ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチリサーチ・メソドロジ − マーケット・フォーキャスト
マーケット・フォーキャストでは、数百種の製品とサービスのサプライチェーン全体を追跡します。そのため、トップダウン型とボトムアップ型の両アプローチを突き合わせることができます。

マーケット・フォーキャスト

市場の成長、成熟、衰退の理由に関する知見は、メディアやテクノロジ・ユーザー、ベンダー、投資家から常に注目されています。しかし、市場における活動レベルの短期的な上昇が長期的な成長の前兆であるとは限りません。また、何年にもわたって上昇していた成長率が突然低下した例もあります。

ガートナーは、市場予測には高い能力が必要とされることを認識しています。そのためガートナーがマーケット・フォーキャストに採用しているメソドロジは、実現可能な範囲で最も徹底的で完全かつ正確な予測をお客様に提示できるよう設計されています。

市場における活動の予測方法

ガートナーのマーケット・フォーキャストは、需給状況を総合的に把握できるようにするものです。予測は2年以上の履歴データと今後5年間の予測に基づいています。

サプライチェーン全体の追跡

ガートナーのマーケット・フォーキャストは、一次調査、インクワイアリ分析、二次的な情報源を利用して、市場、国、地域ごとの需給状況を完全に把握できるようにしています。例えば、携帯電話市場の場合は次の作業を行います。サービス分野を担当するガートナーのリサーチ担当が、地域ごとの加入者数を報告します。この数字を、同じくガートナーが把握している端末台数、さらには半導体の出荷数と突き合わせます。ガートナーでは、追跡している主要IT市場のすべてにわたってデータの一貫性を維持しているため、情報の質が他社の追随を許さないほど高くなっています。

マーケット・フォーキャストでは、主要市場と隣接市場の両方で表面化している市場トレンドに対して、ガートナーの見解とその根拠を説明するための分析を提示します。

1つの例を挙げると、オーストラリアのPC市場予測では、モバイル・コンピューティングに向かう動きが明らかになっています。これは同市場で最も顕著なトレンドですが、必ずしもデスクトップ市場の衰退を意味するものではありません。事実、競合ベンダーがモバイル・コンピューティングに注力するなかで、多くのベンダーがデスクトップ市場にも機会を見いだしています。

アプローチ可能な市場全体を対象にしたガートナーのレビューでは、これ以外にも重要な要因を考慮しています。具体的には、人口の増加、ビジネス支出トレンド、市場飽和度、PC台数とビジネス部門の従業員数の比率の変化、在宅勤務のトレンド、市場成熟度は、いずれもガートナーの予測と見解に織り込まれています。

メリット

  • 製品とサービスに関する市場機会の確認
  • 新興市場/成熟市場/衰退市場における機会の分類
  • 憶測ではなく事実を根拠にしたビジネス計画/戦略の策定

 

ハイプ・サイクルマジック・クアドラントマーケット・スコープ
ベンダー評価|マーケット・フォーキャスト|マーケット・シェア・アナリシス

リサーチ・メソドロジ ホームに戻る


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright