ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2014年2月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2014年2月発行)

  • 2014年の展望:顧客サポートとそれに従事する企業
    2014年2月25日
    M. Maoz, J. Davies, J. Sussin, O. Huang

    顧客サービスは、成功するカスタマー・エクスペリエンスをもたらす中核的なビジネス戦略として再浮上している。優れたサービスとは、すべ てのモバイル・デバイスだけではなく、ソーシャルやデジタル・メディア・チャネルにわたって、一貫している必要がある。またパーソナライ ズされ、マーケティングの施策と一致している必要もある。
  • 2014年の展望:マーケティング・テクノロジは引き続きIT投資の盛んな分野である
    2014年2月25日
    K. Collins, M. Maoz, J. Correia, C. Fletcher

    モバイル・マーケティングとビッグ・データは依然として、マーケティングにおけるIT投資の中心である。オペレーショナル・エクセレンス、 また実行におけるエクセレンスは、MRMとIMMを通じて促進される。ベンダーの価格設定戦略は進化している。
  • 日本におけるビジネス成果主導型EAによる効果の向上
    2014年2月25日
    M. Blosch

    どのような規模の日本企業も、ビジネス成果主導型エンタプライズ・アーキテクチャの要素を取り入れることによって、IT部門の効果を高め ることができる。本リサーチノートでは、こうした施策に着手するに当たって有用な推奨事項とベスト・プラクティスを提示する。
  • レスポンシブWebデザインは、その制約にもかかわらず、多くの企業にとって統一されたWebチャネルへの移行を可能にする
    2014年2月25日
    R. Valdes, G. Phifer

    レスポンシブ・デザイン (レスポンシブWebデザインとも呼ばれる) とは、単一のWebインスタンスのさまざまなレイアウトに対応するクライ アント・サイドの技法である。対象とする範囲、ツール類のサポート、パフォーマンスに関して制約はあるが、その簡易性から広く採用されよ うになった。こうした制約はやがて軽減されるようになる。
  • 2014年の展望:アプリケーション開発
    2014年2月25日
    B. Prentice, D. Smith, V. Baker, A. Kyte, N. Wilson, G. Van Huizen

    アプリケーション開発に関するガートナーの2014年の展望では、企業が求めるサービスおよびスキルと、要求される規模で社内のアプリケー ション開発チームが提供する能力とのギャップを浮き彫りにする。
  • 2014年の展望:「スピード」と「割り切り」が一層求められるエンタプライズ・アプリケーション
    2014年2月20日
    K. Motoyoshi, K. Iijima, Harutoshi Katayama, R. Narisawa

    日本におけるエンタプライズ・アプリケーション領域では、クラウドに代表される新興テクノロジとグローバル化の急速な進展により、アプリ ケーションの開発、統合、展開における従来のアプローチが急速に陳腐化しつつある。
  • 2014年の展望:日本における新たなテクノロジの実用化に向けた情報活用の新たな課題
    2014年2月20日
    K. Shiga, K. Kawabe, H. Horiuchi

    日本におけるCRM、クラウド型電子メール、ビッグ・データといった領域では、新たなテクノロジが話題先行から実装の時期を迎えており、新 たな課題を抱えつつある。
  • 海外ソーシャル・アナリティクス・ツール機能比較
    2014年2月14日
    C. Rozwell, R. Sallam, J. Sussin

    本リサーチノートでは、一般向けソーシャル・メディアにおけるインタラクションの分析に使用されるツール・ベンダー17社を取り上げる。本 リサーチノートは、購入企業にとってソーシャル・アナリティクスの状況とベンダー固有の機能性について理解を深める一助となるものである。
  • ペース・レイヤリングがアプリケーション統合戦略に与える影響を無視してはならない
    2014年2月5日
    B. Lheureux, B. Swanton, P. Malinverno

    ガートナーが提唱するアプリケーションのペース・レイヤリング戦略は、発展するアプリケーション・ポートフォリオの管理に有用である。アプリケーション・マネージャーは、アプリケーションには新たなデバイスやデータ・タイプ、柔軟な展開モデル、異なる変更の速度が伴うという前提に対処しなければならない。
  • 2014年の展望:ビジネス・インテリジェンスとアナリティクスは依然としてCIOのテクノロジ最優先事項に
    2014年2月5日
    W. Schulte, N. Chandler, G. Herschel, D. Laney, R. Sallam, D. Sommer, J. Tapadinhas

    BIとアナリティクスの世界には、大きな変化が差し迫っている。優勢になるデータ・ディスカバリ技術、リアルタイム・ストリーミング・イベ ント・データの活用の広がり、そして最終的なビッグ・データ技術の成熟の結果としての、BIとアナリティクスへの支出の加速などである。本 リサーチノートは、BIとアナリティクスに関する数ある選択肢の中から、最も適切なものをCIOが選ぶことができるよう支援するものである。
  • 2014年の展望:ビッグ・データ
    2014年2月5日
    N. Heudecker, M. Beyer, M. Cantara, A. White, A. Lerner, R. Edjlali, A. McIntyre, D. Laney

    ビッグ・データに関する2014年の展望では、ビッグ・データの成熟度と認識の発展が、アナリティクス、リソース、データセンター・インフラ ストラクチャ、消費者のプライバシーに与える影響を検証する。企業はこの急変する状況に適応し、分析における競争優位を築く必要がある。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright