ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2017年2月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2017年2月発行)

  • 2017年の展望:分散し複雑になったデータが情報インフラストラクチャの近代化を促進する
    2017年2月24日
    T. Friedman E. Zaidi R. Edjlali S. Sicular D. Feinburg A. Ronthal A. White M. Beyer E. Thoo A. Linden

    近代的な情報インフラストラクチャには、データの仮想化、オブジェクト・ストレージの活用、ストレージとコンピューティングの分離などが必要とされる。データとアナリティクスのリーダーは、デジタル変革に向けて、こうした技術を使いこなせなければならない。
  • Gartner Symposium 2016基調講演の重要インサイト:デジタル・プラットフォームの構築
    2017年2月24日
    P. Sondergaard D. Willis F. Buytendijk H. LeHong J. Lopez D. Scheibenreif J. Lovelock J. Santos

    CIOは、デジタル・ビジネスを形成し、ひいてはデジタル社会の台頭をもたらす広大なエコシステムに参加するために、新たなデジタル・プラットフォームを構築しつつある。CIOは、自身の組織とリーダーシップのスタイルを再考するとともに、自社が果たす役割を決めなければならない。
  • サービス指向アーキテクチャはどこから着手すべきか
    2017年2月24日
    M. O'Neill A. Thomas A. Gupta

    サービス指向アーキテクチャは、近代的なアプリケーション・アーキテクチャの根幹であるが、その取り組みで成功を収めることに多くの企業が苦労している。本リサーチノートでは、アプリケーション・リーダーが、モノリシックなシステムを解体し、デジタル・ビジネスに対応できるシステムにするに当たって、確実なスタート (または再スタート) を切れるよう支援する。
  • 2017年の展望:アプリケーションをデジタル・ビジネスに導くPaaSの革新
    2017年2月24日
    Y. Natis A. Ronthal M. O'Neill D. Feinberg P. Vincent M. Pezzini

    最先端および主流派のアプリケーション設計者に、革新的なプラットフォームの選択肢を最初にもたらすのが、サービスとしてのプラットフォームである。クラウドは、アプリケーション・プラットフォーム・サービスの主要なデリバリ・モデルになりつつある。
  • デジタル時代はグローバルに成長する絶好のチャンスである
    2017年2月24日
    K. Kawabe

    2進展するデジタル・テクノロジを顧客関連のアプリケーションに取り入れると、ビジネスのグローバルな発展に貢献することができる。本リサーチノートでは、その活用ポイントとインパクトを解説し、CIO/ITリーダーが取るべきアクションについて提言する。
  • 2017年の展望:統合、アナリティクス、カスタマー・エクスペリエンスの重要な転換期を迎えるCRM
    2017年2月24日
    E. Thompson O. Huang E. Golluscio M. Pezzini M. Maoz M. Davis G. Herschel

    2017年のCRMに関する展望では転換期に着目する。大半のアプリケーション・リーダーは近いうちに、ハイブリッド統合プラットフォームや、カスタマー・エクスペリエンス・アナリティクスに向けての総合的なアプローチ、そしてITを必要とするカスタマー・エクスペリエンス・プロジェクトの需要の増加を調整するITリレーションシップ・マネージャーに対して投資せざるを得なくなる。
  • 2017年の展望:統合、アナリティクス、カスタマー・エクスペリエンスの重要な転換期を迎えるCRM
    2017年2月24日
    E. Thompson O. Huang E. Golluscio M. Pezzini M. Maoz M. Davis G. Herschel

    2017年のCRMに関する展望では転換期に着目する。大半のアプリケーション・リーダーは近いうちに、ハイブリッド統合プラットフォームや、カスタマー・エクスペリエンス・アナリティクスに向けての総合的なアプローチ、そしてITを必要とするカスタマー・エクスペリエンス・プロジェクトの需要の増加を調整するITリレーションシップ・マネージャーに対して投資せざるを得なくなる。
  • 2017年の展望:日本における情報活用とコラボレーション
    2017年2月24日
    K. Shiga H. Horiuchi T. Ichishi

    2017年の展望では、デジタル・ワークプレース戦略を担当するアプリケーション・リーダーがどのように柔軟なワークスタイルの選択肢を拡大するかに着目する。本展望リサーチでは、企業の競争優位と従業員のエンゲージメントを追求するために、従業員がどこで働き、どのアプリケーションを使用し、どのように協業しているかに注目する。
  • 2017年の展望:デジタル・ワークプレースの自主選択を通じてビジネス成果を促進する
    2017年2月16日
    P. Miller N. Drakos C. Rozwell M. Cain J. Mann J. Murphy M. Gotta A. Preset G. Tay

    2017年の展望では、デジタル・ワークプレース戦略を担当するアプリケーション・リーダーがどのように柔軟なワークスタイルの選択肢を拡大するかに着目する。本展望リサーチでは、企業の競争優位と従業員のエンゲージメントを追求するために、従業員がどこで働き、どのアプリケーションを使用し、どのように協業しているかに注目する。
  • 2017年の展望:アナリティクスの戦略とテクノロジ
    2017年2月16日
    K. Schlegel A. Linden R. Sallam C. Howson S. Sicular J. Hare P. Krensky J. Tapadinhas J. Heizenberg

    データ・サイエンス・タスクの自動化によってプロフェッショナルなデータ・サイエンティストと市民データ・サイエンティスト双方の生産性が向上することは、データ/アナリティクス・リーダーに、大いにメリットをもたらす。このトレンドはスキル不足の解消に役立つが、分析コンテンツの配布方法にはガバナンスの強化が必要となる。
  • 2017年の展望:アプリケーション開発
    2017年2月16日
    M. West M. Sobejana J. Herschmann K. Mann

    アプリケーション開発に関する2017年の展望では、企業自体と、企業がシステムを構築し管理する方法に大きな影響を及ぼすリーン/アジャイル、DevOps、エンタプライズ規模の開発プラクティスに重点を置く。本リサーチノートは、アプリケーション・リーダーに、計画のプロセスにおいて指針となる知見を提供するものである。
  • 財務システムをクラウドに移行するメリットとその方法
    2017年2月3日
    N. Rayner C. Iervolino J. Van Decker

    これまではクラウド化で他の領域に後れを取ってきたが、現在、財務アプリケーションではクラウドが注目を集めている。CFOとITリーダーは、どのようなステップを踏めば財務システムと関連プロセスをクラウドにうまく移行できるかを理解すべきである。
  • 2017年の展望:顧客サービス/サポートにおけるCRM
    2017年2月3日
    M. Maoz J. Davies J. Sussin O. Huang B. Manusama N. LeBlanc J. Robinson

    今後数年間、アナリティクスやAIを活用したより適切な顧客サポートの実践が、卓越した顧客応対の鍵となる。次第にモバイル顧客サービスを通じてもたらされるようになってきた顧客インサイトの発見における急速な進化にアプリケーション・リーダーが対応する上で、本リサーチノートは有用である。
  • データ品質管理ツールのマジック・クアドラント
    2017年2月3日
    S. Judah M. Selvage A. Jain

    データ品質管理ツールの市場は、コストやプロセスの最適化、あるいはデジタル・ビジネスへの変革に牽引され、堅調に収益を増やし続けている。データ管理とアナリティクスのリーダーは、データ品質管理ツールを既存および新規の業務に適用することで、より一層ビジネスに貢献することができる。







本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright