ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2017年6月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2017年6月発行)

  • アプリケーションの特性に応じたアプリケーション開発/デリバリ方法の選択
    2017年6月30日
    Harutoshi Katayama
    昨今、企業の競争優位性を実現する観点から、アプリケーションの特性に応じて、アプリケーション開発とデリバリに異なるアプローチを採用すべきとの認識が高まり、アプリケーションの特徴の分類方法や開発手法の選択基準を必要とする企業が増えている。本リサーチノートでは、アプリケーションのあるべき姿を検討するアプリケーション・リーダーを対象に、アプリケーションの分類方法を事例と共に提示する。
  • デジタル・ビジネスの実現に向けて、ERPの選定・導入方法を変革せよ
    2017年6月30日
    K. Iijima K. Motoyoshi
    デジタル・テクノロジの進展は、ビジネスやアプリケーションの姿に大きな変化をもたらし、ERPアプリケーションの選定・導入方法にも大きな影響を与えている。本リサーチノートでは、日本企業のアプリケーション・リーダーを対象に、アーキテクチャ、統合、アプリケーション・プラットフォームなどの観点から、今後のERPの選定・導入において考慮すべき事項を解説する。
  • サーベイ・アナリシス:2017年のカスタマー・エクスペリエンスの革新 − AIがついにCXの計画上に
    2017年6月23日
    N. Ingelbrecht O. Huang J. Meyer
    カスタマー・エクスペリエンス改善プロジェクトは、社内の全域にわたってテクノロジ、人、文化に影響を及ぼす。カスタマー・エクスペリエンスをサポートするアプリケーション・リーダーは、機械学習と仮想アシスタントに向かう将来の計画を描きつつ、カスタマー・エクスペリエンスの今日の目標を推進するために、バイモーダルのアプローチを採用すべきである。
  • Office 365やG Suiteの価値を最大化するデジタル・ワークプレース・プログラム
    2017年6月23日
    M. Cain P. Miller T. Cosgrove
    Microsoft Office 365やGoogle G Suiteへの移行を監督しているアプリケーション・リーダーは、クラウド・オフィス・サブスクリプションの可能性を十分に活用しない限り、最大の効果を得ることはできない。デジタル・ワークプレース・プログラムの一環として、クラウド・オフィス・サービスを継続的に採用することが鍵となる。
  • SAP S/4HANAへの移行で必要となるスキルを獲得せよ
    2017年6月15日
    D. Nguyen
    SAPのS/4HANAを採用しようとしている既存のSAP顧客は、自社のSAP環境の大幅な変更に直面する。SAP担当リーダーは準備を整えるために、関係者向けのトレーニング計画を作成しなければならない。
  • 高速モバイル・アプリ開発ツールのマーケット・ガイド
    2017年6月15日
    J. Wong V. Baker M. Driver A. Leow M. Resnick

    モバイル・アプリ開発は、コードやプログラムを書く開発者だけのものではない。高速モバイル・アプリ開発ツール市場の成長には、コスト効率に優れたアプリを迅速に開発するための「コーディングを必須としない」ツールに対する積年の需要が表れている。アプリケーション開発リーダーは、本リサーチノートを使用して、ビジネス価値を即座にもたらすツールを選定すべきである。
  • 近代的なデータとアナリティクスの展開に向けたチーム編成
    2017年6月15日
    M. Beyer

    デジタル・ビジネスをサポートする高度なアナリティクスや近代的なビジネス・アナリティクス、そのためのデータ管理において、データ/アナリティクス・リーダーは、インフラストラクチャ、組織、アプローチを包含する新たな共生関係を認識する必要がある。
  • データ活用のベスト・プラクティス:その3 − データ品質の改善
    2017年6月9日
    T. Ichishi

    品質の低いデータからはビジネスに役立つ洞察を得難いばかりか、時として誤った判断につながって損失をもたらす恐れさえある。本リサーチノートでは、データ品質とは何かを解説するとともに、それを改善して維持するためのベスト・プラクティスを示す。
  • データ活用のベスト・プラクティス:その2 − 情報インフラストラクチャの構築
    2017年6月9日
    T. Ichishi

    多種多様で大量のデータを蓄積し、ユーザーに提供して活用を促すためには、ガバナンスとセキュリティに対する配慮が欠かせない。本リサーチノートでは、そのために必要となる情報インフラストラクチャについて解説する。
  • データ品質への取り組みにおける4つの課題をどう克服するか
    2017年6月9日
    M. Selvage S. Judah

    データ品質への取り組みが適切でないと、デジタル・イニシアティブは効果的でなくなり、企業の競争力は弱まり、顧客からの信頼を損なうきっかけとなる。データとアナリティクスのリーダーは、自社のデータ品質への取り組みを強化するために、品質の評価や、主要な役職の設置、ツールのコスト管理、導入に要する期間の正確な見積もりを行わなければならない。
  • 2017年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10:メッシュのアプリ&サービス・アーキテクチャ
    2017年6月5日
    D. Cearley

    デジタル・ビジネス・エコシステムでは、アプリケーション・アーキテクチャの新たなアプローチが必要となる。エンタプライズ・アーキテクチャおよびテクノロジ・イノベーションのリーダーは、現在と将来のビジネス価値を最大化する、適応性に優れたシステムを提供するために、メッシュのアプリ&サービス・アーキテクチャを採用しなければならない。







本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン  営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright