ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー

ホームエグゼクティブ プログラム ガートナーEXP CIOサーベイ

 

ガートナー、世界のCIO 3,000人以上のサーベイ結果を発表

「第3世代の企業IT」の時代に突入しつつあることが明らかに

米国フロリダ州オーランド発 − 2018年10月16日 − デジタル・ビジネスは、初期の実験段階 を経て、大規模な応用段階へと成熟しつつあります。デジタル・ビジネスの規模が急速に拡大 する新しい時代に合わせて、CIOは思考を進化させる必要があります。ガートナーが世界の CIOを対象に毎年実施しているサーベイの結果から、トランスフォーメーション (変革) のワー クフローにおいても、引き続きCIOは不可欠な役割を果たすことが明らかになりました。

ガートナーのアナリストは、本サーベイで明らかになった結果を、米国フロリダ州オーランドで 10月14〜18日に開催した『Gartner Symposium/ITxpo 2018』において発表しました。2019年 のガートナーCIOアジェンダ・サーベイでは、世界89カ国のあらゆる主要業種に属する3,000人 のCIOから回答を得ました。回答したCIOが所属する企業・機関の収益/公共分野の予算総 額はおよそ15兆米ドル、IT支出の総額は2,840億米ドルに達します。

サーベイの結果から、2018年にデジタル・ビジネスが転換期に達したことが明らかになっています。CIOの49%が自社のビジネスモデルを変革済み、または変革中であると回答しています。

ガートナーのディスティングイッシュト バイス プレジデント, アナリストのアンディ・ラウゼル・ ジョーンズ (Andy Rowsell-Jones) は次のように述べています。「今回明らかになったのは、 第3世代の企業IT、つまりデジタル時代への移行におけるマイルストーンです。当初、CIOは 『職人的な技能職としてのIT』から『ITの工業化』へとITの概念を飛躍させました。第1回目の CIOアジェンダ・サーベイから20年の時を経て、2019年におけるCIOの最優先事項には、『成 長』に加え、『デジタル・イニシアティブ』が挙げられています。これは、企業においてデジタル 化が主流になったということの表れです」

ガートナー・サービスをご利用のお客様は、ガートナー・レポート「2019 CIO Agenda:Securing a New Foundation for Digital Business」で詳細をご覧いただけます。

プレス・リリース https://www.gartner.co.jp/press/pdf/pr20181019-01.pdf

 

ガートナー エグゼクティブプログラム CIOサーベイ

毎年実施される"CIOサーベイ"には世界中のCIO・ITエグゼクティブに参加いただいています。

 

"CIOサーベイ"にご協力いただいた皆様には、自社と世界の同業他社の結果を"Peer Report" にして
ご提供しています。CIOサーベイにご協力いただける場合は、お手数ですが、下の問合せ先まで、メール
あるいはお電話にてご連絡いただけますようお願い申し上げます。

 ガートナー エグゼクティブプログラム CIO アジェンダ

cio agenda coverpage

ガートナー・レポート「CIO アジェンダ」は、10 年以上にわたって毎年実施されている世界最大のCIO サーベイであり、各企業のCIO がビジネス、IT 戦略、テクノロジ、経営の各優先度をどのようにコントロールしているかについての情報が掲載されています。

レポートには、調査結果だけではなく、専門アナリストによる分析、意思決定に役立つ実用的な知見がまとめられています。CIO は、このレポートを洞察に満ちた基礎資料として活用することで、世界中のCIO の活動と優先度を自らと比較し、将来像を描くことができます。調査結果はそのまま、ガートナー・エグゼクティブ・プログラムCIOリサーチ・アジェンダの基礎データにもなります。


弊社エグゼクティブ パートナーが専任の相談役となり、より個別化された情報とアドバイスを提供するサービスもプログラムでご提供しています。

 

調査回答者 業界別

     

 

 

お問い合わせ

ガートナージャパン エグゼクティブ プログラム
E-mail:japan.exp@gartner.com  TEL:03-6430-1840

gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright