネスにある
との調査結果を発表

ビッグ・データに既に取り組んでいる日本企業は67.2%と微増

ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、日本企業のビッグ・データへの取り組みに関する調査結果を発表しました。

従業員数500人以上のユーザー企業のITリーダーを対象にした本調査の結果、67.2%の日本企業が、ビッグ・データに向けた活動を既に進めていることが明らかになりました (図1参照)。日本におけるビッグ・データは、ハイプ・サイクルのピークを越えて幻滅期の底へと向かう状況にあります。ガートナーでは、ビッグ・データへの期待が小さくなり、取り組みを進める企業が若干減少すると予測していましたが (図1の点線部)、実際には2015年の65.6%から1.6ポイントの微増となりました。



企業がビッグ・データの活用を進める最終的な目的は、テクノロジを導入することではなく、ビッグ・データを集めることでもなく、ビジネス上の成果 (例えば、売り上げや利益の増大、顧客関係の改善) を生み出すことです。これまでIT部門が取り組んできたような、ゴールと方法論が比較的明白なプロジェクトとは異なり、解決すべき課題や改善すべきテーマを最初に特定することが必要になります。こうした背景から、実際にビッグ・データの活用に取り組み始めた企業では、「実際に何を分析すれば、ビジネス上の成果が生まれるのか」について悩んでいるケースが多く見受けられます。

また、「ビジネス部門には、データ活用で解決できる課題や新しいアイデアが多く埋もれていると思うか」との問いには、72.8%の企業が「はい」と回答しました (図2参照)。しかしながら、ビジネス部門との対話を進めているのは19%にすぎず、4割に上る企業は1年以内に対話を始める見込みであることが明らかとなりました。



本調査における一連の結果について、ガートナー リサーチ部門バイス プレジデントの鈴木 雅喜は、次のように述べています。

「ビッグ・データへの期待値は以前と比べて落ち着いてきたものの、デジタル化やモノのインターネット (IoT) に取り組んでいく上でビッグ・データに関する活動が必要であることを企業が認識し、引き続き取り組んでいることが、本調査によって明らかとなりました。また、1年先および3年先にビッグ・データから得られる価値として、『過去の知見』よりも『将来の予測』『判断の自動化』『ビジネス・プロセスの自動化』が大きくなると考える企業が多いことも分かりました。データ活用の幅が3年以内に『将来の予測』『判断の自動化』『ビジネス・プロセスの自動化』へと実際に広がっていくとは考えにくいながらも、企業が目指す方向性は定まりつつあることが、今回のユーザー調査から明らかになっています」

ビッグ・データのコンセプトの下、「量」「速度」「複雑性」の面で分析可能なデータの幅が広がっています。加えて、データの重要な活用方法として、いかに「将来の予測」を進めるか、いかにアルゴリズムを適用し「判断の自動化」や「ビジネス・プロセスの自動化」を進めるかという点が、今後いっそう重要となっていくとガートナーはみています。

前出の鈴木は、さらに次のように述べています。

「ガートナーでは、デジタル・ビジネスが進化する中で、今後、アルゴリズム・ビジネスが広がっていくとみています。アルゴリズム・ビジネスにおいては、データ分析の結果に基づいたアルゴリズム (パラメータから解を得るためのロジック) によって『判断の自動化』と『ビジネス・プロセスの自動化』を可能とし、新たなビジネス価値を生み出していきます。今回の調査結果は、アルゴリズム・ビジネスへの期待値が既に高まっていることを示唆しています。ガートナーは、ビッグ・データへの期待値が調整局面にあるとみていますが、今回の調査結果から、日本企業のビッグ・データに向けた取り組みは引き続き着実に進行しつつあることが明らかとなりました。ユーザー企業は、デジタル・ビジネスやIoTのシナリオの中でビッグ・データの意義を捉え、活動をさらに進めていくべきであると考えます。ビジネス部門との協業から課題やテーマを把握し、『過去の知見』のみではなく『将来の予測』『判断の自動化』『ビジネス・プロセスの自動化』を進めることも視野に、アイデアの探索と試行を、デジタル化を見据えた企業戦略の下で進めることが重要です」

調査手法

2016年2月に実施した本調査は、IT部門の中でも特にITインフラストラクチャにかかわるマネージャーに向けたアンケート調査を通して、日本における企業・組織のさまざまなITのニーズや課題を分析することを目的としたものです。回答者としては、日本全国の従業員数500人以上のITユーザー企業に勤務し、ITインフラストラクチャにかかわる企画や製品、ソリューション、に対して決裁権がある/関与している、もしくはITインフラストラクチャの戦略に関与している役職を想定しています。有効回答数は515件で、回答企業の従業員数規模別の内訳は、2,000人以上が259社、1,000〜1,999人が99社、500〜999人が157社でした。

定義

ビッグ・データ
データの量、処理速度、種類や処理方法の多様性と複雑性において、これまでとは異なる、コスト効果が高く革新的な情報処理プロセスを必要とするデータである。その活用目的は、経営や業務に向けて、より有効かつ迅速な洞察および意思決定を得ることにある。

アルゴリズム・ビジネス
ガートナーはアルゴリズム・ビジネスを、工業化された数理的なアルゴリズム群を複合的に用い、「判断の自動化」や「プロセスの自動化」により競合上の差別化をもたらすもの、と定義している。アルゴリズムでは、社内のデータのみならず、公開されているデータ、パートナーのデータを複合的に使用できる。アルゴリズムを活用するためにAPIが公開されている場合には、誰もが繰り返し使用することができる。

本ニュースリリースは、新聞、雑誌、テレビ等マスメディアの方々に向けて提供させて頂いているものです。掲載内容に関しましては、弊社のサービスをご契約頂いているお客様に限りお問い合わせを受け付けております。ご契約を頂いていないお客様のお問い合わせについては、お答えできかねますので予めご了承下さい。なお、弊社サービスにご興味のある方は、弊社営業部までご連絡下さい。


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright