ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチリサーチ・メソドロジ − マーケット・スコープ
リサーチ・メソドロジ:マーケット・スコープ
ガートナーのマーケットスコープは、新興市場や成熟市場を評価し、参入ベンダーの実績をそれぞれのビジョンと計画に照らし合わせて評価します。

マーケット・スコープ

マーケットスコープ

成長中の安定したITソリューションを評価する場合は、マジック・クアドラントがベンダーの競争上の位置関係を確認する最良のツールです。しかし、新たな市場が生まれてユーザー要件が変動している場合、ベンダーはそれぞれまったく異なるアプローチでソリューションに対応するため、競争上の位置関係にはあまり意味がありません。

どの成熟市場も、ベンダーとソリューションの集約が進むと差別化レベルが低下するという、似たような課題を抱えています。ガートナーのマーケットスコープは、新興市場のベンダーと成熟市場のベンダーの違いにスポットライトを当てています。これは、両タイプの市場におけるベンダーを比較評価する唯一のメソドロジです。マーケットスコープは、市場自体の総合評価も提示します。

マーケットスコープの評価フレームワーク

新興市場と成熟市場の性質により、マーケットスコープが提示する市場構成はマジック・クアドラントよりも簡素になっています。マーケットスコープでは、各市場のテクノロジ・ベンダーをStrong Positive、Positive、Promising、Caution、Strong Negativeの5段階で評価し、このフレームワークを利用して個別のベンダーと市場自体を評価します。

メリット

  • 新興市場と成熟市場の両方に投資するリスクを管理し、それぞれの有望度を把握する。
  • 新興市場/ソリューションの成熟を待って投資したり、投資の終了を判断する際の裏付けとしたりする。
  • 両市場で活動しているベンダーの業績と、ベンダーの将来性を評価する重要な基準を確認する。

 

ハイプ・サイクルマジック・クアドラント|マーケット・スコープ|
ベンダー評価マーケット・フォーキャストマーケット・シェア・アナリシス

リサーチ・メソドロジ ホームに戻る


gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright