ガートナーの2022年CIO/テクノロジ・エグゼクティブ・サーベイでは、CIOをはじめとするテクノロジ・エグゼクティブがビジネス・コンポーザビリティを使いこなすことで、今の不安定な時代やその先において提供するビジネス価値を最大化できるよう、より良い態勢を整えられることが明らかになりました。

日本企業からの回答者数は212人で (世界の回答者総数2,387人)、過去最高となりました。本eBookでは、日本企業のCIOからの回答全体を、コンポーザビリティが高い世界の企業と比較することで、コンポーザビリティが高い企業のグループに日本企業が入るためのアクションをご説明します。