ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2014年11月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2014年11月発行)

  • DNS、DHCP、IPアドレス管理のマーケット・ガイド
    2014年11月28日
    A. Lerner, L. Orans

    インフラストラクチャとオペレーションの担当者は、DNS、DHCP、およびIPアドレス管理のソリューションを利用することにより、ネットワークの可用性を改善し、運用コストを削減し、重要なインフラストラクチャの管理を簡潔にし、合理化することができる。
  • データ重複排除バックアップ・ターゲット・アプライアンスのマジック・クアドラント
    2014年11月28日
    P. Rinnen, D. Russell, J. Chang

    データ重複排除バックアップ・ターゲット・アプライアンスは、バックアップ用テープの削減や廃止に貢献する役割を担っている。本マジック・クアドラントでは、こうしたアプライアンスを提供しているベンダーから11社を取り上げている。ストレージ担当者は、最終候補の選定に活用されたい。
  • ITサービス管理の「次のプラクティス」トップ10
    2014年11月28日
    T. Bandopadhyay

    すべてのモノをサービスとして提供する、すなわち「Everything as a services」モデルになりつつあるクラウド・コンピューティングがもたらす新しい課題に対応するには、新たなツール、スキル、ITサービス管理プラクティスが必要である。人材、プロセス、テクノロジ、ビジネスの管理に関する将来に備えたプラクティスと対応能力は、社内外のITサービス・プロバイダーにとって差別化要因となり得る。
  • インフラストラクチャ・キャパシティ計画をいかに策定するか
    2014年11月28日
    I. Head, M. Govekar

    ITサービス管理の重要な分野であるキャパシティ/パフォーマンス・プランニングは、俊敏性と資本効率に優れたインフラストラクチャを構築する鍵である。インフラストラクチャ部門のリーダーは、投資を事前対応的に正当化し、キャパシティ不足に起因するサービス・レベル合意への違反リスクを低減して、ビジネス部門の満足度を高めるために、こうしたアプローチを採用することができる。
  • サイバー攻撃の次の標的にならないために:ITセキュリティ支出の2014年の優先順位
    2014年11月20日
    C. Casper, E. Stegman, R. McMillan

    ITセキュリティ予算の健全なプランニングを行うには、市場の平均を広く浅く見渡すことが必要である。メディアによるハイプに注意し、ビジネス要件を重視し、自社が属する業界と地域において他社が何に投資しているかを考慮に入れる。
  • エンタプライズ・バックアップ・ソフトウェアと統合アプライアンスのマジック・クアドラント
    2014年11月20日
    D. Russell, P. Rinnen

    エンタプライズ・バックアップは、ITプロフェッショナルにとって最も実行頻度が高く、古くから行われてきた作業の1つである。本マジック・クアドラントでは、従来型のものから革新的なものに至る各種のリカバリ機能を提供している主要ベンダーを分析して評価する。
  • ガートナーのMIPS評価:IBM zEnterprise EC12プロセッサ
    2014年11月20日
    M. Chuba, J. Phelps

    ガートナーではzEnterprise EC12メインフレーム・システムのパフォーマンスをMIPSで評価しており、多くのソフトウェア・ベンダーは、ライセンス料金を決定する際に、ガートナーのMIPS評価を指標としている。今後のメインフレーム・ソフトウェアのコスト計算のガイドとして、本リサーチノートを活用されたい。
  • ガートナーのMIPS評価:IBM zEnterprise BC12プロセッサ
    2014年11月20日
    M. Chuba

    ガートナーではzEnterprise BC12のパフォーマンスをMIPSで評価しており、多くのソフトウェア・ベンダーは、ライセンス料金を決定する際に、ガートナーのMIPS評価を指標としている。データセンター・マネージャーとIT調達マネージャーは、本リサーチノートを世代間アップグレードの計画や、今後のメインフレーム・ソフトウェア・コスト計算に役立てられたい。
  • オープンソース・ソフトウェアの広範な利用は、強力かつ効果的なガバナンスがなければ実現できない
    2014年11月20日
    M. Driver

    2016年までに、主流のIT部門のほとんどは、ミッション・クリティカルなITソリューションでオープンソース・ソフトウェアの何らかの要素を(直接的または間接的に) 利用することになる。ただしその大半は、リスクの最小化と投資収益率の最大化を可能にする方法において、オープンソース・ソフトウェアを効果的に管理することができない。
  • EMM/MDM展開時に起こり得る10の失敗を回避する方法
    2014年11月20日
    R. Smith, J. Girard

    EMM/MDMソフトウェア展開時の失敗は、事前の準備と計画によって回避できる。本リサーチノートでは、モバイル/セキュリティ・スペシャリスト向けに、最も一般的な失敗について詳細に説明し、一連の問題に対する実用的な解決策を示す。
  • サーベイ・アナリシス:ビッグ・データに向けた部門間協業の実態とリーダーシップ
    2014年11月14日
    M. Suzuki

    ビッグ・データに取り組む日本企業が6割を超える状況になったものの、 取り組んでいく道のりは必ずしも平坦ではない。ビジネス成果につなが らない、実証実験以降は中断している、そもそも何を目指せばよいか分 からない、といった声がガートナーに寄せられている。本リサーチノー トでは、2014年8月のユーザー調査結果を基に、ビッグ・データに向け た活動の問題点について分析する。
  • サーベイ・アナリシス:ビッグ・データにかかわるIT部門のコア・コンピタンスと人材育成
    2014年11月14日
    M. Suzuki

    IT部門がビッグ・データに取り組んでいく上で、ビジネス部門との連携 が最も高いハードルとなっている。ビジネス部門が独自にテクノロジ活 用を進める流れが強まる中で、IT部門がコア・コンピタンスとすべきも のは何か。またどのような人材が必要になるのか。本リサーチノートで は、2014年8月のユーザー調査結果について分析する。
  • データセンター間の接続テクノロジを概観する
    2014年11月14日
    K. Tazaki

    外部データセンターの利用、BCP/DRの見直しや強化が進むにつれ、デー タセンター間の接続を検討する企業が増えてきている。本リサーチノー トでは、データセンター間の接続が必要とされる背景を明らかにし、現 在どのような手法があるのか、また、その注意点についても考察する。
  • 外部データセンター:その選択は間違っていないか
    2014年11月14日
    K. Tazaki

    企業が外部データセンターを選定する際の要件は一様ではないが、基本 的には「立地」「施設/設備」「サービス」「コスト」の4つの視点で 網羅される。しかし、技術や社会環境、事業形態などの外的および内的 要因により、着目すべき項目やその優先度が大きく変わってくるという 点を見落としてはならない。
  • スマート・マシンの注目ベンダー:2014年
    2014年11月10日
    T. Austin, K. Brant, A. Gupta, A. Linden, C. Rozwell, A. Ghubril

    スマート・マシンは今後10年で実用化されるテクノロジである。IBMのWatsonやGoogle Now、AppleのSiriなどで知られるこのカテゴリに参入した小規模な開発企業は数百社に上る。スマート・マシンは、ユーザーの作業効率を高めると同時に、企業の雇用面でのチャレンジを提起するであろう。本リサーチノートでは、スマート・マシンに関して注目すべき5社を取り上げる。
  • アダプティブ・アクセス・コントロールのテクノロジ概要
    2014年11月10日
    A. Allan

    アダプティブ・アクセス・コントロールとは、信頼度のレベルとリスクのバランスを保つ目的で機能するコンテキスト・アウェア型のアクセス・コントロールの一例である。企業は、この手法を採用することによって、ユーザー・エクスペリエンスの質を高めつつ、アクセスに関連するリスクに一段と適切に対処できるようになる。
  • IoTが企業にもたらすインパクト − パート3:企業は何から始める べきか
    2014年11月5日
    T. Ikeda

    モノのインターネットはさまざまなビジネスのあらゆる側面にインパクトを及ぼし、その実現に必要なテクノロジもまた、多岐にわたることになる。今こそ企業は、このビジネスの可能性を追求し、それを実現し得る適切なテクノロジの選択に向けて準備を始めるべきである。本リサーチノートでは、テクノロジ、プロセス、人という観点からモノのインターネットを捉え、企業が着手すべきポイントを解説する。

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright