ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2016年5月発行)

リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2016年5月発行)

  • ガートナーが推奨するITコスト最適化のトップ10のアイデア:2016年
    2016年5月31日
    J. McGittigan S. Solanki

    ガートナーは、過去数年にわたり、ITコスト最適化に関して数百社の企 業に提言を行ってきた。本リサーチノートでは、ガートナーがCIOおよ びITリーダーに最も頻繁に推奨しているITコスト最適化に向けた10の アイデアを示す。
  • デジタル・ビジネス時代のコスト最適化
    2016年5月31日
    B. Gomolski R. McAvey

    多くの組織は、デジタル・ビジネスへの資金供給において既に後れを 取っている。加えて景気の減速によって、投資を行う組織の能力がさら に脅かされている。CIOは、デジタル・ビジネスに資金を供給するため に、IT部門およびビジネス部門の両方においてコスト最適化に積極的に 取り組む必要がある。
  • 心をつかんで組織を率いる:モード2における自己組織型チームを 指揮する技
    2016年5月20日
    B. Papegaaij P. Meehan L. McMullen

    従来型の管理アプローチと階層型構造はあまりにも硬直的であり、対応 が遅すぎ、イノベーションを抑え込んでしまうため、モード2には適さ ない。本リサーチノートは、対応力と創造力を備えた自己組織型チーム から成るモード2組織を設計し、指揮していく方法を、リーダーに提示 する。
  • バイモーダル・ガバナンスに生まれつつあるモード2のプラクティス
    2016年5月20日
    B. Swanton D. Fitzgerald L. Mangi

    CIOおよびアプリケーション・リーダーは、モード2の運用を開始してそ の規模を拡大していくときに、エンタプライズ・アジャイルを実装する 際と同じ課題に直面しており、類似の新しいガバナンス・プロセスを採 用している。
  • コスト最適化の視点:2008年と2016年では何が違うのか
    2016年5月20日
    K. McGee K. Potter B. Gomolski J. McGittigan S. Solanki

    先行き不透明な経済状況の中で、IT担当役員は不安を覚え、ほんの数年 前に経験したコスト削減の時代が再来するのではないかと身構えている。 いくつかの困難な状況は2008年と類似しているが、2016年は当時とは異 なるとガートナーは考えている。その理由は主に2つあり、どちらもIT 部門にとっての朗報である。







本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright