ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年8月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年8月発行)

  • 日本におけるアプリケーション/データ・セキュリティとIAMのハイプ・サイクル:2018年
    2018年8月31日
    Y. Isoda

    国内における働き方改革のトレンドを受け、企業ではデータやアプリケーションへのアクセスが多様化し、またサイバー攻撃や人為的な脅威の影響も日々拡大を続けており、アプリケーション/データ・セキュリティとIAMへの対応は急務になっている。本ハイプ・サイクルでは、日本におけるアプリケーション/データ・セキュリティとIAM分野において注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

  • 日本におけるインフラストラクチャ・セキュリティのハイプ・サイクル:2018年
    2018年8月31日
    Y. Isoda

    クラウド/モバイルなどのITインフラが進化し、さらにはデジタル・ビジネスが広がり、それらへのサイバー攻撃や人為的な脅威の影響も日々拡大を続けていることから、企業におけるインフラストラクチャ・セキュリティへの対応は急務となっている。本ハイプ・サイクルでは、日本におけるインフラストラクチャ・セキュリティおよびリスク・マネジメント分野において注目すべき重要なテクノロジ/手法/概念を分析し、それぞれの定義や成熟度、ビジネスへの影響について解説する。

  • 日本におけるモバイル/ワイヤレスとエンドポイントのハイプ・サイクル:2018年
    2018年8月31日
    E. Hariu T. Ikeda

    企業は、モバイルおよびエンドポイント環境におけるテクノロジの状態を理解し、導入を検討する必要がある。本ハイプ・サイクルでは、デバイスやプラットフォーム、ワイヤレス通信など、多様化するエンドポイント環境に関連したテクノロジについて、代表的なものをピックアップし、掲載している。本領域では、従来の従業員向けテクノロジが成熟する一方で、デジタル・トランスフォーメーションの推進に重要なテクノロジのハイプが高まっている。今回は新たに「5G」「802.11ax」「スマート・スピーカー」「Bluetooth 5」「スマート・ロック」「コンピュータ・ビジョン」「ビーコン」を追加した。

  • 日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2018年
    2018年8月31日
    T. Mataga

    本ハイプ・サイクルは、ビジネスに重要なインパクトや破壊と創造をもたらすテクノロジを、ITインフラという視点からまとめたものである。デジタル・ビジネスを推進するCIOやイノベーションのリーダーは、本ハイプ・サイクルを活用して注目すべきテクノロジを認識し、適用時期の検討を開始すべきである。

  • 日本におけるITインフラストラクチャとデータセンターのハイプ・サイクル:2018年
    2018年8月31日
    M. Suzuki T. Mataga T. Ikeda

    ITインフラとデータセンターは、その姿を変えつつある。技術的なトレンドは、使いやすく柔軟なインフラを実現する方向に引き続き向かっており、新たなテクノロジは、システムやサービス全体にかつてないインパクトをもたらすであろう。本ハイプ・サイクルでは、ITインフラとデータセンターに関わるテクノロジについて、代表的なものを取り上げる。

  • 日本における仮想化とプライベート・クラウドのハイプ・サイクル:2018年
    2018年8月24日
    H. Aoyama M. Suzuki E. Hariu

    アプリケーションの可搬性やシステムの柔軟性を獲得すべく、実装形態や種類を含め仮想化テクノロジがさらに進化しており、一部の企業ではSDxやコンテナなどの新興技術の活用や運用の見直しも進んでいる。本ハイプ・サイクルでは、今後のITインフラを考える上で必須となる仮想化とプライベート・クラウドの重要なテクノロジについて代表的なものを取り上げ、解説する。

  • PC購買における5つの交渉ポイント
    2018年8月24日
    E. Hariu K. Maita

    デバイスの選択肢にはさまざまなものがあるが、PCは依然として企業デバイスの中心的役割を果たしている。特に、Windows 10の導入を控えている中、多くの企業は、数年に一度の大規模なPC導入プロジェクトにおいてベンダーとの交渉に苦慮している。偏った知見に基づく購入は、導入後のトラブルを招く原因になり得る。本リサーチノートでは、PC購買におけるベンダーとの交渉やその勘所について論じる。

  • 日本におけるITオペレーション管理のハイプ・サイクル:2018年
    2018年8月24日
    Y. Abe

    デジタル・トランスフォーメーションのトレンドを受けて、日本のITオペレーション管理は転換期を迎えている。本ハイプ・サイクルでは、日本のITオペレーション管理において注目すべき代表的なテクノロジやアプローチなどをピックアップし、解説する。

  • GDPR施行後:プライバシーを確実に保護すべくサービス・プロバイダーを選定してコントロールする
    2018年8月20日
    B. Willemsen

    個人情報の処理には、サービス・プロバイダー以外にも多くの当事者が関与する可能性がある。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、データのライフサイクル全体にわたって、データの移動経路を問わずデータを保護するために、ベンダーの選定基準とコントロールの仕組みを開発しなければならない。

  • アプリケーション・パフォーマンス監視スイートのマジック・クアドラント
    2018年8月20日
    W. Cappelli S. Ganguli F. De Silva

    これまで市場を支配してきたベンダーが、アナリティクスや機械学習、クラウド方式のサービス・デリバリを利用して、アプリケーション・パフォーマンス監視スイートの刷新を図っている。そのため、有力ベンダー間の違いや、「リーダー」と「チャレンジャー」の違いが、I&Oリーダーにとって以前ほど明確でなくなっている。

  • 未来の働き方のシナリオ:2035年 −「ボットに仕事を任せる」
    2018年8月15日
    V. Baker T. Austin

    ガートナーでは2035年の働き方に関して4つの選択肢を想定している。その1つとして、本リサーチノートでは、AIによるボットが人々の日常生活を豊かにするというシナリオを取り上げ、リーダーに提言を行う。

  • インダストリアルIoTプラットフォームのマジック・クアドラント
    2018年8月10日
    E. Goodness T. Friedman P. Havart-Simkin E. Berthelsen A. Velosa S. Alaybeyi B. Lheureux

    産業用機器/システムを扱う企業のCIOは、IoTプラットフォームのデュー・デリジェンスを慎重に行う必要がある。IoTプラットフォームの採用は拡大しているが、複雑なIT/OT統合のインストール・ベースは少なく、狭義の成果が重視されている。ニーズに応じてプラットフォームをスケーリングさせるために、インテグレーションに加えて、データとデバイスの管理を重視する。

  • 企業がRFIDを重要資産の追跡・管理に導入すべき理由とそのタイミング
    2018年8月10日
    T. Zimmerman N. Jones

    「RFID」と見なされるテクノロジにはさまざまなタイプがあり、不適切なテクノロジを利用する企業は大きな成果を挙げられないか、悪くすればプロジェクトの失敗を招く。I&O部門のリーダーは、本リサーチノートで解説するベスト・プラクティスをガイダンスとして利用する必要がある。

  • アジャイルなI&O文化を実現する後続の5ステップ
    2018年8月10日
    G. Spafford I. Head E. Holub

    デジタル・ビジネスではアジャイルなI&O文化が必須となるが、既存のI&Oチームは、これまで自社を成功に導いてきた長年の行動を変更する取り組みには消極的である。デジタル・トランスフォーメーションを実現するには、I&Oチームがアジャイルな価値と行動を実証できるよう、I&Oリーダーは本リサーチノートで解説する5つのステップを採用する必要がある。

  • パフォーマンス分析の注目ベンダー:AIOps
    2018年8月10日
    P. Byrne W. Cappelli V. Bhalla P. Prasad S. Ganguli Y. Abe

    パフォーマンス分析ベンダーは、高度なアナリティクス、スケーラビリティ、AIOpsの機能を武器に、複雑化するIT環境に攻勢を掛けている。I&Oリーダーは、本リサーチノートで取り上げるベンダーの革新的なアプローチを利用して自社のIT環境にインサイトをもたらす方法を検討すべきである。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright