ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2016年3月発行)

リサーチ分析レポート概要:ソーシング&ITサービス(2016年3月発行)

  • ソーシングにおけるベンダー・リスク管理 (その1):「感知指標」を 定義する
    2016年3月31日
    S. Yamanoi

    「ベンダー・リスク管理」はベンダー管理における新たな注力分野であ るが、ITリーダーが備えを万全にするには、まず「リスク」の予兆を感 知できる指標を知る必要がある。そこで本リサーチノートでは、ベン ダー・リスク管理の「最初の一歩」として、代表的なリスク指標を紹介 する。
  • 2016年の展望:スマート・マシンによって失われるオフショアリング の競争優位性
    2016年3月25日
    F. Karamouzis S. Notardonato R. Jivan

    スマート・マシン (コグニティブ・テクノロジを含む) およびアルゴリ ズムによるビジネスモデルの台頭が、「サービス提供能力=サービス提 供者」という図式を変えようとしている。ITサービスは、人件費の差で はなくハイパーオートメーションによる価格差から利益を得る取引へと 移行しつつある。ソーシング・リーダーは、新たな手法を検討しなけれ
  • サービスデスクの自動化がコストを削減し、満足度を向上させる
    2016年3月18日
    D. Ackerman H. Huntley D. Barros

    自動化と新たなプロセスがユーザーを引き込み、サービスを向上させる ため、サービスデスク/ヘルプデスクのビジネス需要が伸びている。 ソーシング・マネージャーは、コストを最適化し、効率を改善するため に、効果的なイノベーションの追加条項を契約に含めるべきである。
  • 2016年以降のソーシングとITサービスにかかわる重要展望の一覧
    2016年3月4日
    T. Ebina

    本リサーチノートでは、不透明感の増す環境の下で、ITリーダーが今後、 設計、導入、運用といったITサービスのソーシング計画を立てる際に参 照すべき、主要なリサーチノートを紹介する。ITサービスでは、利用形 態やサービス・プロバイダーの多様化が続いている。「グローバル化」 の継続や「デジタル化」の進展が、こうした多様化にさらに拍車を掛け ることが予想される。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright