ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2016年6月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2016年6月発行)

  • デジタル・コマースのマジック・クアドラント
    2016年6月24日
    C. Fletcher P. Gillespie J. Daigler S. Shen Y. Dharmasthira G. Alvarez

    デジタル・コマースは、カスタマー・エクスペリエンスの重要な要素と なっており、テクノロジ、ベンダー、サービスから成るエコシステムが 拡大している。本マジック・クアドラントでは、デジタル・コマース・ プラットフォームのプロバイダー21社を評価する。
  • 顧客エンゲージメント・センター向けワークフォース最適化の マジック・クアドラント
    2016年6月24日
    J. Davies S. Slaymaker

    ワークフォース最適化ソフトウェアの市場では、魅力的でコスト効率の 高い小規模ベンダーが、定評のあるリーダーに代わって浮上しつつある が、地域特化型であったり、マルチベンダー・エコシステムに依存した りすることもある。ガートナーでは、企業が自社のニーズに適したベン ダーを選べるよう、12社のベンダーを評価する。
  • 営業実績管理のマジック・クアドラント
    2016年6月24日
    T. Travis

    2015年に営業実績管理ソフトウェア市場は10%成長し、およそ7億1,500万ドルに達した。営業を支援するITリーダーは、短期的には営業インセンティブ報酬に注力すべきであるが、中期的には営業支援基盤および企業パフォーマンス管理のユースケースも考慮する必要がある。ベンダーの選定に当たっては、本マジック・クアドラントを役立てられたい。
  • エンタプライズaPaaSのマジック・クアドラント:世界市場
    2016年6月24日
    P. Vincent Y. Natis K. Iijima M. Driver A. Thomas R. Dunie

    クラウドのアプリケーション・プラットフォーム・テクノロジは、ITの 計画担当者がマルチチャネルのアプリやサービスの開発およびデリバリ にクラウドを活用しようとしているため、引き続き成長の中心にある。 本マジック・クアドラントでは、こうしたプラットフォームに対応して いる主なエンタプライズ向けベンダーを検証する。
  • エンタプライズiPaaSのマジック・クアドラント:世界市場
    2016年6月24日
    K. Guttridge M. Pezzini P. Malinverno K. Iijima J. Thompson E. Thoo E. Golluscio

    アプリケーション・マネージャーや統合ディレクターは、ハイブリッド なアプリケーション・ポートフォリオを統合するとともに、そうしたシ ステム内のデータへの容易なアクセスを提供するという課題に直面して いる。本マジック・クアドラントは、急速に発展するこうしたニーズに 応えるiPaaSベンダーの能力を評価するために活用することができる。
  • モバイル・アプリケーション管理のマーケット・ガイド
    2016年6月20日
    B. Taylor C. Silva

    ガートナーの顧客の間には、モバイル・アプリ管理ツールへの関心の急 激な高まりが見られる。本マーケット・ガイドでは、購入の可能性があ る担当者に情報を提供するために、代表的なソリューション・プロバイ ダーを評価する。モバイル運用とモバイル・アプリ開発のリーダーは、 本マーケット・ガイドをモバイル・アプリ管理市場の入門書として活用 されたい。
  • サーベイ・アナリシス:企業におけるアジャイルはどのようにつまずき、進化し、そして成功するか
    2016年6月15日
    M. West N. Wilson

    2015年にガートナーが実施した企業におけるアジャイルの調査からは、アジャイル・ソフトウェア開発がどのようにつまずき、主要なプラクティスを通じて進化し、そしてビジネス価値の実現に成功するかを知ることができる。CIOとアプリケーション・リーダーは、本リサーチノートの主要な所見と推奨事項を生かすことで、いっそうの成功を収められる。
  • ワークプレースのソーシャル・ソフトウェアのマジック・クアドラント
    2016年6月15日
    M. Gotta N. Drakos J. Mann

    ワークプレースのソーシャル・ソフトウェアの市場では、CRM、ビジネス・プロセス管理、プロジェクト管理などの隣接市場の影響が強まっており、長期的には、ソーシャル・ソフトウェアの枠を超えたソリュー ションを持つベンダーが有利になると予想される。本マジック・クアドラントでは、ITリーダーが自社のニーズに適したソーシャル・ソフトウェアを選定できるように、ベンダー14社を評価する。
  • 高度なアナリティクス・プラットフォームのマジック・クアドラント
    2016年6月3日
    L. Kart G. Herschel A. Linden J. Hare

    予測的アナリティクスや、その他の高度なアナリティクスは、アナリティクス市場で最も急速に成長しているセグメントである。SAS、IBM、KNIME、RapidMinerから成る本市場のリーダー・クアドラントには、新 たにDellが加わった。
  • ポストモダンERPをめぐる10の不都合な真実
    2016年6月3日
    M. Guay J. Ruggero

    ポストモダンERPによって柔軟性と俊敏性は高まるが、そこには「何事にも犠牲は付き物」という逃れられない現実がある。本リサーチノートでは、ポストモダンERPに関する「不都合な真実」を暴き、CIOとITリーダーが複雑性の増大を抑制するためのベスト・プラクティスを提示する。
  • ベスト・プラクティス:基幹系アプリケーション開発の俊敏性向上
    2016年6月3日
    Harutoshi Katayama

    バイモーダル開発のアプローチにおいて、一般に、基幹系アプリケーション開発は、品質・堅牢性を重視するモード1型として捉えられているが、モード1の開発は、デリバリ・スピードや俊敏性が乏しく、企業 の新しい取り組みの「足かせ」となることが多い。モード1が主流の基幹系アプリケーション開発において、デリバリの鈍重さを解決しようとアジャイル手法の導入が広がっているが、その適用は容易ではない。本リサーチノートでは、複数の企業の事例を基に、基幹系アプリケーション開発のスピードアップ、俊敏性向上の実現方法を探る。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright