ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2015年12月発行)

リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2015年12月発行)

  • アジャイル開発サービスを契約する方法
    2015年12月25日
    N. Barton G. van der Heiden N. Wilson

    ソーシング・マネージャーは、コラボレーションによるアジャイル・ソ フトウェア開発を可能にする柔軟な文化と、厳格なアプリケーション・ アウトソーシング契約管理の規律を調和させるという課題に直面してい る。アジャイルを開発サービスに採用するには、ベンダーのデリバリ状 況を確認しながら、ソーシング戦略を変更しなければならない。
  • 2016年の展望:インフラストラクチャ関連サービスは、「スマート」 「IoT」「グローバル」で選ぶ
    2015年12月25日
    A. Nakao

    「スマート・マシン」や「IoT」などのテクノロジの活用推進、「グロー バル対応」の拡大に伴い、ITリーダーにとってベンダーを見極める力が 重要になっている。本リサーチノートでは、これら3つのトピックを取 り上げ、今後のインフラストラクチャ関連サービスの展望を示すととも に、日本のITリーダー/ベンダーが取るべき施策を提言する。
  • SAPアプリケーション運用サービスのマジック・クアドラント:世界市場
    2015年12月18日
    K. Doering F. Karamouzis G. van der Heiden

    本マジック・クアドラントでは、SAPアプリケーション運用サービスを提供するプロバイダー17社の能力を評価する。ソーシング・エグゼクティブは、適格なプロバイダー候補を特定し、それらの評価結果を関係者と共有するために、本マジック・クアドラントを活用されたい。
  • モビリティ・サポート・テクノロジがITサービス・コストを削減し、用途を拡大し続ける
    2015年12月18日
    D. Ackerman H. Huntley D. Barros

    サービスの複雑化に伴い、新たなテクノロジとアプローチが求められ、モビリティ・サポートに対する企業の需要が増大しつつある。ソーシング・マネージャーは、モビリティ・サポート分野で確実に効果的なサービスを提供し、コスト削減の推進を継続するための知見を必要としている。
  • デジタル・ビジネスの実現を支えるアプリケーション実装のベスト・プラクティス
    2015年12月18日
    T. Ebina

    本リサーチノートでは、IT部門がデジタル・テクノロジと連携したアプリケーションを実装することによって、営業活動やマーケティングなどの顧客対応に直接影響する業務を改革する(フロント・イノベーション)ためのベスト・プラクティスを紹介する。また、フロントオフィス業務を支えるアプリケーション(フロントオフィス・アプリケーション)の実装方針や、関連サービスの調達といった観点から、先行企業に共通して見られる特徴を解説する。
  • ビジネス・プロセス・サービスとアウトソーシングのハイプ・サイクル:2015年
    2015年12月18日
    M. Yeates

    ビジネス・プロセス・サービスとアウトソーシング市場は、テクノロジに組み込まれるソリューションの増加とデリバリ・モデルおよび契約アプローチの変化に従い、大きな変貌を遂げつつある。本ハイプ・サイクルでは、ソーシング、ビジネス向け機能、グローバル・プロセス管理を担当するリーダー向けに、これらのサービスを取り巻くハイプを解説する。
  • デジタル・ビジネスが従来のサービス契約に終止符を打つ
    2015年12月15日
    F. Ridder

    アウトソーシングとコンサルティングによるデジタル・ビジネス・イニシアティブの外部サポートは進化しつつあり、新たな契約締結のアプローチが不可避である。ソーシング担当幹部は、今後サービス契約が大幅に変化する可能性を想定して対策を取らなければ、自社をリスクにさらすことになる。
  • データセンター・アウトソーシングとインフラストラクチャ・ユーティリティ・サービスのマジック・クアドラント:北米
    2015年12月15日
    W. Maurer D. Ackerman C. Tenneson

    北米では、上位21社のプロバイダーが340億ドル以上に相当するデータセンター・アウトソーシング・サービスとインフラストラクチャ・ユーティリティ・サービスを提供している。本マジック・クアドラントでは、これらのプロバイダーとそのソリューションを実行能力と戦略的ビジョンを基準に評価する。ソーシング担当幹部はこの分析を利用することで、この急速に変化している市場から戦略的プロバイダーを選定できる。
  • データセンター・アウトソーシングとインフラストラクチャ・ユーティリティ・サービスのマジック・クアドラント:欧州
    2015年12月15日
    C. Da Rold G. Tramacere G. Petri D. Mishra

    欧州では、上位18社のプロバイダーが190億ドル相当のサービスを提供している。本マジック・クアドラントでは、これらのプロバイダーとそのソリューションを実行能力と戦略的ビジョンを基準に評価する。ソーシング担当幹部は本マジック・クアドラントを利用することで、この急速に変化している市場から戦略的プロバイダーを選定できる。
  • データセンター・アウトソーシングとインフラストラクチャ・ユーティリティ・サービスのマジック・クアドラント:APAC
    2015年12月15日
    D. Mishra F. Ng A. Roy

    本マジック・クアドラントでは、アジア太平洋地域全体をカバーし、複数の国でサービス提供能力を実証しているデータセンター・アウトソーシング・プロバイダーの上位8社を評価する。ソーシング担当幹部は、本市場および市場内のプロバイダーやサービスを対象にしたガートナーの分析を、データセンター・プロバイダーの選定に役立てられる。
  • エンドユーザー・アウトソーシング・サービスのマジック・クアドラント:欧州
    2015年12月15日
    G. Tramacere C. Da Rold F. Troni E. Goodness

    ガートナーは、欧州のエンドユーザー・アウトソーシング・サービス市場におけるプロバイダー18社を取り上げ、実行能力とEUOサービスの将来に向けた戦略的ビジョンに応じて、各社を位置付けた。ソーシング担当者は、主なトレンド、プロバイダー、サービスに関するガートナーの分析を参考にすることで、多数のサービス・プロバイダーの中から適切なプロバイダーを選択することができる。
  • エンドユーザー・アウトソーシング・サービスのマジック・クアドラント:北米
    2015年12月15日
    D. Ackerman D. Barros H. Huntley

    北米のエンドユーザー・アウトソーシング・サービス市場において新たなソリューションが生まれたことにより、サービス・プロバイダーによるサービスデスク/ヘルプデスク、デスクトップ、モビリティの各ニーズの管理に関心が寄せられている。ソーシング・マネージャーは、本マジック・クアドラントを利用して、自社のアウトソーシング目標に最適なプロバイダーを評価することができる。
  • 新たなテクノロジがデジタル・ワークプレースのアウトソーシングを実現
    2015年12月15日
    F. Troni G. Tramacere D. Ackerman F. Ridder

    エンドユーザー・アウトソーシング・サービスがデジタル・ワークプレース・サービスに変わるにつれて、テクノロジ・ベンダーは俊敏性の高い作業環境のための製品を設計することにより、具体的なビジネス・メリットを提供し、新世代のアウトソーシング・サービスを実現する必要に迫られている。
  • 2016年の展望:アウトソーシング/社内体制の両面で「再検証」を迫られるアプリケーション関連サービス
    2015年12月4日
    T. Ebina

    国内企業では、バックオフィス業務を中心に、パッケージを用いたアプリケーションのグローバル展開や、グローバル運用が急務となっている。フロントオフィス・アプリケーションにおいても、デジタル・テクノロジの取り込みに向けた模索が続いている。これらの活動を進める企業では、ソフトウェア・ベンダーやサービス・プロバイダーとの関係に加え、社内のIT組織や人材のスキル/配置についても、「現状」の見直しが必要になっている。本リサーチノートでは、アプリケーション関連サービスについて、企業が将来のビジネス計画を立てる上で考慮すべき2016年以降の市場の方向性を展望するとともに、IT部門とプロバイダーへの提言を行う。
  • 2016年の展望:日本のグローバル・ソーシングにおける旧型・労働集約型モデルからの脱却
    2015年12月4日
    Y. Adachi

    これまで日本企業のグローバル・ソーシング(オフショアリングとニアショアリング)は、コミュニケーションを重視した労働集約型モデルが中核となっていた。しかし、提供側の変化によって旧型モデルの前提条件が壊れつつある。本リサーチノートでは、日本のITリーダーが押さえておくべきグローバル・ソーシングの展望を、プロバイダーおよびスマート・マシンによる影響の2点から解説する。
  • 2016年の展望:アウトソーシングの成否を分ける「分水嶺」
    2015年12月4日
    Y. Adachi S. Yamanoi

    ガートナーでは、アウトソーシング戦略の巧拙が、将来にわたる企業のソーシング全体の成否にますます多大な影響を与えると確信している。日本のITリーダーにとって、多様なソーシング・モデルの取り込み、ベンダー管理、既存アウトソーシング契約の改善が課題になるであろう。本リサーチノートでは、「戦略パートナー」と「フルスコープ型アウトソーシング」をトピックとして取り上げ、将来を展望するとともに日本のITリーダーが取るべき施策を提言する。
  • 2016年の展望:ベンダー管理の「体幹」を鍛える
    2015年12月4日
    S. Yamanoi

    本リサーチノートでは、日本企業のITサービス・ベンダー管理に関して、2016〜2019年を展望する。VMOへの関心が高まりつつあり、その設置に向けた取り組みが日本企業のIT部門でも徐々に進んでいるが、そのケイパビリティの獲得は「1日にしては成らず」である。また、デジタル・ビジネスをリードしたいIT部門は、ベンダー管理もそれに適応させねばならない。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright