ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2015年7月発行)

リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2015年7月発行)

  • ITコスト管理に関する10の絶対的真理
    2015年7月17日
    M. Smith

    CIOは、ITのコストについての説明を求められることが少なくない。これに対処するために、CIOは、ビジネスに用いられる手法と同じ方法を使ってコストを管理する必要がある。本リサーチノートでは、ITコストを管理するための10の基本概念を説明する。
  • モード2を取り入れ、「2つの流儀」のIT部門を始動せよ
    2015年7月17日
    M. Mesaglio, S. Adnams, S. Mingay

    CIOは、相反する2つの圧力のはざまで苦悩している。すなわち「安定性とパフォーマンスが高くセキュアなサービスを提供する」という圧力と、「アジャイル、革新、テクノロジに重点を置いたサービスを迅速に提供する」という2つの圧力である。「2つの流儀」のIT部門であれば、どちらにも対処する方法を提供できるが、多くのCIOは、どこから着手すればよいか十分に認識できていない。
  • 「2つの流儀」の能力で企業の俊敏性を実現する方法
    2015年7月17日
    S. Mingay, M. Mesaglio

    デジタルによる変革に直面しているITリーダーは、さらにイノベーショ ンを進め、不確実性の管理を改善し、俊敏性を高めなければならないこ とを認識している。しかし、ITリーダーは、ビジネスを運営し、日常的 なパフォーマンス目標を達成しながらこれを実現しなければならない。 そのため「2つの流儀」の能力が不可欠となる。
  • ステアリング・コミッティに実効性を持たせるための道筋
    2015年7月15日
    M. Hanford

    ステアリング・コミッティを立ち上げることは簡単である。ただし、運営するとなると、組織の脆弱性が明らかになり、短期間で解散する場合も少なくない。その背景には、不適切な運営モデルや、組織を支援するエコシステムの欠如があることが多い。本リサーチノートでは、ステアリング・コミッティに実効性を持たせるための道筋を示す。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright