ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2018年5月発行)

リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2018年5月発行)

  • アジャイル開発の財務ガバナンス:変わるもの、変わらないもの
    2018年5月31日
    J. McGittigan B. Swanton

    CIOは従来、IT財務管理においてプロジェクト・ポートフォリオを通じて価値を構築することや、サービス・ポートフォリオを通じて運用コストについて説明することを重視してきた。アジャイル開発によって、IT財務管理の一部の実務慣行は変わるが、リスクを許容可能なレベルで管理しながら、投資に対して最大の価値を実現することの必要性は変わらない。

  • ITのビジネス貢献を可視化する方法
    2018年5月25日
    H. Katayama

    IT部門が経営者に対して、どのようにITがビジネスに貢献しているのかを説明したり、ビジネス価値を高めるためのIT機能を提案したりすることは、自らの存在価値を高める上で不可欠である。本リサーチノートでは、ITのビジネス貢献を可視化するためのツールである「IT投資のビジネス価値ツリー」の使い方と効用を、事例を用いながら解説する。

  • ビジネスモデルを利用してデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを導く
    2018年5月18日
    C. Geschickter K. Moyer P. Meehan J. Lopez

    デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションは、大きな効果を持つ新たなテクノロジによって企業を成長させる。ビジネスモデルを適切に利用すれば、新しい価値提案、顧客セグメント、能力、および収益の機会を総合的に特定・評価し、洗練させることが可能になるため、CIOはリスクを低減させ、成功の確率を高めることができる。

  • 全社員のIT活用力をいかに高めるか
    2018年5月18日
    Y. Adachi K. Shiga

    デジタル・トランスフォーメーションを実現するためには、全社員がそれぞれの立場で必要なITリテラシを持ち、積極的にテクノロジや技術を使いこなすことが欠かせない。本リサーチノートでは、調査結果や先行事例を基に、全社員のIT活用力を向上させるための具体的な施策を提示する。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright