ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2014年9月発行)

リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2014年9月発行)

  • グローバルIT管理シリーズ1-1:ITのグローバル化を考えるフレーム ワーク
    2014年9月30日
    E. Matsubara

    日本企業がグローバル化を推進する際は、ITにもグローバル化が求められる。グローバルIT管理シリーズ1では、ビジネスのグローバル化が進んだにもかかわらず、ITがローカルなままにある企業を対象に、ITをグローバル化する上での主要な課題について解説する。本リサーチノートでは、グローバルIT管理を考えるに当たり、ビジネスのグローバル化とITのグローバル化を同時に考えるフレームワークを提示する。
  • グローバルIT管理シリーズ1-2:グローバル・アプリケーションの 開発とインフラの構築
    2014年9月30日
    E. Matsubara

    ITのグローバル化を進める際には、アプリケーション開発やインフラの構築もグローバル化する前提で考える必要がある。これまで、国内ユーザーの要件のみで開発を行ってきたIT部門や、国内のデータセンターでしかITインフラを構築した経験がないIT部門は、チャレンジに応える必要がある。
  • グローバルIT管理シリーズ1-3:管理プロセスの構築
    2014年9月30日
    E. Matsubara

    グローバルIT管理は、コスト削減のプロジェクトと同じように、一度行えばそれで終わりというものではない。これまで、ローカルな状態にとどまっていた海外現地法人のITをグローバル化して、その状態を継続的に維持していかなければならない。これを担保するためには、IT部門の業務プロセスであるIT全体企画・開発・運用に、グローバル対応の管理プロセスを組み込んでいく必要がある。
  • ITコストをビジネス価値の観点で表す方法
    2014年9月19日
    J. McGittigan, K. Potter, M. Smith

    ITコストによってもたらされる利益は、全社で共有されるために理解されにくく、常に企業の利害関係者の圧力の下にある。事業部門が理解できる形でITコストを示すことで、CIOやIT予算リーダーは話し合いの内容を、コスト削減からITがもたらす価値へと切り替えることができる。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright