ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2018年6月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2018年6月発行)

  • バイモーダルとペース・レイヤを生かしたアジャイル/DevOpsへの変革ロードマップ
    2018年6月29日
    N. Wilson L. Mangi

    アプリケーション・リーダーは、狭くても深い追求的なアプローチを採用することで、アジャイルとDevOpsへの移行に伴う大きなリスクを回避できる。鍵となるのは、変革のメリットを最大化できる作業をペース・レイヤによって見いだし、バイモーダルなアプローチで変革を進めていくことである。

  • サーベイ・アナリシス:課題、目的、責任を明確にして、データ活用の取り組みを進める
    2018年6月29日
    T. Ichishi

    ガートナーITデマンド・リサーチが2017年11月に実施した調査において、現時点で利用可能なデータからビジネスに十分な成果を得られているかと質問したところ、80%もの企業が「得られていない」あるいは「分からない」と回答した。今回の調査では、データ活用に関する各種の取り組みが具体化していない様子がうかがえる。

  • 人間とAIを組み合わせた統合活動のバランスを再調整する
    2018年6月25日
    E. Thoo E. Zaidi

    ネットワークに接続されたシステム、エコシステム、プラットフォーム、モノは、急速に進化し続けており、もはや、人間のキャパシティと経験では、必要とされる広範な統合業務のオーケストレーションを最適な形で実施することが難しくなっている。統合に責任を負うアプリケーション・リーダーは、統合の施策をAIで実現する方法を判断する必要がある。

  • AIによるアプリケーション強化がビジネス・プロセスに与える影響
    2018年6月25日
    H. Horiuchi K. Iijima K. Motoyoshi Harutoshi Katayama K. Kawabe K Shiga T. Ichishi

    本リサーチノートは、AIがエンタプライズ・アプリケーションに与える影響を分析した多数のレポートの中から、厳選した8本の内容を紹介するとともに、当該領域を担当する日本人アナリストの見解を示すものである。

  • Office 365やG Suiteの利用を促進する
    2018年6月25日
    M. Cain

    多くの企業が既存の業務システムをOffice 365やG Suiteに移行しており、IT面の効率は高まっているものの、従業員にはほとんど影響をもたらしていない。従業員のデジタル・デクステリティを最大限に高めるために、アプリケーション・リーダーは、クラウド・オフィスの継続的な採用を奨励するプログラムを策定すべきである。

  • ポストモダンERPプロジェクト成功の秘訣
    2018年6月15日
    K. Motoyoshi

    本リサーチノートでは、日本企業から寄せられるERPに関する問い合わせの傾向を踏まえ、近年のポストモダンERPプロジェクトを成功裏に完遂する上でITリーダーが押さえておくべき主なリスクと、それを回避・軽減するために取るべきアクションを提示する。

  • データ管理とアナリティクスの新たなトレンドとなるデータ・カタログ
    2018年6月15日
    E. Zaidi G. De Simoni R. Edjlali A. Duncan

    データの収益化と法規制への準拠に取り組む組織が、分散したデータ資産の棚卸しに苦戦する中、データ・カタログへの需要が急速に高まっている。しかしながらデータとアナリティクスのリーダーが、データをカタログ化するプロジェクトをより広範なデータ管理のニーズと結び付けなければ、プロジェクトの目標を達成することは不可能である。

  • 高度なデータ活用に向けて:人材、組織、文化の在り方
    2018年6月15日
    T. Ichishi Y. Adachi A. Nakao

    社内外の多様化するデータを自社のビジネスや業務に生かしたいと考える企業が増える一方で、実際にデータを活用できる人材の不足が大きな課題となっており、専任の組織や役職が必須か否かといった組織編成に関する問い合わせがガートナーに多く寄せられている。本リサーチノートでは、ガートナーが顧客とのインタラクションや先進的な企業への取材を通じて得たベスト・プラクティスと併せて、データ活用の取り組みの推進方法やスキルの調達方法を、データとアナリティクスを担当するITリーダーに提示する。

  • SAP LeonardoによるIoT戦略の実行
    2018年6月5日
    D. Nguyen

    IoTは、新たなビジネス・チャンスの創出やITへの影響という点で画期的である。SAPのIoTソリューションの1つであるLeonardoは、企業におけるデジタル・ビジネスへの変革を促進する。SAPアプリケーションを担当するITリーダーは、本リサーチノートの内容に従って、SAP Leonardoが自社にとって優先すべきIoTソリューションであるかどうかを判断するとよい。

  • 2018年の展望:アナリティクスとBIを巡る戦略
    2018年6月5日
    G. Herschel A. Linden R. Sallam S. Sicular J. Hare J. Heizenberg E. Brethenoux D. Laney

    アナリティクスは、分析を実施する際や利用する際に、従来のアプローチを押し付けるのではなく、従業員と顧客のニーズに応じてアダプティブに変化していく。データとアナリティクスを担当するリーダーは、分析方法の制約が解消されて、より多くの方法で利用可能になることに備え、計画を立てる必要がある。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright