ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2017年4月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2017年4月発行)

  • ベンダー評価:富士通
    2017年4月14日
    Y. Nagashima M. Suzuki T. Mataga E. Hariu K. Iijima G. Tramacere H. Horiuchi H. Aoyama T. Ebina T. Ikeda Y. Isoda G. Spivak
    富士通は、日本に本社を置くITサービスおよび製品のグローバル・ベンダーである。富士通は、グローバルでのビジネス展開の強化を目指し、変革の真っただ中にある。
  • 2017年の展望:自社保有ストレージの管理負荷削減に取り組み、新たなトレンドに対応する
    2017年4月14日
    M. Suzuki
    新たなテクノロジの活用やデジタル・ビジネスのトレンドが広がる中で、多くのIT部門が「時間がない」「予算がない」といった状況に直面している。こうした状況下では、自社が保有するストレージの近代化を進めて管理負荷を下げ、より新しい領域に注力することが有効となる。
  • 日本におけるクラウドIaaSのマジック・クアドラント
    2017年4月14日
    T. Mataga
    クラウドIaaSに関する新しい本マジック・クアドラントは、日本市場にフォーカスしたものである。日本市場の特性や状況はグローバルとは異なる。日本においてクラウドIaaSの採用を検討する企業には、プロバイダーを評価する際の重要な基礎として本マジック・クアドラントを利用することを推奨する。
  • 2017年の展望:従業員によるコンテンツ活用を自動化してコンテンツ・エクスペリエンスを改善する
    2017年4月10日
    M. Blosch S. Brand B. Burton B. Burke K. Moyer D. Scheibenreif
    デジタル・ビジネス・プラットフォームが、イノベーションを実現する有効なアプローチとして現れ、企業およびエンタプライズ・アーキテクチャそのものを変革させつつある。テクノロジ・イノベーションとエンタプライズ・アーキテクチャを担当するリーダーは、こうした動きへの理解を促し、デジタル・プラットフォームを構築する上で必要なスキルおよびコンピテンシを活用し、イノベーションを後押ししている。
  • 2017年の展望:従業員によるコンテンツ活用を自動化してコンテンツ・エクスペリエンスを改善する
    2017年4月10日
    K. Shegda W. Andrews M. Basso N. Ingelbrecht J. Mariano M. Woodbridge M. MacComascaigh
    コンテンツ管理テクノロジは、扱いにくく面白味に欠けるものというイメージから脱し、デジタル変革を実現するツールになりつつある。コンテンツ活用プロジェクトのリーダーは、本リサーチノートで解説する予測を、市場が再活性化する兆候と見なすべきである。
  • Windows 10の導入で成功を収めるための重要な選択
    2017年4月10日
    S. Kleynhans T. Cosgrove M Silver
    Windows 10を展開する時期が迫るのに伴い、I&O部門でそのプロジェクトを担当するリーダーは、導入を成功に導くために、いくつかの重要な意思決定を下す必要がある。
  • コンテナ、マイクロサービス、Dockerに関する10大質問と回答
    2017年4月10日
    R. Bala A. Chandrasekaran
    コンテナの利用方法や、企業がコンテナから得られるメリットに関して大きな混乱が見られる。本リサーチノートでは、コンテナやマイクロサービス、Dockerに関して最もよく寄せられる質問とそれに対する回答を、I&O部門のリーダーに提示する。
  • 2017年の展望:日本におけるテクノロジ人材の将来
    2017年4月10日
    T. Mataga M. Suzuki H. Aoyama
    本リサーチノートでは、「テクノロジ人材」について、日本企業のIT部門や情報システム子会社、ベンダー、システム・インテグレーターが注目すべき重要な展望を提示する。各企業は、本リサーチノートに記載したクリティカルな状況を回避すべく、早期に有効なアクションを取る必要がある。
  • コンテナを本格展開する前に、社内のITインフラストラクチャ監視設計を見直すべし
    2017年4月10日
    P. Prasad A. Chandrasekaran
    企業は、アプリケーションの俊敏性と可搬性を高める目的でコンテナの採用を拡大させているが、それに伴ってITスタックの複雑性が高まっている。I&O部門のリーダーは、モジュール性や動的性質がさらに強まっているIT環境のコントロールを強化するために、進化したITインフラストラクチャ監視テクノロジを活用すべきである。
  • 次世代のI&O部門の組織構造を計画する
    2017年4月10日
    E. Holub
    I&O部門のリーダーは、自部門の組織構造が抱える問題により、デジタル・ビジネス・インフラストラクチャを提供してサポートする能力が低下していることを認識するようになっている。本リサーチノートでは、クラウド、ハイパーコンバージド・プラットフォーム、バイモーダルIT、DevOps、デジタル・ビジネスといった分野で成功を収めるために、組織を再編する方法を解説する。
  • イノベーション・インサイト:深層学習
    2017年4月10日
    A. Linden T. Austin S. Sicular

    深層学習は、近年飛躍的な進歩を遂げており、人工知能の実現に向けた大きな推進要因と見なされている。深層学習は今後3〜5年間に大半の業種に大きな影響を及ぼすため、人工知能を推進するリーダーは、そのメリットと課題を理解すべく、今すぐ行動を起こす必要がある。







本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright