ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2014年8月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2014年8月発行)

  • モバイル・ミドルウェアの変革
    2014年8月25日
    V. Baker

    モバイル・アプリケーション開発プラットフォームのベンダーは、モバイル・アプリケーションの開発、テスト、展開のためのあらゆるものを提供しようと試みている。専門ベンダーは、クラウド版のモバイル・ミドルウェアを発売している。そのため、アプリケーション開発者は、サービスとしてのモバイル・バックエンドがMADPミドルウェアの代用になり得るかどうかを判断しなければならない。
  • IT部門はプライベートPaaSによってどのように変わり始めるか
    2014年8月25日
    Y. Natis

    IT部門は、プライベートPaaSの施策によって、事業部門に対する社内サービス・プロバイダーになり、ハイブリッドIT環境の管理という増大する負担に直面することになる。この過程でIT部門は、職人的で内輪のソフトウェア・ラボから、産業的なWebスケールのITサービス機関へと変化し始める。
  • 新規PMO向けのロードマップによる適切なスタート
    2014年8月25日
    M. Hanford

    ガートナーでは、多くの新米マネージャーから「新しいプロジェクト/プログラム管理オフィスを立ち上げるには、何から着手すればよいか」と尋ねられる。初期のPMOは、行動ばかりで考えが不十分なことが多い。本リサーチノートでは、PMOマネージャーが、細部にとらわれて迷ってしまう前に、価値や人に重点を置けるように支援する。
  • PMOの適切性を確保するための行動指針
    2014年8月25日
    L. Mieritz

    本リサーチノートでは、プロジェクト/プログラム管理オフィスの適切性を維持するために、プロジェクト・ポートフォリオ管理リーダーが取れる主な行動を探る。
  • モバイル・デバイスは営業アプリケーションにとっての
    主要な破壊的要素である

    2014年8月15日
    R. Desisto

    モバイル・デバイスは、数十年前にノートPCが発売されて以来、営業支援に最大の影響を及ぼしている。このトレンドを生かすために、営業アプリケーション・マネージャーは、SFAのプロジェクトや実装にあらためて注力すべきである。
  • マルチチャネル・キャンペーン管理のマジック・クアドラント
    2014年8月15日
    A. Sarner, J. Beck, J. Hopkins

    顧客エンゲージメントのためにマルチチャネル・キャンペーンが達成しなければならないパフォーマンスのレベルは高まり続けている。本マジック・クアドラントでは、プロバイダーの強みと弱み、さらにはプロバイダーがどのようにこれらの新しい需要に適応しているかを示す。
  • 強力なモバイル・コンシューマー向けアプリケーションを提供するための
    6つのベスト・プラクティス

    2014年8月15日
    M. Maoz

    本リサーチノートでは、CIOとマーケティング責任者がモバイル・テク ノロジとプロセスを活用して収益を高め、顧客ロイヤリティを推進できるよう、6つの重要なベスト・プラクティスを提供する。
  • 従業員のソーシャル関係強化に関するヒント、
    ユースケース、メリット:2014年

    2014年8月15日
    C. Rozwell, J. Sussin

    ソーシャル化を目指している企業は、従業員の俊敏性向上と関係強化をサポートするコンシューマー向けのテクノロジとサービスを受け入れるべきである。本リサーチノートでは、リーダーが業績を改善する方法を解説するとともに、従業員に対応する優れたユースケースを例示する。
  • サーベイ・アナリシス:2013〜2023年のクラウドERP採用
    2014年8月15日
    N. Rayner

    ガートナーが2013年9月に実施したGartner Research Circleへの調査結果から、コアERPシステムをクラウドに移行することに非常に意欲的な企業の存在が明らかになった。CIOやアプリケーション・リーダーは、自社のクラウドERPの採用計画を、業種や企業規模に基づく本調査の結果と比較されたい。
  • ビッグ・データにおける注目ベンダー:2014年
    2014年8月5日
    F. Buytendijk, N. Ingelbrecht, H. Horiuchi, A. McIntyre,
    M. Adrian, N. Heudecker

    ビッグ・データはハイプの頂点にあり、顧客数が多くなくても重要なプレーヤーと見なされている小規模ベンダーにとっては有利な状況にある。しかしながら、ハイプが過ぎると、ビッグ・データと呼ばれているものが従来のデータと同様になると予想される。注目ベンダーは、定評のあるプレーヤーと競り合うために、早急に地位を確立する必要がある。
  • 組織の流動性によってデジタル・ビジネスへの態勢を整える
    2014年8月5日
    E. Olding, C. Rozwell

    トップダウン方式で組織変更を強制しても、デジタル・ビジネスの世界では結果を得られない。組織の流動性によって、従業員はビジネス・モーメントを生かすことが可能になる。CIOと事業部門リーダーは、その点を、他社が容易に模倣できない競争上の優位性として活用すべきである。
  • Webサイト、ポータル、モバイル・アプリ向けの
    プラットフォーム・アプローチが、市場投入までの期間と
    ユーザー・エクスペリエンスを改善する

    2014年8月5日
    G. Phifer, J. Murphy

    Webサイト、ポータル、モバイル・アプリは、サードパーティの関与を受けつつ、一貫性のない個別のツールを使用して企業のサイロ内に構築されることが多い。プラットフォーム・アプローチは、市場投入までの期間の短縮やユーザー・エクスペリエンスの改善に関して、ITマネージャーおよびエグゼクティブを支援することができる。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright