ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンス − 役割:セキュリティ&リスク・マネジメント
F. クリスチャン・バーンズ (F. CHRISTIAN BYRNES)
ガートナー・バイス・プレジデント

セキュリティ&リスク・マネジメント

今日、情報セキュリティに対する経営・管理者層の評価は5年、10年前とは打って変わり、その役割は戦略的かつ永続的なものであると認識されるようになりました。しかし、ほとんどの企業においてセキュリティおよびリスク・マネジメントはIT機能全般の中で最も成熟度が低い分野となっているのが現状です。

このような状況に対し、ガートナーはセキュリティおよびリスク・マネジメントの役割を果たしているITリーダーの皆様がビジネスに影響を及ぼすことなく企業の環境全体を様々な脅威から保護するためのサポートを提供します。効果的なWebサイト通じ、ITリーダーの皆様は自信を持って毎日の重要な意思決定を下し、戦略と戦術両方の局面で成功を収めることができます。

ITセキュリティ&リスク・マネジメント リーダーを強力に支援
対象のお客様
本サービス(セキュリティ&リスク・マネジメント)は、下記の分野のアーキテクト、管理者の皆様の日々の意志決定活動をご支援します。
 
セキュリティ技術者
リスク評価者、セキュリティ監査人
全社、グループ、それぞれのレベルの情報 セキュリティ管理者
プライバシーおよびデータの保護(個人情報保護管理者)
コンプライアンス(コンプライアンス管理者)
ネットワーク・セキュリティ(ネットワーク管理者)
お客様のビジネス・プロセスに合わせて最適にモデリング
ガートナーでは、セキュリティおよびリスク・マネジメントの管理者の多大な検討項目、より戦略的なビジネスの貢献と円滑なオペレーションを支援するために、アクティブ・サイクルを用いプロセス毎の洞察を提供します。
 
計画 アクティビティ・サイクル
セキュリティおよびリスク・マネジメントに対する長期的なビジョンを策定
情報システム部門の役割と責任を確実にサポートしながら適切に組織化、実装を定義
   
構築
情報セキュリティの基準をセキュリティ・ポリシーとして定義
セキュリティの基盤作りを主導
セキュリティ・プロセスの成熟度向上
     
運用  
リスク評価を継続的に実施
情報システム部門と従業員とのコミュニケーション円滑化
アイデンティティおよびアクセス管理を最適化
脅威や脆弱性による影響を最小化
     
ガバナンス  
自社のエンタープライズ・リスク・マネージメント・プログラムを管理  
セキュリティ・ポリシーの管理・コンプライアンスによる統制  
     
取り扱う主なトピック
データプロテクション・プラットフォーム(アンチウイルス)
メール・セキュリティ
アイデンティティ管理
統合型セキュリティ
ネットワーク・セキュリティ・暗号化
バイオメトリクス及び、非接触型ICカード
データベース・セキュリティ
セキュリティ成熟度モデル及び法制順守(コンプライアンス)
障害や事故などのインシデント管理
事業継続管理(BCM)、ディザスタ・リカバリ(DR)

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright