マーケット・ガイド

2019年レポート一覧(2月28日時点)

  • 社内のセキュリティ・オペレーション・チームが、セキュリティ対策をかいくぐる脅威をより多く発見し、セキュリティ・アラートを効率的に解決できるようにするため、SRMリーダーはEDRツールを必要としている。同ツールの市場は、EPP市場との融合が急速に進みつつある。

  • 知見をリアルタイムで取得し、作業を調整する必要のある産業向け環境において、エッジ・コンピューティング・ソリューションの利用が急拡大し、イノベーションが起ころうとしている。本市場は、すぐに実装できる業種別のエッジ・ソリューションを中心に集約しつつあるため、I&Oリーダーはその実態を慎重に観察する必要がある。

  • NEW 日本語オリジナル アプリ MG

    国産CRMベンダーのマーケット・ガイド:2019年

    K. Kawabe

    CRMアプリケーション・ソフトウェアを提供するベンダーは大小さまざまであり、特に国産ベンダーとグローバル規模の外資系ベンダーでは性質や位置付けが大きく異なるため、すべての製品を同一の基準で客観的に比較・評価することは容易ではない。本マーケット・ガイドでは、国産CRMベンダーの位置付けと特徴を解説し、CIOおよびCRM/CXを担当するアプリケーション・リーダーが製品を選定する際の留意点を提言する。

  • プライベート・クラウドとパブリック・クラウドを併用するハイブリッド・データセンターのサーバ・ワークロードには、エンドユーザー向けデバイスとは異なる保護戦略が必要になる。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、クラウド・ワークロードの保護向けに設計された専用のソリューションを評価して展開しなければならない。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン株式会社(Gartner Japan, Ltd.)
〒105-6205 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー5階(受付)
代表電話:03-6430-1800
Webサイト:https://www.gartner.co.jp
E-Mail:japan.support@gartner.com