ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2013年12月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2013年12月発行)

  • 日本におけるCRMのハイプ・サイクル:2013年
    2013年12月27日
    K. Kawabe

    本ハイプ・サイクルは、急速に進展するデジタル化・グローバル化の激しい波を受け、競争力を高める顧客中心型ビジネスを推進する日本企業 にとって有意義な、CRM関連テクノロジ/アプリケーションの2013年時点におけるトレンドと今後の見通しを解説したものである。
  • 日本におけるアプリケーション・インフラストラクチャのハイプ・サイクル:2013年
    2013年12月27日
    K. Iijima

    2013年を通じて、日本企業におけるアプリケーション・インフラストラクチャは、クラウド、モバイル、ソーシャル、インフォメーションとい う4つの力の結節 (Nexus of Forces) と、モノのインターネットなどの影響によって多様性と変化の時代を迎えている。本ハイプ・サイクルで は、日本におけるアプリケーション・インフラストラクチャに関するテクノロジや概念の相対的な成熟度、導入のポイントについての概要情報 を提供する。
  • 継続的デリバリの実現
    2013年12月25日
    N. Wilson

    継続的デリバリは、多くのIT部門にとって、まるで達成不可能なゴールのように思えるものである。過剰な宣伝にもかかわらず、継続的デリバ リには開発者のスーパースター集団が必要というわけではない。優れたアジャイル・プラクティス、カンバン、DevOpsがあれば、新たなコード を日々安全にデプロイする仕組みを実現できる。
  • アジャイル・チームに求められるアプリケーション・アーキテクト
    2013年12月25日
    N. Wilson, R. Altman

    アジャイル・チームは、事前の設計や複雑なソリューションを嫌い、アプリケーション・アーキテクチャを軽視することが多い。ITリーダーは、持続可能なコードの確実な作成を助けるため、そしてシンプルかつモジュール式の柔軟なアーキテクチャにするため、アプリケーション・ アーキテクトをアジャイル・チームに参加させるべきである。
  • 日本におけるアプリケーション開発のハイプ・サイクル:2013年
    2013年12月25日
    Harutoshi Katayama

    本ハイプ・サイクルの2012年版では、エンタプライズ・アプリケーション開発の領域において、コモディティ化とコンシューマライゼーション、およびクラウド、モバイル、ソーシャル、インフォメーションという4つの力の結節 (Nexus of Forces) により、アプリケーション開発部門 の役割が大きな影響を受けつつあると分析した。2013年もその大きな流れは継続しており、日本企業は、その中で変化を迫られている。本ハイ プ・サイクルでは、アプリケーション開発領域のテクノロジやコンセプトの中から日本企業にとって重要なものを取り上げ、国内における位置 付けと、ユーザー企業が各テクノロジなどを検討する際に留意すべきアドバイスをまとめている。
  • 日本におけるERPのハイプ・サイクル:2013年
    2013年12月20日
    K. Motoyoshi

    クラウド、モバイル、ソーシャル、インフォメーションという4つの力の結節 (Nexus of Forces) が、引き続きERPの在り方を大きく変えつつ ある。2013年はその中でも、ベンダー/ユーザー双方においてクラウドERPに関するハイプが見られた。本ハイプ・サイクルでは、4つの力を考 慮しつつ、ERPの活用において検討すべきテクノロジやコンセプトのうち日本企業にとって重要なものを掲載し、国内における位置付けと、 ユーザー企業に対するアドバイスをまとめている。
  • Oracleで成功するためのペース・レイヤリング・アプローチ
    2013年12月13日
    M. Guay, N. Rayner

    Oracleアプリケーションを実装している多くの企業は、「ベスト・オブOracle」戦略、すなわちOracleベースの統合ソリューション戦略を採用 している。ビジネスにおいては差別化と革新の能力が重視されており、ガートナーによるアプリケーションのペース・レイヤリング戦略は、Oracle中心の企業におけるアプリケーション戦略の改善と実施に有益である。
  • SAPで成功するためのペース・レイヤリング・アプローチ
    2013年12月13日
    C. Hardcastle, D. Prior

    SAPを実装している多くの企業は、「ベスト・オブSAP」戦略、すなわちSAPベースの統合ソリューション戦略を採用している。ビジネスの焦点 が差別化と革新をもたらす機能へと移行するに従って、ガートナーによるペース・レイヤリングのアプローチは、SAP中心のIT部門がこうした ビジネスのニーズに応えるためにアプリケーション戦略を改善し、実行する上で有益である。
  • アプリケーション・アーキテクチャに対するアジャイルの影響
    2013年12月13日
    N. Wilson, R. Altman

    従来のアプリケーション・アーキテクチャをアジャイル・プロジェクトに適用すると失敗する。これまでの先行設計で必要とされていた情報は、アジャイル・プロジェクトの開始時には存在しない。本リサーチノートは、アプリケーション・アーキテクトや彼らを管理するマネージャーが、こうした変更点に対処する上で役立つ。
  • 日本におけるBIのハイプ・サイクル:2013年
    2013年12月13日
    H. Horiuchi

    2013年の日本では、2012年に続き、「ビッグ・データ」という言葉がメディアやベンダーの多くから高頻度で発信されていることに加え、ビッ グ・データを活用しビジネス上の成果とする上で必要となる「データ・サイエンティスト」という職務や統計学への期待が、ベンダー、ユー ザーの双方において高まった。本リサーチノートでは、日本におけるBIに関するテクノロジやベスト・プラクティスの相対的な成熟度、採用の メリット、導入を成功させるためのポイントについて情報を提供する。
  • 日本におけるソーシャル・テクノロジのビジネス利用のハイプ・サイクル:2013年
    2013年12月10日
    K. Shiga, K. Kawabe

    本ハイプ・サイクルでは、ソーシャル・テクノロジがビジネスのさまざまな領域の中でどのように利用されるのかを考察するとともに、ビジネスに有効なテクノロジのうち日本国内で利用可能なものを掲載した。
  • ベンダー評価:salesforce.com
    2013年12月5日
    R. DeSisto, D. Feinberg, A. Bona, Y. Natis, M. Maoz, A. Sarner, M. Driver, P. Sullivan, J. Greene, T. Bova, J. Rizzuto, P. Stakenas

    salesforce.comは、CRM分野での勢いを維持し、将来的にはカスタマー・カンパニー構想を利用して成長することを考えている。ITリーダーは、salesforce.comがその評価に見合った高額な料金を伴う最高品質なオファリングとしての位置付けを維持していることに注目すべきである。
  • 顧客エンゲージメントの4つの属性
    2013年12月5日
    J. Davies, M. Maoz, P. Stakenas

    エンゲージメントが得られた顧客は一般に、そのブランドの優れた擁護者となり、よりロイヤリティが高く収益性のある顧客になる。顧客エンゲージメントの根底にある属性を理解することで、CRMリーダーは自社の顧客エンゲージメントのレベルを向上させることができる。
  • オンプレミス・アプリケーション・プラットフォームのマジック・クアドラント
    2013年12月5日
    D. Sholler, Y. Natis, M. Pezzini, K. Iijima, J. Thompson, R. Altman

    オンプレミスの新たなコンポジット・アプリケーションには、複雑に入り組んだランタイム・テクノロジや開発能力が必要となる。本マジック・クアドラントでは、企業のアプリケーション・プロジェクトに役立つエンド・ツー・エンドのサポートをIT開発者やアーキテクトに提供する主要なアプリケーション・インフラストラクチャ・ベンダーを検証する。
  • オンプレミス・アプリケーション統合スイートのマジック・クアドラント
    2013年12月5日
    J. Thompson, Y. Natis, M. Pezzini, D. Sholler, R. Altman, K. Iijima

    企業は、堅牢なメッセージング、複数のB2Bプロトコル、クラウドAPIをサポートする体系的なアプリケーション統合機能を必要としている。本マジック・クアドラントでは、A2A、B2B、クラウド・ベースの体系的なアプリケーション統合のニーズに対処する機能を備えた製品のベンダーを検証する。
  • サーベイ・アナリシス:2013年のビッグ・データはハイプの背後に実際の計画がある
    2013年12月5日
    L. Kart, N. Heudecker, F. Buytendijk

    ガートナーの2013年のビッグ・データに関する調査を見ると、情報部門およびビジネス部門のリーダーは、ほとんどの場合、「ビッグ・データ」という用語を「好機」という言葉に結び付けている。この積極的な姿勢が、ビッグ・データ・テクノロジの投資や採用の増加につながっている。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright