2019年 展望レポートの一覧

  • NEW 日本語オリジナル ソーシング

    2019年の展望:アウトソーシングを破壊する「静かなる勢力」

    A. Nakao Y. Adachi

    デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションの奔流は、大手ITベンダーを中心とする旧来のアウトソーシングの在り方も破壊しようとしている。本リサーチノートでは、シェアリング・エコノミー、アクセラレータ・プログラムなどの新しいトレンドとその影響を展望する。

  • NEW 日本語オリジナル ソーシング

    2019年の展望:AIプロジェクトの主導権を奪われるな

    T. Ebina

    人工知能の実装が本格化する中、ベンダーを適切に管理できない企業のITリーダーは、新たなロックインの脅威にさらされることになる。本リサーチノートでは、ベンダー管理の視点から2019〜2022年の展望を示す。

  • NEW 日本語オリジナル ITマネジメント

    2019年の展望:IT部門は経営価値を高めることに注力しよう

    H. Katayama

    デジタル時代への突入は、IT部門が単なるコスト・センターから、ビジネス貢献度の高い組織へ、さらにはプロフィット・センターにさえも変われるチャンスである。本リサーチノートでは、日本においてどの程度のIT部門がその機会を生かすことができるかを展望する。

  • NEW 日本語オリジナル ITマネジメント

    2019年の展望:IT部門やIT子会社を活用できない企業はデジタル化に失敗する

    T. Fujiwara Y. Matsumoto

    ガートナーの2019年CIOサーベイにおいて、日本の企業は、デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションで期待される成果を出すのが遅れていることが判明した。CIOは、今以上にビジネス・リーダーに寄り添ってデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを推進すべきである。IT部門や、IT子会社をうまく巻き込んだ形でデジタル化を進めることができれば、必ず成功を収められる。

  • NEW 日本語オリジナル ITマネジメント

    2019年の展望:5年後の勝ち組IT組織と人材の姿

    Y. Adachi T. Fujiwara

    テクノロジの急速な進化と企業経営のグローバル化は、ITの在り方だけでなく将来のIT組織とIT人材の姿にも影響を与える。本リサーチノートでは、5年後のIT組織と人材の姿を展望し、パフォーマンスの高い組織づくりに向けてCIOが取るべき施策を提言する。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン株式会社(Gartner Japan, Ltd.)
〒105-6205 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー5階(受付)
代表電話:03-6430-1800
Webサイト:https://www.gartner.co.jp
E-Mail:japan.support@gartner.com