2021年に向けて

レポート一覧
(6月17日時点)

カテゴリー選択:

New 日本におけるCIOとITのリーダー 日本におけるアプリケーション・リーダー

CDOアジェンダ2021:デジタルとデータにバランス良く取り組んで変革をリードせよ

Tatsuya Ichishi
日本ではデジタル・トランスフォーメーションに取り組むため、大企業を中心に主管組織と責任者の設置が急増している一方、欧米を中心とした海外の大企業で一般的となった最高データ責任者に相当するような、データ/アナリティクスの取り組みを主管する責任者は不在であることが多い。本リサーチノートでは、日本のデジタル・トランスフォーメーションに関与するCIOを対象に、Gartnerが世界と日本で実施した調査結果を交えながら、デジタル・トランスフォーメーションとデータ/アナリティクスの取り組みをバランス良く進める方法を解説する。

日本におけるCIOとITのリーダー

2021年のCIOの抱負:目的を持って再建を進める

Yuko Adachi
パンデミックの危機の影響は継続しているものの、一部の地域では状況が落ち着いてきたことから、本リサーチノートでは、2021年にCIOが組織を効果的に率いるためのソフト・スキルに焦点を当てた、自己啓発のための目標を提示する。

日本におけるCIOとITのリーダー

2021年の展望:日本企業におけるIT部門の存在意義を再定義する

Hiroyuki Katayama, Yoshi Matsumoto
日本の大企業の95%が顧客価値の向上を目指したデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを既に実施しているか、検討中/検討予定である。企業全体のデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを実現するためには、CIOはIT部門の存在意義を再定義する必要がある。

日本におけるCIOとITのリーダー

日本におけるCIOとITのリーダーに向けたリサーチ概要:2021年

Tsuneo Fujiwara, Yuko Adachi, Hiroyuki Katayama
COVID-19パンデミック対応の中で経営幹部としての自らの役割を拡大したCIOは、2021年には、企業の成功に貢献する機会を得るだろう。破壊的な力はデジタルに限らず、地政学的なトレンドやテクノロジも企業に課題を突き付けており、企業はビジネスモデルおよびエコシステムの活用方法の再考を迫られている。

日本におけるCIOとITのリーダー

2021年の展望:新時代のIT/デジタル人材戦略はソフト面の改革から

Y. Adachi S. Yamanoi
今日、多くのCIOは優れた人材の確保と管理に腐心している。CIOは、限られた人数の中からであっても、最大のパフォーマンスを発揮できる人選を行い、ソフト面の環境を整備することで、人材不足の難局を乗り越えてデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを実現することができる。

日本におけるCIOとITのリーダー

2021年の展望:「物言う投資家」にCIOは備えよ

S. Yamanoi T. Fujiwara
デジタル・ビジネスも「ビジネス」である以上、収益性・成長性・将来性が問われるのは当然であり、推進役であるCIOならばその説明責任の一端を担う。本リサーチノートでは、投資家等の社外のステークホルダーへ向けた情報開示という観点から、CIOの行動に影響する将来のシナリオを示す。

日本におけるCIOとITのリーダー

2021年のCIOアジェンダ:グローバルから見た日本の展望

T. Fujiwara Y. Adachi Y. Hattanda H. Katayama Y. Matsumoto
日本企業はデジタル・ビジネスを加速させており、COVID-19の危機対応で信頼を得たCIOが、デジタル化の取り組みの推進において主導的役割を果たせる絶好の機会が訪れている。Gartnerの2021年CIOサーベイの結果は、CIOが日本で高まるこうした気運をつかむために何ができるかを示している。

エグゼクティブ プログラムレポート

2021年のCIOアジェンダ:デジタル・ビジネス・アクセラレーションを実現するこの機会をつかむ

A. Rowsell-Jones T. Nielsen J. Lowendahl M. Sinha C. Howard
企業はデジタル・ビジネスを加速させている。CIOは、新型コロナウイルス感染症危機への対応によって信頼を高め、現在は主導的な役割を果たせる絶好の機会が訪れている。Gartnerの2021年CIOサーベイは、CIOがそうした機会をつかむために何ができるかを示している。

※エグゼクティブ プログラムをご契約の方にお読みいただけます

日本におけるCIOとITのリーダー

今こそ、レジリエントな未来を創造せよ:「Gartner IT Symposium/Xpo 2020」基調講演の主な知見

Yuko Adachi
世界中のCIOは、デジタル・ビジネスの次なる段階において、「コンポーザビリティ」という概念を取り入れつつある。2020年のGartner IT Symposium/Xpoにおける基調講演では、デジタル化が加速する未来で成功するために、コンポーザブル・ビジネスによって不確実性に対処する方法を解説している。

New 日本におけるCIOとITのリーダー 日本におけるアプリケーション・リーダー

CDOアジェンダ2021:デジタルとデータにバランス良く取り組んで変革をリードせよ

Tatsuya Ichishi
日本ではデジタル・トランスフォーメーションに取り組むため、大企業を中心に主管組織と責任者の設置が急増している一方、欧米を中心とした海外の大企業で一般的となった最高データ責任者に相当するような、データ/アナリティクスの取り組みを主管する責任者は不在であることが多い。本リサーチノートでは、日本のデジタル・トランスフォーメーションに関与するCIOを対象に、Gartnerが世界と日本で実施した調査結果を交えながら、デジタル・トランスフォーメーションとデータ/アナリティクスの取り組みをバランス良く進める方法を解説する。

日本におけるアプリケーション・リーダー

日本におけるデータ利活用の実情 (2021年)

Tatsuya Ichishi
本リサーチノートでは、Gartnerが日本企業のIT部門を対象に実施した調査の結果を基に、データの利活用に携わるデータとアナリティクスのリーダーへの提言を述べる。大企業においては、デジタル・トランスフォーメーションに向けて専門組織の設立が活発化しているが、データ利活用に関しては全社的な理解を得られずに苦労しており、結果的にビジネス成果の獲得に大きな進展は見られない。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の展望:混乱期に勝ち残るためのERP戦略

Koji Motoyoshi
2020年に突如起きたビジネスの混乱は、回復と再生に備えた迅速な行動を企業に迫っている。CIOは、ビジネス価値を継続的に創出できるERP戦略を策定するために、本展望リサーチを活用されたい。

日本におけるアプリケーション・リーダー

日本におけるコラボレーション・ツールのエンドユーザー調査 (2020年)

Katsushi Shiga
本リサーチノートでは、Gartnerが実施しているワークストリーム・コラボレーション・ツールに関する調査を基に、アプリケーション・リーダーが利用状況やユーザー満足度といった観点から製品選定/有効活用の指針として利用できるデータを提供する。2020年の調査では、リモートワーク需要の高まりを受け、ユーザーからの評価のポイントはビデオ会議機能であることが分かった。

日本におけるアプリケーション・リーダー

日本におけるアプリケーション・リーダーに向けたリサーチ概要:2021年

Koji Motoyoshi, Katsushi Shiga, Kimihiko Iijima, Harutoshi Katayama, Kensuke Kawabe, Tatsuya Ichishi
日本におけるアプリケーション・リーダーに向けた2021年のリサーチでは、企業がデジタル化や働き方改革などの重要施策を推進していく上で避けては通れないレガシー・アプリケーションの刷新と、その先にあるべき未来のアプリケーションの実現に向けたアクションに焦点を当てる。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の展望:RPAを超えてハイパーオートメーションに向けた対応を加速する

Kimihiko Iijima
新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、デジタル・バイ・デフォルトの要件が急速に高まっており、場所を問わない仮想リモート・オペレーションを実行せざるを得なくなると、デジタル化されていなかったビジネス・プロセスは、難航するか停止している。ITリーダーは、本展望リサーチを活用することで、ロボティック・プロセス・オートメーションの利用を再検討し、ハイパーオートメーションに対する規律あるアプローチを開始できる。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の展望:顧客サービス/サポートにおけるCRM

Kensuke Kawabe
顧客サービス部門は「ハドル・グループ」を取り入れるように刷新され、それにより、メッセージング・プラットフォームを通じて、より先取的なアウトバウンドのやりとりが開始される。その結果、同部門はプロフィット・センターとなるであろう。アプリケーション・リーダーは、こうした未来を自社でどのように実現するかを調査すべきである。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の展望:営業上の緊急課題がCRM営業テクノロジのロードマップを推進する

Kensuke Kawabe
ハイパーオートメーション、デジタル販売、人工知能のような新たな緊急課題は、あらゆる企業の営業テクノロジ・スタックを変えていくことになる。本リサーチノートでは、営業部門を支援するアプリケーション・リーダーが、CRM営業テクノロジのロードマップに追加すべき5つの主要なトレンドを探る。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の戦略的テクノロジのトップ・トレンド:トータル・エクスペリエンス

Harutoshi Katayama
顧客や従業員のやりとりは、大幅かつ恒久的に変化し、モバイル化・仮想化・分散化が進んでいる。ITリーダーは、連携された優れたエクスペリエンスを顧客や従業員にもたらし差別化につながるデジタル・トランスフォーメーションを推進するために、トータル・エクスペリエンス戦略を適用しなければならない。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の展望:景気回復期に備えて財務部門をデジタル化するには

Koji Motoyoshi
アプリケーション・リーダーは、財務管理アプリケーションのアップグレードと強化に向けて、引き続き財務部門のデジタル化に焦点を合わせなければならない。デジタル化は、フロントオフィスとバックオフィスの財務管理プロセスを大いに改善するために不可欠である。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の展望:COVID-19がデジタルへのシフトとコマース・モデルの進化を加速

Kensuke Kawabe
新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの企業にとってデジタル・コマースが顧客の主要な購入チャネルとなっている。売り上げを伸ばし、市場シェアを維持するために、デジタル・コマース・テクノロジを担当するアプリケーション・リーダーは、顧客の購入習慣の変化に迅速に適応しなければならない。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の展望:不確実さを増す時代における新たな働き方

K. Kawabe K. Iijima T. Ichishi K. Shiga Harutoshi Katayama
さまざまな環境の変化が起こる中、新たな働き方によってビジネスの成長をもたらすには、顧客への影響を考慮した働き方の改革が必要となる。本展望リサーチでは、これを支援するために今後3~5年にわたって必要とされるアプリケーションの活用方法に焦点を当て、アプリケーション・リーダーに向けた提言を行う。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の展望:IT部門の関与にかかわらず、CXにおけるテクノロジは重要性を増す

Kensuke Kawabe
CX施策のリーダーは、CXプロジェクトにおけるテクノロジ利用が今後も増えると確信しており、それはIT部門による関与の有無に関係なく起こるようになる。CXを支援するアプリケーション・リーダーは、CXに貢献するために、自身とスタッフの位置付けを見直し、準備を整えなくてはならない。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の展望:日本企業の継続的な成長を支える未来のアプリケーション

T. Ichishi K. Kawabe K. Iijima Harutoshi. Katayama
レガシー・アプリケーションがデジタル変革を妨げ、回復や成長の足かせとならないよう、アプリケーション・リーダーは「未来のアプリケーション」の姿を描き出し、その実現に向けて今すぐに着手しなくてはならない。本リサーチノートでは、Gartnerの考える仮説や展望と共に、2021年に取るべきIT戦略の一端を示す。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の展望:人材管理テクノロジによるトランスフォーメーション

Koji Motoyoshi
世界中の企業が、継続的な人事プロセスを評価・導入することで、パンデミックによる混乱に対処し、回復しようとしている。HCMのトランスフォーメーションに取り組むアプリケーション・リーダーは、ワークフォース・マネジメント/プランニング、非正規要員ツール、ラーニングに対する投資を優先して、ステークホルダーの期待に応える必要がある。

日本におけるアプリケーション・リーダー

2021年の展望:エクスペリエンスをアプリケーション戦略の中心に据えよ

Harutoshi Katayama K. Iijima K. Kawabe K. Motoyoshi K. Shiga
今、顧客や従業員のエクスペリエンスをトータルで捉え、そのエクスペリエンスを改善することが、企業のビジネス価値の向上につながるという認識が広がりつつある。アプリケーション・リーダーは、本展望リサーチを参考に、エクスペリエンスを要としたアプリケーション戦略を構築されたい。

日本におけるアプリケーション・リーダー

国産CRMベンダーのマーケット・ガイド:2021年

K. Kawabe
2020年は新型コロナウイルス感染症の影響を強く受ける年となったが、そのような混乱期にあってもCRMアプリケーション・ソフトウェアは成長を遂げており、特に非対面での顧客応対業務を支援する手段として注目度が高まった。本リサーチノートは、外資系ベンダーとは異なる性格を持つ国産CRMベンダーの位置付けと特徴を解説する、2021年1月時点の最新情報である。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:バリュー・ストリームがDevOpsの将来を決定付ける

Yoshifumi Abe
開発を加速させ、顧客への継続的な価値提供を実現するために、企業は、アジャイルとDevOpsのプラクティスを次のレベルに高める必要がある。I&Oリーダーおよびアプリケーション・リーダーは、フローを最大化し、デリバリ効率を向上させ、イノベーションを推進するために、バリュー・ストリーム管理に注力しなくてはならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

日本におけるクラウド・コンピューティングの状況:2021年 ― 行動を加速すべき時が来た

Tadaaki Mataga
Gartnerが2021年4月に実施したユーザー調査において、日本企業のクラウド・コンピューティングの利用率が急速に上昇したことが明らかになった。I&Oリーダーは、クラウドが様子見・試行導入フェーズから普及・拡大フェーズに入ったと捉え、クラウド戦略の策定と推進を加速させる必要がある。本リサーチノートでは、同調査の結果を分析し、I&Oリーダーが取るべきアクションを提示する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2030年に想定されるNew Worldに向けた次世代インフラ戦略を構想し、推進する:パート1

Tadaaki Mataga
企業は、2030年に到来するであろうNew Worldの時代に備えるべく、次世代ITインフラ戦略を構想し、推進する時が来ている。I&Oリーダーは、最も重要となる原理原則とおおよそのロードマップを理解することで、大変化の時代に2030年以降もサバイブするための新たなインフラ戦略を実現できる。3部構成シリーズのパート1である本リサーチノートでは、New Worldに向けた次世代インフラ戦略に欠かせない8つの原理原則のうち、New World、スーパーパワー、People-Centric、新しいビジネス・アーキテクチャの4つを取り上げる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2030年に想定されるNew Worldに向けた次世代インフラ戦略を構想し、推進する:パート2

Tadaaki Mataga
企業は、2030年に到来するであろうNew Worldの時代に備えるべく、次世代ITインフラ戦略を構想し、推進する時が来ている。I&Oリーダーは、最も重要となる原理原則とおおよそのロードマップを理解することで、大変化の時代に2030年以降もサバイブするための新たなインフラ戦略を実現できる。3部構成シリーズのパート2である本リサーチノートでは、New Worldに向けた次世代インフラ戦略に欠かせない8つの原理原則のうち、人がいない問題への対処、新しいスコープ、新しいスタイル、最終的に目指すものの4つを取り上げる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2030年に想定されるNew Worldに向けた次世代インフラ戦略を構想し、推進する:パート3

Tadaaki Mataga
企業は、2030年に到来するであろうNew Worldの時代に備えるべく、次世代ITインフラ戦略を構想し、推進する時が来ている。I&Oリーダーは、最も重要となる原理原則とおおよそのロードマップを理解することで、大変化の時代に2030年以降もサバイブするための新たなインフラ戦略を実現できる。3部構成シリーズのパート3である本リサーチノートでは、New Worldに向けた次世代インフラ戦略に欠かせないロードマップについて解説する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダーに向けたリサーチ概要:2021年

Tadaaki Mataga
本リサーチノートでは、日本におけるI&Oリーダーが、2021年に戦略上フォーカスすべきポイントを整理する。2030年をめどに、新たな世界観、すなわちNew Worldの到来に向けて、世の中が大きく変わる。I&Oリーダーにとっては、時代変化に対応するチェンジ・リーダーとしての役割がさらに重要になる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:クラウド・コンピューティングをニュー・ノーマルとして拡張する

Tadaaki Mataga
2020年に発生したCOVID-19のパンデミックによってクラウドの採用が加速し、これが事実上ニュー・ノーマルとなっている。エンタプライズ・アーキテクチャとテクノロジ・イノベーションのリーダーは、クラウド・ファーストの原則に沿っていない新規プロジェクトをすべて却下すべきである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の戦略的テクノロジのトップ・トレンド:分散クラウド

Tadaaki Mataga
企業は、複数のロケーションとユースケースを網羅する方法によってクラウド・コンピューティングの利用を拡大している。ITリーダーは、進化しつつある分散クラウドのケイパビリティを特定して活用し、こうした新たな方法でビジネス価値をもたらすべきである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

ITオペレーション監視の戦略的ロードマップ:2021年

Yoshifumi Abe
デジタル・ビジネス・ディスラプション、アプリケーションとインフラストラクチャの変更、COVID-19のパンデミックを受けて、I&OリーダーはIT監視戦略を見直している。本リサーチノートに示す戦略的ロードマップでは、進化させるべきIT監視の重要な側面と、I&Oリーダーが2025年においても自らの存在価値を維持するために取るべき移行ステップを明らかにする。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:日本におけるITオペレーション

Y. Abe
I&O部門のリーダーは、既存システムの円滑なオペレーションという日常的な要求に応えながらも、チームの存在価値を今後も維持するため、新しいテクノロジやメソドロジにも取り組む必要がある。I&Oリーダーは、ITオペレーションに関して近い将来生じるニーズに対応すべく、新たなITオペレーションへの取り組みをすぐにも開始しなければならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:日本におけるクラウドとインフラストラクチャ戦略

T. Mataga H. Aoyama
本リサーチノートでは、クラウドとインフラストラクチャ戦略について、2021年以降の日本における企業のIT部門、情報システム子会社、ベンダー、システム・インテグレーターが注目すべき重要な展望を提示する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:日本におけるテクノロジ人材の将来

T. Mataga H. Aoyama E. Hariu
本リサーチノートでは、日本において具体的なテクノロジに携わる「テクノロジ人材」について、日本企業のIT部門や情報システム子会社、ベンダー、システム・インテグレーターが注目すべき重要な展望を提示する。各企業は、本リサーチノートに記載するクリティカルな状況を回避すべく、早期に有効なアクションを取る必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:日本におけるRPA

Y. Abe
日本のRPAはハイプ・サイクルの幻滅期を抜け、本格的な普及期に入りつつあり、適用業務の拡大を目指す企業が増加している。このような市場の成長は、新たなベンダーや製品、ソリューションを生み出し続けているため、企業のITリーダーは、RPAの適用拡大に向けて、今後の発展の方向性を見定めつつ取り組みを推進することが不可欠となる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:5Gで再スタートするIoT

T. Ikeda
5Gは世界各国においてこれからの時代を支えるテクノロジとして注目されており、IoTやAI、デジタル・ツインなどと組み合わせることでデジタル化を大きく促進すると期待されている。しかし現状では、5Gの成熟度が十分ではないことから、実際にその成果が発揮され採用促進が始まるまでには少なくとも2~3年を要する。本リサーチノートでは、デジタル推進リーダー、イノベーション・リーダー、ITリーダーを対象に、2021年以降の5G、IoTおよびデジタル・ツインに関する展望を示す。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:日本のテレワーク成功の勘所

E. Hariu M. Suzuki K. Shiga
企業におけるテレワークの導入は急速に進み、新たなステージに入った。本リサーチノートでは、日本企業のIT部門が2021年以降のテレワーク戦略を策定する際に注目すべき今後3~5年の展望を取り上げて解説する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:エッジ・コンピューティング、飛躍のための一歩を踏み出す

T. Yamamoto
日本において、エッジ・コンピューティングに関する定義やメリットに対して誤解や混乱、あるいは過剰な期待が見られる。本リサーチノートでは、そうしたエッジ・コンピューティングについて、2021年以降のITインフラ戦略を検討する際に、企業のITインフラに関わるリーダーおよび担当者が注目すべき重要な展望を提示する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:日本におけるエンドユーザーIT分野の注目すべき動向

E. Hariu
本リサーチノートでは、Windows 10やVDI/DaaSなど、日本企業のIT部門が2021年以降のITインフラストラクチャ戦略を策定する際にエンドユーザーIT分野で注目すべき動向を取り上げて解説する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:AIのコア・テクノロジ

Tadaaki Mataga
今日の企業はAIの開発プロセスを理解しているが、AIの運用化に対する差し迫ったニーズによって、AIベースのシステムの継続的デリバリへと焦点がシフトする。データ/アナリティクス・リーダーは、開発と継続的な価値提供の間に存在するギャップを埋めるテクノロジに注目しなければならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:新たなネットワーキングへの移行を進める

T. Ikeda
新型コロナウイルス感染症の影響により、日常的な働き方からビジネスの在り方までにわたるさまざまな変化がもたらされたことで、多くの企業が自社ネットワークの根本的な見直しを迫られている。本リサーチノートでは、ITリーダーおよびI&Oリーダー、ネットワーク・リーダーを対象に、既に始まりつつある新たなネットワーキングへの移行に関する2021年以降の展望を示す。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:日本のデジタル・イノベーションとブロックチェーン

M. Suzuki
新型コロナウイルス感染症に起因する問題が広がる中、多くの日本企業が経営レベルでデジタル・トランスフォーメーションをより強く志向する傾向が強まっているが、そこには落とし穴がいくつもある。テクノロジを駆使したイノベーションを進めようとする企業は、落とし穴を回避し素早く取り組みを進めていくべきである。本リサーチノートでは、デジタル・トランスフォーメーションの中でもデジタル・イノベーションとブロックチェーンを取り上げ、イノベーションに関わるリーダーが知っておくべき展望について述べる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:不確実な未来に向けてすべきことを実行する ― トレンド・インサイト・レポート

Tadaaki Mataga
テクノロジが与える影響を予測することは、グローバルな変化が起きるタイミングを予測することよりもはるかに容易である。ひとたび危機が起こればグローバルな変化が生じ、そうした変化に継続的に対処しなくてはならないことを、COVID-19によってほとんどの人が認識する。本リサーチノートでは、不確実性に満ちあふれた現在を踏まえて未来を展望する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:HCIのターニング・ポイント

H. Aoyama M. Suzuki
本レポートは、日本におけるハイパーコンバージド・インフラストラクチャと、それに関連する動向について取り上げる。2021年以降のITインフラストラクチャ戦略を検討する際に、I&OリーダーがHCIにおいて注目すべき重要な展望を提示する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:ペーパーレスとプロセスの電子化

M. Suzuki
新型コロナウイルス感染症の影響により、企業のプロセスから紙と印鑑をなくすトレンドが加速し、そうした取り組みも以前よりは進めやすくなっているが、その進度は企業によって大きく異なる状況である。本リサーチノートでは、日本におけるペーパーレスとプロセスの電子化の将来を展望する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2025年末に向けて5Gの進化がイノベーションを実現する

Takeshi Ikeda
5Gの最初のリリースが展開されている中、今後のリリースにおける提供が予想される機能の詳細が明らかになりつつある。エンタプライズ・アーキテクチャとテクノロジ・イノベーションのリーダーは、5Gの未成熟さというリスクを計画的にコントロールしながら、イノベーション・ロードマップに5Gを盛り込み、アプリケーションのパイロットを実施する必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2025年のクラウドの未来:テクノロジからイノベーションへ

Tadaaki Mataga, Yuichi Isoda
2025年までに、クラウド・コンピューティングは、パーベイシブ (遍在的) なものになる。クラウドは、テクノロジ・イノベーションを推進するだけでなく、ビジネス・イノベーションの基盤としての役割も果たすようになる。ITリーダーは、クラウド戦略を立案し、経営陣や同僚、配下のチームに対して今後のクラウドの進化に関するプレゼンテーションを行う際に、本リサーチノートを活用できる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の戦略的テクノロジのトップ・トレンド

Tadaaki Mataga
2020年に発生した未曾有の社会経済的課題を受けて、将来のビジネスに向けた組織の可塑性を追求することが重要になっている。ITリーダーは、レジリエンスの高いデリバリ・モデルのオペレーションと、社内外のステークホルダーのPeople Centricityにフォーカスしながら、ロケーションに依存しないサービスを提供しなくてはならない。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

SASEの戦略的ロードマップ:2021年

Yuichi Isoda, Takeshi Ikeda
デジタル化、勤務場所を自由に選択できる働き方、クラウド・ベースのコンピューティングが、クラウド提供型のSASEへの動きを加速しており、いつでも、どこでも、どのデバイスからでも情報へのアクセスを可能にしている。セキュリティ/リスク・マネジメント・リーダーは、ネットワーク境界およびハードウェアに基づいた旧来の製品からSASEモデルに移行する計画を策定すべきである。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダーに向けたリサーチ概要:2021年

Yuichi Isoda
在宅勤務の長期化やクラウドの採用が急速に進む中、サイバーの脅威が拡大し、プライバシー関連法規制の整備も国内外で進行している。本リサーチノートは、昨今の脅威やテクノロジの変化を踏まえ、2021年に企業のITおよびセキュリティのリーダーが押さえておくべき重要論点を取り上げて解説する。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

セキュリティ:何をどこまで実施すべきか (内部不正やミスによる情報漏洩) 2021年

K. Yano
頻発する内部不正やミスによる情報漏洩への対策として、何をどこまで実施すべきであろうか。情報の種類や重要度でリスクが異なるため唯一の解は存在しないが、IT/セキュリティのリーダーは、世間の対策状況を把握して、およその目安と重要トレンドをつかむことができる。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

セキュリティ:何をどこまで実施すべきか (マルウェアや標的型攻撃) 2021年

Y. Isoda K. Yano
増加するランサムウェアなどのマルウェアの脅威や標的型攻撃への対策として、何をどこまで実施すべきであろうか。各組織でそうした脅威の捉え方やリスクが異なるため唯一の解は存在しないが、IT/セキュリティのリーダーは、世間の対策状況を把握して、およその目安と重要トレンドをつかむことができる。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

セキュリティ:何をどこまで実施すべきか (外部公開Webサービスへの攻撃) 2021年

Y. Isoda K. Yano
頻発する外部公開Webサービスへの攻撃の対策として、何をどこまで実施すべきであろうか。そのWebサービスの性質によってリスクが異なるため唯一の解は存在しないが、IT/セキュリティのリーダーは、世間の対策状況を把握して、およその目安と重要トレンドをつかむことができる。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

2021年の展望:セキュリティの崩壊

Y. Isoda K. Yano
加速するデジタル化により、今後セキュリティとプライバシーはさらにその定義を拡張し重要なものとなっていくが、さまざまな部分でほころびが生じている。本リサーチノートでは、2021年以降、ITとセキュリティのリーダーにとって重要となるチャレンジを取り上げ、それらに対する推奨事項を述べる。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

クラウドのセキュリティ:2021年に向けて留意すべき重要論点と推奨

Y. Isoda
クラウドの採用が急速に進む中、「クラウドのセキュリティ」と一口に言っても、そこにはさまざまな課題や論点が存在する。ITとセキュリティのリーダーは、2021年に向けて本リサーチノートに提示した重要な論点を押さえ、自社における取り組みに反映させる必要がある。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2021年の展望:コロナ禍で変わるSaaS契約の交渉

Tsuyoshi Ebina
新型コロナウイルス感染症は、SaaS契約の高コスト、囲い込み、柔軟性の欠如といった問題を浮き彫りにした。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーは、これまでとは異なる観点でSaaS契約に臨むべきである。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーに向けたリサーチ概要:2021年

Satoshi Yamanoi, Tsuyoshi Ebina, Ryuichi Tsuchiya, Akimasa Nakao
CIOをはじめとするITリーダーがIT戦略を推進するには、ソーシングによる人材確保、IT製品やサービスの調達、ベンダー管理の各機能の強化が不可避である。本リサーチノートでは、IT戦略の要であるこれらの各機能領域に関し、2021年の注力トピックを紹介する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2021年の展望:インフラストラクチャ・サービスの進化が加速する

M. Ray D. Young
将来のデリバリ・モデルの急激に変化する本質とパンデミックを受けて、ITインフラストラクチャのディスラプションが加速している。ソーシング/調達/ベンダー管理のリーダーはこの展望を活用し、ニュー・ノーマルに向けてリセットしつつ、将来への戦略を練るべきである。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2021年の展望:IT調達部門を「信頼されるアドバイザー」へと昇格させるには

Y. Karalis S. Stoudt-Hansen D. Groombridge R. Stefani L. Ellery J. Smith S. White
新型コロナウイルス感染症の流行と、それによる経済危機を乗り越えるべく、ITソーシング/調達/ベンダー管理リーダーは自身の業務を直ちに変革して、新たなステージに到達せねばならない。そのために、この急激に変化しつつある現状をあえて活用すべきである。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2021年の展望:ITサービス・ベンダーの「見極め力」を高めよう

A. Nakao T. Ebina
コロナ禍による環境変化やデジタル・ビジネスの推進は、これまでのソーシング形態の抜本的な見直しやベンダー選定における新たな要件提示の契機となっている。本リサーチノートでは、企業のアウトソーシング戦略に影響を及ぼす展望を示し、CIOをはじめとするITリーダーが打つべき施策を提言する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2021年の展望:アプリケーション・サービス・ベンダーとの関係性を再構築する

B. Sparks A. Stanley A. Wilkins J. Thyagarajan G. Gupta K. Gove J. Longwood A. Malik F. Di Capua
顧客企業とアプリケーション・サービス・ベンダーのコラボレーションやリスク共有には新たな姿が求められるようになっている。ITリーダーは契約や自社の組織文化にも新たな統制を加える必要がある。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2021年の展望:テクノロジによりITベンダー・リスクの感知力を高める

R. Tsuchiya A. Nakao
アウトソーシング取引において、ITベンダーに起因するさまざまなリスクが顕在化しつつある。本リサーチノートでは、CIOをはじめとするITリーダーが注目すべき、有効なITベンダー・リスク管理の将来の在り方を展望する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

2021年の展望:その交渉が、ITベンダーとの取引を失敗させる

T. Ebina R. Tsuchiya
ITベンダーとの取引は契約時の交渉でその成否のほぼ半分が決まってしまうが、CIOをはじめとするITリーダーの多くがそうした駆け引きに慣れておらず、このままでは内在する取引リスクを肥大化させる一方である。そこで本リサーチノートでは、IT契約交渉の在り方を展望する。

日本におけるソーシング/調達/ベンダー管理のリーダー

Gartner IT Symposium/Xpoを総括する

S. Yamanoi T. Ebina K. Shiga H. Katayama T. Ikeda
「Gartner IT Symposium/Xpo」は、CIOを対象に開催するガートナーの旗艦コンファレンスである。本リサーチノートでは、2020年11月にオンライン形式で開催された同コンファレンスの約80のセッションから、2021年に向けたキー・メッセージを総括する。

ビジネスを成功に導くガートナーのサービス

ガートナーのエキスパートから提供する、確かな知見、戦略的アドバイス、実践的ツールにより、ミッション・クリティカルなビジネス課題の解決を支援します。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850