ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2014年3月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2014年3月発行)

  • リサーチ・ハイライト:アプリケーション統合のアプローチの整理
    2014年3月25日
    K. Iijima

    本リサーチノートは、アプリケーション統合について、これから取り組みを始める、あるいは既存のアプローチを吟味し、必要に応じて今後の 指針を策定・改定したいというITリーダーを対象に、アプリケーション統合のアプローチに関してこれまでガートナーが発行したリサーチを整 理し、紹介するものである。
  • リサーチ・ハイライト:アプリケーション開発の品質管理のポイント
    2014年3月25日
    Harutoshi Katayama

    本リサーチノートは、アプリケーション開発プロジェクトにおいて品質管理に取り組んでいるITリーダーを対象に、アプリケーション開発の品 質管理に関してこれまでガートナーが発行したリサーチを整理して紹介することで、品質管理の取り組みに役立つ情報を提供するものである。
  • リサーチ・ハイライト:クラウドERPにどう取り組めばよいか
    2014年3月25日
    K. Motoyoshi

    クラウドERPを検討する企業が増えている。しかし、体系的かつ適切にクラウドERPの計画と選定を行い、実装/運用できている企業は少ない。 そこで、本リサーチノートでは、クラウドERPを検討/利用しているユーザー企業がまず目を通すべき主要リサーチを紹介する。
  • 2014年の展望:ERPとエンタプライズ・アプリケーションにおけるポストモダンの世界の到来
    2014年3月25日
    D. Ganly, A. Kyte, N. Rayner, C. Hardcastle

    画一的な自社運用型ERPとエンタプライズ・アプリケーションの代替手段が成熟し続ける中、CIOとアプリケーション・リーダーは、急速に迫 る「レガシーERP」の現実と、その現実がポストモダン世界のビジネスにもたらす影響に対処するために行動を起こす必要がある。
  • 2014年の展望:力の結節が人的資本管理の定義を改める
    2014年3月25日
    R. Hanscome, J. Freyermuth, Y. Cameron

    最先端のユースケースやベンダーによる投資からは、力の結節の要素によって人的資本管理のプロセスが根本的に変革される可能性が見て取れ るが、その作用や影響は、すべての地域、業種、企業タイプを通じて一様ではない。
  • 2014年の展望:E-Commerceは迅速に適応可能な企業にとってデジタル・コマースになる
    2014年3月25日
    P. Gillespie, G. Alvarez, C. Fletcher, P. Sengar, D. Kohler

    E-Commerceは、コンバージョン率と平均注文金額を改善するために、モバイル、ソーシャル、クラウドのテクノロジを取り入れながら、デジ タル・コマースという新しい段階に向かっている。
  • リサーチ・ハイライト:データ利活用を支える職務と組織
    2014年3月14日
    H. Horiuchi

    本リサーチノートは、ビジネス・インテリジェンスやビッグ・データに関する取り組みをこれから始める、あるいは現在進めているが思ったような成果が出ないというITリーダーに向けて、データ利活用を成功裏に進める上でキーとなる職務と組織に関する既刊のリサーチを整理し、紹介するものである
  • ソーシャル・メディアにおける大衆の参加と適合性フレームワーク
    2014年3月14日
    C. Wilson, A. Bradley

    大衆の参加とコミュニティの力を生かそうとする企業は、コミュニティにおける交流の本質や、そうした交流のソーシャル・コラボレーションとの親和性について理解する必要がある。本リサーチノートでは、企業におけるコラボレーションを、ソーシャル・コラボレーション型ソリューションとの親和性に基づいて評価するフレームワークを紹介する。
  • 2014年の展望:営業におけるCRM
    2014年3月14日
    R. Desisto, C. Fletcher, J. Sussin, P. Stakenas

    デジタル・ビジネス、モビリティ、ビッグ・データ、ソーシャルなどのコンセプトを紡ぎ合わせることが、2014年の営業部門に増収をもたらす。
  • データベース管理システムのITマーケット・クロック:2013年
    2014年3月5日
    D. Feinberg, E. Thoo

    データベース管理システムのテクノロジは拡大しており、多くの新規参入企業が、新しい複雑なアプリケーション環境に取り組んでいる。ITリーダーは、展開のロードマップを策定し、価格を交渉し、投資の引き揚げを計画し、ポートフォリオを管理するために、各資産の成熟度とコモディティ度を理解する必要がある。
  • オペレーショナル・データベース管理システムのマジック・クアドラント
    2014年3月5日
    D. Feinberg, M. Adrian, N. Heudecker

    オペレーショナルDBMS (旧オンライン・トランザクション処理) 市場は、革新的な新規参入ベンダーや既存のベンダーが非構造化データやNoSQL DBMSエンジンの使用拡大を後押しする中、劇的に発展している。情報管理のリーダーは、DBMSテクノロジに関する意思決定を左右する市場の影響を理解する必要がある。
  • インメモリ・コンピューティングはERPのアーキテクチャと投資計画に大いに影響する
    2014年3月5日
    N. Rayner

    CIOとERPリーダーは、今後5年間にインメモリ・コンピューティングがERPに及ぼす主要な影響を評価し、それに沿った計画を立てるべきである。現在のERPロードマップと投資計画には見直しと修正が必要となる。
  • クラウド・コンピューティングが財務管理ビジネス・アプリケーションに与える3つの影響
    2014年3月5日
    J. Van Decker, N. Rayner, C. Iervolino

    クラウド・コンピューティングは、財務プロセスにベスト・オブ・ブリードの機能をもたらし、CPMにおけるハイブリッド・アプローチを可能にし、中堅企業向けの財務スイートの総合保有コストを削減する。ITリーダーは、中核的な財務管理機能をクラウドに移行することで、財務部門のクラウド活用を支援できる。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright