ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2015年2月発行)

リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2015年2月発行)

  • ベンダー管理オフィス:定義と役割 (2015年版)
    2015年2月27日
    S. Yamanoi

    ベンダー管理は、IT部門にとって重要な業務の1つとなった。日本企業 のITリーダーは、まずベンダー管理に求められる役割を明確にし、組織 化 (ベンダー管理オフィスを設置) を進める必要がある。
  • 2015年の展望:成長の「種」を模索する日本のITサービス市場
    2015年2月27日
    T. Ebina, A. Nakao

    日本のITサービス市場は成熟しつつあり、ITサービス・プロバイダーは 持続的に成長するための施策を迫られている。本リサーチノートでは、 アプリケーション関連サービスとインフラストラクチャ関連サービスの それぞれについて、国内ITサービス・プロバイダーが将来のビジネス計 画を立てる上で考慮すべき2015年以降の市場の方向性を展望するととも に、プロバイダーへの提言を行う。
  • 2015年の展望:「ビジネス成果」と「スピード」の追求がアプリケーション・サービスのデリバリ・モデルを変える
    2015年2月25日
    T. Lo, G. van der Heiden, F. Karamouzis, S. Matson, P. Sullivan,
    A. Soejarto, S. Tan

    本リサーチノートでは、アプリケーション・サービスの利用企業とプロ バイダーを対象に、ビジネス成果と結果を出すまでのスピードに着目し、アプリケーション・サービスのデリバリ・モデルがどう変化するかを解説する。
  • 2015年の展望:クラウドとデジタル・ビジネスが形作る未来のITサービス市場戦略
    2015年2月25日
    A. Young, A. Roy, E. Anderson, B. Igou, J. Short, S. Tan, T. Tang

    ITサービス市場では、クラウドとデジタル・ビジネスが促す変革性が注 目されており、これらは供給と需要の両方に影響を及ぼすことになる。 その結果として、ITサービス消費の選択肢は「サービス型」に移行し、 企業はデジタル企業になる。
  • 2015年の展望:日本のソーシング戦略に表れる「変化の予兆」
    2015年2月13日
    Y. Adachi, S. Yamanoi

    日本のITリーダーは、2015年以降のソーシング戦略と管理において、類例のない分野やトレンドへの対応を迫られつつある。特に、デジタル化に関連する企画および実行と多様化するソーシング・モデルの取り込み は大きな課題になるであろう。本リサーチノートでは、人材、オフショアリングやクラウドソーシングなどの新興ソーシング・モデル、デジタライゼーションの3点から、2018年までの動きと影響を展望するととも に、ITリーダーへの提言を行う。
  • 2015年の展望:転換期を迎える日本のグローバル・ソーシング
    2015年2月13日
    Y. Adachi

    日本企業のグローバル・ソーシング環境は、技術、経済、各国の政策などの影響を受けて変容しつつある。本リサーチノートでは、日本のオフショアリングとニアショアリング (国内地方) を取り上げ、2018年まで の変化とIT部門への影響を展望する。
  • 2015年の展望:「生産性」と「デジタル」がベンダー選定の肝
    2015年2月13日
    S. Yamanoi

    日本のITリーダーは、2015年以降のソーシング戦略と管理において、新たなトレンドへの対応を迫られている。本リサーチノートでは、日本企業のITサービス・ベンダー管理に及ぶ影響を取り上げ、2018年までの展 望を述べた上で、特にベンダー選定において留意すべき視点について提言する。
  • 2015年の展望:ITベンダー管理の焦点はコストからリスクへ移行する
    2015年2月13日
    C. Ambrose, G. Sullivan, L. Cohen

    ITベンダー管理のリーダーは、自社のIT/デジタル・サプライチェーンにおけるITベンダーの重要性を認識している。つまりこれは、コストの管理とベンダー・パフォーマンスの向上にとどまらず、ベンダー・エコシステムの安定性を確保しなければならないということである。
  • 2015年の展望:ソーシング戦略の主眼は「持続・耐久」から「適応・進化」へ
    2015年2月13日
    F. Karamouzis, C. Da Rold, W. Maurer, K. Doering,
    G. van der Heiden, E. Anderson, R. Jivan

    デジタル・ビジネスとスマート・マシンの進化により、ビジネス成長は加速し採算性も向上するが、企業は将来のビジネスとITサービスのソーシング方法の見直しを迫られる。ソーシング担当幹部は、サービス・ソーシング戦略を改善すべく、ガートナーの予測を使用されたい。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright