ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2016年5月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2016年5月発行)

  • 2017〜2018年のIoTテクノロジのトップ10
    2016年5月31日
    N. Jones

    本リサーチノートでは、企業がデジタル・ビジネス戦略の一環として、 IoTの秘めるあらゆる可能性を引き出そうとする際に不可欠となる10の テクノロジを解説する。
  • ノートPCとデスクトップPCの推奨構成:2016年
    2016年5月31日
    K. Dulaney S. Kleynhans F. Troni

    新たなプロセッサの選択肢、新たなOS、フォーム・ファクタの変化により、企業向けPCの購入判断が複雑化している。IT部門の調達リーダーは、最新世代の企業向けプロセッサを評価し、ソリッド・ステート・ストレージに移行して、社内ユーザーの要件に最適な構成を選択する必要が ある。
  • サーベイ・アナリシス:IoTを早期に導入する企業は、2016年、顧客 にフォーカスする
    2016年5月25日
    C. Geschickter J. Tully

    IoTは、2016年、多くの業界で主流として採用されつつあることから、CIOは、本リサーチノートに記載されている調査結果、すなわち利点の特定、課題の予測、組織全体にわたるIoT関連におけるリーダーシップの正当化などを自社のIoT計画に利用されたい。
  • 効果的なクラウド・コンピューティング戦略を考案する
    2016年5月25日
    D. Cearley

    クラウド・コンピューティングは、ITとビジネスのあらゆる側面に影響するため、その影響を管理するには、高度なバイモーダル戦略と意思決定プロセスが必要になる。エンタプライズ・アーキテクチャ・チームは、企業の包括的クラウド戦略の立案作業を主導し、調整する上で最も適した立場にある。
  • アプリケーション配信コントローラのマジック・クアドラント
    2016年5月25日
    A. Lerner M. Fabbi J. Skorupa D. Ciscato

    アプリケーション配信コントローラは、企業データセンター/クラウド・ データセンター内においてアプリケーションの可用性、セキュリティ、 パフォーマンスを改善する重要なコンポーネントである。アプリケー ション配信コントローラの選定には、アプリケーション中心の観点に立 つスタッフの影響力が強まっており、本市場のイノベーションと変化が 加速している。
  • ユニファイド・コミュニケーション市場のマジック・クアドラント
    2016年5月25日
    B. Elliot S. Blood

    大企業向けユニファイド・コミュニケーション市場は成熟しているとガートナーは考えているが、製品の能力、市場フォーカス、ベンダーの強みは一様ではない。そのため企業は、ソリューションに深くかかわる前に、自社の優先事項とベンダーの強みを慎重に照合する必要がある。
  • 日本企業がクラウドでコスト削減を狙うために押さえておくべき10の 重要なプラクティス
    2016年5月25日
    T. Mataga

    「クラウドでコスト削減」は、誰しも一度は検討するテーマである。しかし、残念ながら現実はそれほど単純ではない。本リサーチノートでは、クラウドの利用によって真のコスト削減を狙う企業が、こうした状況に終止符を打ち、リアリティを持って次のステップを展開するための重要なプラクティスを整理する。
  • ハイパーコンバージェンスの次の局面に備えよ
    2016年5月20日
    G. J. Weiss A. Butler

    ハイパーコンバージド統合システムは完成したシステムではなく、進化の過程にあり、現在は新たなフェーズへの転換点にある。インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、継続的なアプリケーション・デリバリを盛り込むべく、ハイパーコンバージド統合システムのターゲットとするワークロードを拡大する必要がある。ターゲットとなるワークロードが拡大することによって、今後5年間にハイパーコンバージド統合システムの採用が主流となっていく。
  • 2016年の展望:クラウド・コンピューティングがデジタル・ビジネスを推進
    2016年5月20日
    D. Smith E. Anderson Y. Natis J. Heiser T. Bittman D. Toombs D. Cearley J. Mann N. Cannon G. Petri

    クラウド関連のテクノロジとプロセスが成熟するに従い、俊敏性、拡張性、弾力性の高いソリューションを実現する手段として、クラウドへの依存度がますます高まっている。競争優位の確立とコストの削減を実現するために、CIOおよびITリーダーは、クラウドの能力を活用できるよう継続的な自社の戦略の調整が必要である。
  • 2030年のビジネスとテクノロジを形作る6つの力
    2016年5月20日
    S. Prentice

    テクノロジ・ベースの6つのトレンドが、市場と資産の性質をも含むビジネスの基礎的条件を変えようとしている。本リサーチノートでは、2030年のビジネスがどのように変貌しているかを示すとともに、課題についてCIOがCEOを啓発する方法を提言する。
  • 従来型のアイデンティティ/アクセス管理を革新し、デジタル・ ワークプレースを成功に導く
    2016年5月20日
    A. Allan

    従来型のIAMのアプローチを採用すると、デジタル・ワークプレースの取り組みを妨げる恐れがある。IAMリーダーは、デジタル・ワークプレースのメリットを最大化するために、革新的なアプローチとテクノロジを採用すべきである。
  • 日本におけるミッション・クリティカル・サーバのマジック・クアドラント
    2016年5月2日
    T. Mataga H. Aoyama

    ミッション・クリティカル・サーバは、企業の基幹系システムを支える重要なサーバであるものの、歴史的な市場環境の変化に伴い、その将来の見通しは不透明になりつつある。日本市場においてミッション・クリティカル・サーバを評価しようとするユーザー企業は、本マジック・クアドラントを活用されたい。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright