働き方の未来を再考する

レポート一覧
(9月21日時点)

カテゴリー選択:

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

日本のデジタル・ビジネス:追い風は吹き続けるのか

24 August 2021
Masaki Suzuki
2020年前半から始まったCOVID-19のパンデミックによって、日本ではペーパーレスなど電子化への取り組みが強まるのみならず、デジタル・ビジネスの推進や部門間の協業にもポジティブな影響が及んでいる。日本企業が「デジタル」を推し進めていく上でこうした強い追い風が吹いているが、この状況はいつまで続くのか。本リサーチノートでは、日本で実施したユーザー調査結果を基に、エンタプライズ・アーキテクチャとテクノロジ・イノベーションのリーダーに向けた提言を行う。

日本におけるCIOとITのリーダー

ハイブリッド環境におけるイノベーション:幸運な偶然に頼らない意図的な計画が重要

17 August 2021
Yuko Adachi
リモートワークでは、偶然の産物を待つのではなく、さまざまな取り組みを意図的に行うことが求められる。リモートワークを実現するCIOは、ワークプレースが変化してもイノベーション・リーダーが成功を収められるよう支援しなければならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2030年に想定されるNew Worldに向けた次世代インフラ戦略を構想し、推進する:パート1

20 May 2021
Tadaaki Mataga
企業は、2030年に到来するであろうNew Worldの時代に備えるべく、次世代ITインフラ戦略を構想し、推進する時が来ている。I&Oリーダーは、最も重要となる原理原則とおおよそのロードマップを理解することで、大変化の時代に2030年以降もサバイブするための新たなインフラ戦略を実現できる。3部構成シリーズのパート1である本リサーチノートでは、New Worldに向けた次世代インフラ戦略に欠かせない8つの原理原則のうち、New World、スーパーパワー、People-Centric、新しいビジネス・アーキテクチャの4つを取り上げる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:日本におけるエンドユーザーIT分野の注目すべき動向

25 March 2021
Eri Hariu
本リサーチノートでは、Windows 10やVDI/DaaSなど、日本企業のIT部門が2021年以降のITインフラストラクチャ戦略を策定する際にエンドユーザーIT分野で注目すべき動向を取り上げて解説する。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の展望:不確実さを増す時代における新たな働き方

25 February 2021
Kensuke Kawabe, Kimihiko Iijima, Tatsuya Ichishi, Katsushi Shiga, Harutoshi Katayama
さまざまな環境の変化が起こる中、新たな働き方によってビジネスの成長をもたらすには、顧客への影響を考慮した働き方の改革が必要となる。本展望リサーチでは、これを支援するために今後3~5年にわたって必要とされるアプリケーションの活用方法に焦点を当て、アプリケーション・リーダーに向けた提言を行う。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

もう内線番号はいらない:PBXの更改時に必ず見るべきノート

15 September 2021
Takeshi Ikeda
在宅勤務など新たな働き方へのシフトが進む中、ユニファイド・コミュニケーションやスマートフォンなどを駆使した新たなコミュニケーション環境をいかに提供し、ビジネスを円滑に進めるかが重要となっている。一方で、長年にわたり当たり前のように利用してきたPBXは、いよいよその役割を終えつつある。本リサーチノートでは、このPBXを今後どうしていけばよいか悩むI&Oリーダーを対象に、その対処方法について解説する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

DaaSのマーケット・ガイド

14 September 2021
Eri Hariu
リモートワークやハイブリッド・ワークの急増や事業継続の必要性により、DaaSは組織にとっての重要な優先課題となっている。本マーケット・ガイドでは、I&Oリーダーが投資に関する意思決定を向上させられるよう、市場のセグメンテーションとDaaSのユースケースを評価する。

日本におけるアプリケーション・リーダー

クイック・アンサー:ハイブリッド・ワークプレースをサポートするためにすべき5項目

6 September 2021
Katsushi Shiga
世界中の企業がオフィスを再開しようとしているが、従業員は引き続きリモートワークを継続する柔軟な働き方を望んでいる。本リサーチノートでは、デジタル・ワークプレース・リーダーがハイブリッド・ワークプレースをサポートする際の基本を押さえられるよう5つの基本理念を提示する。

日本におけるアプリケーション・リーダー

クイック・アンサー:ハイブリッド・ワークプレースをサポートするためにすべき5項目

6 September 2021
Katsushi Shiga
世界中の企業がオフィスを再開しようとしているが、従業員は引き続きリモートワークを継続する柔軟な働き方を望んでいる。本リサーチノートでは、デジタル・ワークプレース・リーダーがハイブリッド・ワークプレースをサポートする際の基本を押さえられるよう5つの基本理念を提示する。

日本におけるアプリケーション・リーダー

クイック・アンサー:Microsoft Teamsを組織に定着させるにはどうすればよいか

17 August 2021
Katsushi Shiga
Microsoft 365の利用拡大とともにTeamsなどのワークストリーム・コラボレーション・ツールを普及/定着させようとする企業は増えている。しかし、従業員の間でなかなか活用が進まず、どのようにすれば組織内での活用が定着するかといった問い合わせが多く寄せられている。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

仮想オフィス:テレワークに向けたVR/ARの活用

12 May 2021
Eri Hariu
従業員は、より柔軟な働き方を望んでいる。リモートワーク/テレワークという選択肢が広がったことで、効果的なつながりやコラボレーションを促進する方法の見直しが迫られている。デジタル・ワークプレースを担当するエンタプライズ・アーキテクチャとテクノロジ・イノベーションのリーダーは、VR/ARを利用して、つながりやエンゲージメントに関するギャップを埋めるべきである。

日本におけるアプリケーション・リーダー

従業員がMicrosoft Teamsを効果的に活用するための基本的な6つのプラクティス

25 December 2020
Katsushi Shiga
従業員にMicrosoft Teamsを効果的に使用させることは、なかなか容易ではない。ガートナーは、デジタル・ワークプレース・アプリケーションの責任を担うアプリケーション・リーダーが、このツールを使用する従業員のデジタル・デクステリティを向上させるために採用できる6つのプラクティスを提示する。

日本におけるCIOとITのリーダー

デジタル人材確保の新しい一手、ボーダレス・リクルーティング

21 September 2021
Yuko Adachi
CIOは、デジタル・ビジネス・イノベーションを加速させるためには、多様な視点を持つ人で構成された、高いパフォーマンスを発揮するチームが必要であることを認識している。問題は、そのような人材をどのようにすれば見つけられるかである。ボーダレス・リクルーティング (越境採用) は、CIOが世界に分散する多様な人材にアクセスする貴重なツールとなる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

クイック・アンサー:クラウドになるとインフラ・エンジニアは不要になるのか

9 June 2021
Tadaaki Mataga
2021年に入り、Gartnerの顧客から「クラウドになるとインフラ・エンジニアは不要になるのか」という問い合わせが寄せられるようになってきている。I&Oリーダーは、新しい時代、すなわちNew Worldに向けて次世代のインフラ・エンジニアの役割を再定義し、それに向けた人材強化を加速させる必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:日本におけるテクノロジ人材の将来

31 March 2021
Tadaaki Mataga, Hiroko Aoyama, Eri Hariu
本リサーチノートでは、日本において具体的なテクノロジに携わる「テクノロジ人材」について、日本企業のIT部門や情報システム子会社、ベンダー、システム・インテグレーターが注目すべき重要な展望を提示する。各企業は、本リサーチノートに記載するクリティカルな状況を回避すべく、早期に有効なアクションを取る必要がある。

日本におけるCIOとITのリーダー

CIOが押さえておくべき人材の新常識

10 February 2021
Yuko Adachi
リモートワークやソーシャル・ネットワークの普及と新世代の就業増加、ジョブ型をはじめとする新しい人材マネジメント手法の登場に伴い、人材に関する従来の常識の一部は誤解に変わりつつある。日本のCIOとITリーダーは、最新データに基づき、正しい知識と理解を持って人材戦略を更新しなければならない。

日本におけるCIOとITのリーダー

デジタル・ビジネスを成功に導くデータ・ドリブン・イノベーションのフレームワークの紹介

19 August 2021
Tsuneo Fujiwara
データ・ドリブン・イノベーションとは、D&Aを活用してプロダクト、プロセス、組織が用いる手法、そして市場を改善または新規に育成することである。CIOはデータを活用して、イノベーションの発見と実行の両方を促進し、ビジネス価値に裏付けられた新たなビジネスモデル、プロダクト、サービスを実現できる

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

ITソーシング/調達/ベンダー管理の「センター・オブ・エクセレンス」を組織する

7 July 2021
Tsuyoshi Ebina
ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーはIT戦略を実現するために「センター・オブ・エクセレンス」を組織し、ポリシー、プロセス、アナリティクス、コンピテンシを確立すべきである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

DevOpsにコラボレーション・カルチャーを定着させる3つのレシピ

26 April 2021
Yoshifumi Abe
I&Oリーダーはコラボレーションのメリットを理解しているが、新しい働き方に対する組織文化的な抵抗に直面することが多い。DevOpsチームに権限を与えるために、I&Oリーダーは信頼とサーバント・リーダーシップに基づく文化を醸成しなくてはならない。サーバント・リーダーシップは、共通の目標と評価基準によってサポートおよび推進される。

日本におけるアプリケーション・リーダー

データ管理の規範にDataOpsを取り入れる

25 February 2021
Tatsuya Ichishi
データやアナリティクスの運用におけるボトルネックや障壁を緩和するために、企業は仕事の仕方を変える必要がある。DataOpsの手法を取り入れることで、データ/アナリティクス・リーダーは、データ提供の迅速性、柔軟性、信頼性の向上に貢献できる。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

クイック・アンサー:管理対象外のデバイスからのアクセスをいかにセキュアにするか  

23 August 2021
Eri Hariu, Kaoru Yano
本リサーチノートでは、「管理対象外デバイスからエンタプライズ・アプリケーションへのアクセスをセキュアに実現するにはどうすればよいか」という質問に回答する。さまざまなレベルの可視性とコントロールを実現する複数の手法の中から選択できるようにするために、リスク・ベースのアプローチを採用することをGartnerは推奨する。管理対象外デバイスをすべて利用禁止にすることは実質難しい。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

SASEの戦略的ロードマップ:2021年  

9 June 2021
Yuichi Isoda, Takeshi Ikeda
デジタル化、勤務場所を自由に選択できる働き方、クラウド・ベースのコンピューティングが、クラウド提供型のSASEへの動きを加速しており、いつでも、どこでも、どのデバイスからでも情報へのアクセスを可能にしている。セキュリティ/リスク・マネジメント・リーダーは、ネットワーク境界およびハードウェアに基づいた旧来の製品からSASEモデルに移行する計画を策定すべきである。

7つの通説を理解し、ハイブリッド・ワークフォースの潜在力を引き出す

CIOとITリーダーは、テクノロジのシフトについて再考すると共に、従業員の生産性をサポートして「未来の働き方」を定義する新しいアイデアとテクノロジを取り入れる必要があります。

ハイブリッドな未来の働き方へ
本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850