ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2013年12月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2013年12月発行)

  • 新興国においてWANのリスクとコストをいかに抑制するか
    2013年12月27日
    B. Munch, D. Young

    新興国におけるWANサービスのソーシングは、多くのリスクと高いコストを伴う。WAN調達マネージャーは、ネットワーク・コストとパフォー マンスの最適なバランスを実現するために、現地市場の状況に適応しなければならない。
  • クラウド・セキュリティのハイプ・サイクル:2013年
    2013年12月27日
    J. Heiser

    本ハイプ・サイクルでは、クラウド・コンピューティング・モデルのセキュリティとテクノロジおよび標準仕様のほか、クラウド・サービス・ プロバイダーが提供する信頼できるアプリケーションとセキュリティ・サービスを取り上げる。
  • ITサービス・サポート管理ツールのマジック・クアドラント
    2013年12月27日
    J. Greene、J. Brooks

    ITサービス・サポート管理ツールは、インシデント管理のチケット発行とレポート作成という従来型サービスデスクの機能を超え、リリース・ ガバナンスに対処するとともに実稼働環境に可視性をもたらす機能拡充が見られる。成熟度の向上を望むインフラストラクチャ&オペレーショ ン部門は、本マジック・クアドラントを利用して、成熟度改善の取り組みの実行および支援を可能にする製品を評価することができる。
  • コスト削減とサービス・デリバリ最適化を実現するデータセンター・トポロジ
    2013年12月20日
    R. Kumar

    大半のグローバル企業は、多くの国にデータセンターを過剰に配備して いる。シニア・エグゼクティブがコストを削減し、サービス・デリバリ を最適化するには、主要な事業展開先の大陸それぞれでデータセンター を2カ所に限定するツイン・データセンター・トポロジが必要である。
  • オープンソースESBの有力プロバイダー
    2013年12月20日
    J. Thompson

    アプリケーション統合およびサービス指向アーキテクチャ向けミドルウェアのベンダーを評価する際には、実績のあるオープンソースESBス イートを擁するベンダーをいくつか検討候補に含めるべきである。競合する4つのESBスイートがOSSプロバイダーから提供されており、サブス クリプションの条件と価格設定はそれぞれに異なっている。
  • ビッグ・セキュリティ・データに関してよくある誤解
    2013年12月20日
    J. Feiman

    セキュリティ・インテリジェンスの最終目標である企業の保護は、主にセキュリティ・ポリシー・エンフォーサ (Security Policy Enforcer) とスキャナのテクノロジによって実現されるのであり、ビッグ・セキュリティ・データのリポジトリによって実現されるのではない。セキュリ ティ部門のリーダーは、この事実を踏まえてセキュリティに関する戦略と投資の優先順位を設定する。
  • モバイル・デバイス管理ソフトウェアのクリティカル・ケイパビリティ
    2013年12月20日
    P. Redman

    モバイル・デバイス管理のクリティカル・ケイパビリティでは、ポリシーのコンプライアンス、モバイル・セキュリティ管理、モバイル・ソ フトウェア管理、モバイル・コンテンツ管理、アナリティクス、デリバリ・スタイルのためのトップ・テクノロジを深く掘り下げる。これは、 通信、ネットワーク、クライアント・コンピューティングのマネージャーにとって有用なものである。
  • IBM zEnterprise EC12は、優れたパフォーマンスとキャパシティ、
    そして新たなアーキテクチャ体系をもたらす

    2013年12月10日
    M. Chuba, J. Phelps

    2012年8月28日、IBMは、IBM zEnterprise 196 (z196) の後継モデルであるIBM zEnterprise EC12 (zEC12) を発表した。ガートナーはこの製品について、自社データセンターでのIBMメインフレームの調達や管理に責任を負うITプロフェッショナルに影響を与えるであろう技術上の重要な変更をいくつか確認している。
  • ITオペレーション管理のハイプ・サイクル:2013年
    2013年12月5日
    P. Adams, M. Govekar

    ITオペレーション管理は、全体として成熟した市場であるが、破壊的かつ認知度・関心度が高まっている (ピーク期にある) テクノロジが本稼働環境に採用されるようになっていることを背景に、常に変化は起きて いる。インフラストラクチャとオペレーションのリーダーは、本ハイプ・サイクルを利用して、ITOMテクノロジに投資する際の期待事項を設定する必要がある。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright