ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2013年10月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2013年10月発行)

  • SOA全社展開のベスト・プラクティス:標準アプリケーションへの変更を管理するプロセスと組織を整備せよ
    2013年10月31日
    K. Iijima

    SOAを適用する先行企業の一部では、コンポジット・アプリケーションを構築し、これが実現するビジネス・プロセスと共に「標準モデル」として全社的に横展開する段階に入っている。この段階では、複数の新規案件と保守案件が併存する中で、標準モデルへのさまざまな変更要求が同時に発生する。こうした状況を適切に制御するためには、標準の適用に関するプロセスおよび組織の整備が肝要となる。
  • モバイル・アプリケーション開発プラットフォームのマジック・クアドラント
    2013年10月25日
    I. Finley, V. Baker, K. Parmelee, D. Smith, R. Valdes, G. Van Huizen

    いまだかつてない数の企業がモバイル・アプリケーションを開発しているため、モバイル・アプリケーション開発プラットフォーム市場は急速に成長し、発展し続けている。本マジック・クアドラントでは、エンタプライズIT開発者による、顧客/パートナー/従業員向けモバイル・アプリケーションの作成を可能にする主要なベンダーを評価する。
  • アプリケーション開発のハイプ・サイクル:2013年
    2013年10月25日
    N. Wilson, G. Van Huizen, B. Prentice

    アプリケーション開発部門は、依然として急激な変化に直面している。クラウドとモバイルが、開発されるアプリケーションのタイプを変える一方、ビジネスにおける俊敏性のニーズは、アプリケーションの開発方法を変えることになる。
  • ビジネス・プロセス管理のハイプ・サイクル:2013年
    2013年10月25日
    B. Robertson

    2013年のハイプ・サイクルは、BPMテクノロジ、方法論、コンセプトが過渡期にあることを示すとともに、新たな革新の波がさらに訪れることも示唆している。
  • アプリケーション・アーキテクチャのハイプ・サイクル:2013年
    2013年10月25日
    G. Van Huizen

    アプリケーションに対する新しい発展途上のアプローチを適切に実践する上で、アプリケーションのアーキテクチャ様式や設計プラクティスの発展を理解することは不可欠である。こうしたアプローチには、サービス指向アーキテクチャ、Web指向アーキテクチャ、クラウド・コンピューティング、モバイル・コンピューティング、イベント駆動型システムなどがある。
  • 2013年以降のポストモダンERPの戦略的ロードマップを策定する
    2013年10月18日
    A. Drobik, N. Rayner

    肥大化し、すべてを網羅するERPスイートは、ユーザーのニーズに後れを取り、必要な機能は開発するよりも買収しなければならないとメガベンダーが悟ったときに、その存続性を断たれた。CIOとERPリーダーは、この重大な現実にできる限り早急に対処する計画を立てる必要がある。
  • ERPの「平均」に頼るのはやめよう
    2013年10月15日
    N. Montgomery, P. Phelan, C. Hardcastle, C. Hestermann, D. Ganly

    ERPへの投資を「平均的」なコストやメリットに基づいて立証したり、制限したりすることは、個々の状況を考慮に入れない手法であり、回避すべきである。こうしたことは、企業や責任者であるCIOにとって、不正確な予算編成やリスクの増加につながる。
  • 情報インフラストラクチャのハイプ・サイクル:2013年
    2013年10月4日
    R. Edjlali, M. Beyer

    組織は、情報インフラストラクチャ・テクノロジによってデータとコンテンツの定義、編成、共有、統合、統制を行うことで、ビジネス上の価値を創出できる。本ハイプ・サイクルを利用して、既に定着した技術や新たな技術からビジネス上の機会をつかみ取っていただきたい。
  • BIとアナリティクスのハイプ・サイクル:2013年
    2013年10月4日
    K. Schlegel

    本ハイプ・サイクルは、BIとアナリティクスを担当するリーダーが新たなテクノロジへの投資に優先順位を付けるための指標になる。これにより、BIとアナリティクスのイニシアティブの正確性、透明性が高まり、より確固たるものになる。
  • Webコンテンツ管理のマジック・クアドラント
    2013年10月4日
    M. MacComascaigh, M. Gilbert, J. Murphy, G. Tay

    企業は、自社のオンライン・プレゼンスによっていっそうのビジネス効果を得ようと懸命になっており、Webコンテンツ管理に対し、これまで以上のものを求めている。本マジック・クアドラントでは、そうした状況にベンダーがどの程度応えているかを評価し、購入担当者ならびに既存のアプリケーションを再考中の関係者にさまざまな知見を提供する。
  • 営業支援のマジック・クアドラント
    2013年10月4日
    R. DeSisto, P. Stakenas

    主として企業間取引にかかわる営業担当者向けとなる営業支援のマジック・クアドラントでは、新規参入ベンダーを追加しつつ、新たな市場力学も反映している。スマートフォンやタブレット端末によるモビリティが高まり、ソーシャルがより重要になっている一方で、ガートナーの評価基準においては営業実績管理が重要な役割を果たしている。
  • CIOがITプロジェクトの優先順位見直しによってカスタマー・エクスペリエンスへの支援をアピールするには
    2013年10月4日
    E. Thompson

    計画中のプロジェクトが戦略的なカスタマー・エクスペリエンス・イニシアティブを支援していることを証明せよというCEOや取締役からの急速に強まる圧力に直面しているCIOは、本リサーチノートに示すステップおよびツールを生かすべきである。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright