ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2017年1月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2017年1月発行)

  • 統合システムのマジック・クアドラント
    2017年1月31日
    A. Butler P. Dawson J. Palmer G. Weiss K. Yamada

    統合システム市場はインフラの高度な融合化 (ハイパーコンバージェンス) が進む破壊的混乱の渦中にあり、その構図は、増え続ける新興ベンダー (一部は既に成熟) に大手システム・ベンダーが加わったものとなっている。それでもなお、インフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、ワークロード要件によってはストレージ・エリア・ネットワークとブレード・サーバまたはラック・サーバのいずれかをベースにしたソリューションが適切なケースもあることを認識する必要がある。
  • 中国に進出するグローバル企業に向けた、インフラストラクチャの3つのオプション
    2017年1月31日
    K. Ji B. Gill V. Fu

    中国での事業展開を計画していながら、現地で利用できるインフラストラクチャのオプションを認識していないグローバル企業が多い。I&O部門のリーダーは、コロケーション、クラウド・サービス、マネージド・サービスを含む具体的なオプションに精通すべく、中国国内のインフラストラクチャ市場を理解する必要がある。
  • 会話型AIがテクノロジおよびビジネスの世界を一新する
    2017年1月31日
    T. Austin M. Revang M. Hung

    エンタプライズ・アーキテクチャやテクノロジ・イノベーション担当リーダーは、会話型のAIプラットフォーム、アプリケーション、チャットボット、その他の仮想エージェント (会話型AIの視覚/聴覚インタフェースとして機能するもの) のほか、それらが新たにもたらす重要なビジネス機会と重大な問題点に備える必要がある。
  • デジタル時代に必要となるCTOの役割を定義する
    2017年1月20日
    B. Burton M. Blosch J. Dixon C. Howard

    デジタル・ビジネスとテクノロジの意思決定がますます複合化する中、従来のIT部門にある役割の多くが見直されつつある。こうした中、CTOの役割をデジタル時代のリーダーとして明確に定義していくことが重要となっている。
  • クラウド・ワークロード保護プラットフォームのマーケット・ガイド
    2017年1月20日
    N. MacDonald P. Firstbrook

    クラウド・ワークロードには、エンドユーザー向けエンドポイントとは異なるセキュリティ要件があり、プライベート/パブリックのハイブリッド・クラウド・コンピューティング・モデルを採用する場合にはこの要件の違いがさらに複雑になる。CISOは、ハイブリッド・クラウド・ワークロードの保護向けに設計された専用製品を展開しなければならない。
  • イノベーション・インサイト:ブロックチェーンのセキュリティ
    2017年1月20日
    J. Care D. Mahdi

    ブロックチェーンは、CISOにとって、信頼性を向上させる重要な手段となり得る。しかし、そのソリューションはいまだ不明確であり、標準は定まっておらず、規制もほとんど存在しない。したがってCISOは、十分な情報を得た上で、自社のリスク選好度とリスク許容度に鑑み、テクノロジ関連の意思決定を下す必要がある。
  • 今こそ、インターネットの脅威から自社サービスを隔離する時
    2017年1月20日
    S. Riley N. MacDonald G. Young

    サービスを公開しながらも勝手な接続要求を受け入れてしまうようなネットワーク設計は、リスクが高すぎる。複雑な、かつ相互接続された環境を想定していない設計は、今や時代遅れである。セキュリティ・リーダーは、ソフトウェア・デファインド・ペリメータやインターネットからアプリケーションを隔離する手法を採用することでリスクを低減できる。
  • DevOpsの取り組みの予算を確保する前に、I&Oリーダーが問うべき5つの質問
    2017年1月20日
    G. Spafford D. Williams

    DevOpsはITサービス・デリバリに対するアプローチとして比較的新しいものであるため、I&Oを担当するエグゼクティブにとって、顧客から見たDevOpsの取り組みの価値を評価することが困難な場合がある。本リサーチノートでは、提案中のDevOpsの取り組みのビジネスケースについてI&Oリーダーが理解を深めることができるようサポートすべく、5つの質問を解説する。
  • アプリケーション・リリース自動化のマジック・クアドラント
    2017年1月10日
    C. Fletcher D. Williams L. Wurster

    DevOpsや各種の自動化イニシアティブによってようやく実現した俊敏性をさらに拡大しようとしているインフラストラクチャとオペレーション部門のリーダーは、アプリケーション・リリース自動化ソリューションに注目している。これを利用すると、タスク自動化、環境モデリング、調整機能を最適な形で併用できるためである。
  • エンタプライズ・ネットワーク・ファイアウォールのマジック・クアドラント
    2017年1月10日
    A. Hils G. Young J. D'Hoinne R. Kaur

    ネットワーク・ファイアウォール市場の製品は「次世代」機能を実現しており、各ベンダーは機能の強みにおいて差別化を図っている。購入企業は、ベスト・オブ・ブリードの機能とコストのトレードオフを考慮する必要がある。
  • すべての企業にデジタル・プラットフォーム戦略が必要になる
    2017年1月10日
    B. Burton K. Moyer M. Blosch H. LeHong C. Howard D. Scheibenreif

    あらゆる企業が、ビジネス・エコシステムにおけるリーダーを目指す必要はない。しかし、デジタル・プラットフォーム戦略は、すべての企業に必要である。CIOは、デジタル・プラットフォームの開発をテクノロジおよびビジネスの戦略的プランニングに盛り込むために、ビジネス部門のリーダーと共同で対処しなければならない。
  • 破壊、そしてビジネスのデジタル価値:デジタル・エコノミーの台頭
    2017年1月10日
    S. Judah

    デジタル・ビジネスを加速させるには、ITの進化を新たなビジネスモデルに結びつけてビジネス価値を高めるアクションが必要である。このような新たな価値創出の機会を生かすために、企業のデジタル・リーダーは、CIOとともに「デジタル・エコノミー」を戦略に組み込み展開する必要がある。







本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright