ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2014年10月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2014年10月発行)

  • クラウド・サービス統合に最適なプラットフォームの選定
    2014年10月24日
    M. Pezzini, B. Lheureux

    クラウド・サービスの統合はデジタル時代の重要な課題であり、統合担当ディレクターは、オンプレミス、サービス、双方のハイブリッド・プラットフォームという3つの主要な選択肢からの選定に苦戦しかねない。最適な選択は、ビジネスおよび技術上のニーズ次第であるものの、戦略的な留意点にも左右される。
  • サーベイ・アナリシス:ITリーダーのグループウェア満足度調査 (2014年)
    2014年10月15日
    K. Shiga

    ガートナーITデマンド・リサーチが2014年5月に実施した、企業のITの導入や管理に携わるITリーダー向けのグループウェア満足度調査によると、Google Appsの評価が高くなっていることが分かった。
  • クラウド・アプリケーション開発について知っておくべきこと
    2014年10月15日
    M. Driver

    クラウド・アプリケーションの開発と導入をサポートするアーキテクチャの選択は、品質と適時性に影響し、成否の分かれ目にもなり得る。ITリーダーは、手痛い失敗を回避し、クラウド・アプリケーション開発の作業を最適化するために、本リサーチノートに示すベスト・プラクティスに従うべきである。
  • ブラウザ戦略に対する両面アプローチ:
    レガシー・ブラウザ戦略とモダン・ブラウザ戦略

    2014年10月15日
    D. Smith, R. Valdes

    CIOは、レガシー・アプリケーションのサポートと最新のテクノロジやアプローチに対する要求が高まる中、ブラウザ戦略を調整するという課題に直面している。既存の企業標準ブラウザの戦略を維持することは、ますます困難に、あるいは不可能になりつつある。
  • ソーシャル・ソフトウェアとコラボレーションの注目ベンダー: 2014年
    2014年10月15日
    M. Gotta, K. Shiga, N. Drakos, M. Basso, A. Sato, A. Preset

    ソーシャル・ソフトウェアとコラボレーション市場のベンダーは、従来のコラボレーション分野内で独自の価値を生み出すか、あるいは新しいコラボレーション分野を探ることによってイノベーションを続けている。ITリーダーには、この新興テクノロジを使って革新的なビジネス価値を実現する機会がある。
  • アプリケーション統合担当者のジレンマ:バイモーダル・アプローチで、統合における俊敏性と制御のバランスを実現できるか
    2014年10月10日
    B. Lheureux, M. Pezzini, K. Guttridge

    デジタル化、「力の結節」(Nexus of Forces)、API、そして事業部門による「ハイスピード」のアダプティブ(適応型)統合アプローチを採用することによって、これまでの一元的な、統合コンピテンシ・センター主導のシステマティック(体系型)統合アプローチは、融通の利かない手法になった。その結果、これらの両アプローチを組み合わせた連携的なバイモーダル統合アプローチの時代が到来した。
  • BIとアナリティクスのハイプ・サイクル:2014年
    2014年10月3日
    K. Schlegel

    本ハイプ・サイクルは、ITリーダーが新たなテクノロジへの投資に優先順位を付けることにより、自社のビジネス・インテリジェンスとアナリティクスの計画を近代化できるよう支援するものである。
  • ビッグ・データのハイプ・サイクル:2014年
    2014年10月3日
    F. Buytendijk

    ビッグ・データは、ハイプ・サイクルのピークを過ぎて、幻滅期に向かっている。これは悪いことではない。市場が成熟し始め、ビッグ・データが大小さまざまな企業にどのように役立ち得るかについて、より現実的になりつつあることを示している。ビッグ・データは、ビジネスにおいて「当たり前の存在」になる。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright