ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年7月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年7月発行)

  • コンテナ展開時にI&Oリーダーが考慮すべき4つの主要な事項
    2018年7月10日
    Dennis Smith M. Warrilow

    企業でコンテナを利用するのはアプリケーション開発者が中心であり、その結果、I&Oチームはコンテナの潜在的なメリットと落とし穴を見過ごしている可能性がある。I&Oリーダーは、コンテナ展開に着手する前に、本リサーチノートで論じる4つの考慮すべき事項に対処しなくてはならない。

  • アジャイルなI&O文化実現への第一歩:自社が目指すべき姿を定めよ
    2018年7月10日
    I. Head G. Spafford E. Holub

    アジャイルなITサービス管理機能を実現すべく、DevOpsの採用を望む企業は多いが、そのためには社内文化の変革という困難な作業に取り組まねばならない。DevOpsの成功を支えるこうした変革をリードしたいI&O部門のリーダーは、自分のチームが実現すべき価値と取るべき行動を定義しなければならない。

  • サイバーセキュリティの最適解を探る:2018年
    2018年7月10日
    Y. Isoda

    標的型攻撃やマルウェア対策に関して、その手法や形態は多岐にわたっており、多くの企業では対策の方向性に迷いが見られる。本リサーチノートでは、国内における対策の傾向やベンダーの動向について分析し、セキュリティ・リーダーに向けた推奨を述べる。

  • デジタル・ディスラプションの影響を評価する:ガートナーのデジタル・ディスラプション・スケールへの対応付け
    2018年7月5日
    D. Smith D. Plummer

    CIOは、ガートナーのデジタル・ディスラプション・スケール (尺度) を活用することで、デジタル・ディスラプション (破壊) をもたらすさまざまなテクノロジの影響とタイミングを評価し、自社がディスラプションにどう備えるべきかを検討、判断できる。

  • デジタル・ディスラプションの影響を評価する:ガートナーのデジタル・ディスラプション・スケールとは
    2018年7月5日
    D. Plummer D. Smith D. Yockelson

    これからの10年において、ビジネスを根本から変えるインパクトを持つさまざまなデジタル・ディスラプション (破壊) がもたらされようとしている。CIOは、デジタル・ディスラプションをもたらす要因となるであろうテクノロジとそれぞれのインパクトについて、自社のイノベーション・プログラムに盛り込むためのモデルを採用する必要がある。本リサーチノートでは、1つの重要なソリューションとして、デジタル・ディスラプション・スケール (尺度) を紹介する。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright