ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年10月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年10月発行)

  • ブロックチェーン・ビジネスのハイプ・サイクル:2018年
    2018年10月31日
    D. Furlonger R. Kandaswamy

    ブロックチェーンに対する企業の関心は相変わらず高いが、経営幹部はそのコンセプトや適用性を理解するのにてこずっており、取り組みの大部分が学習や実験に割かれているのも事実である。ブロックチェーン業界はある程度進展したが、今後の成熟過程を見通すのは難しく、大規模な採用例もまだほとんど現れていない。

  • 回復力のあるデジタル・インフラとは
    2018年10月31日
    M. Jaggers

    回復力のあるITインフラストラクチャを実現するには、最適なテクノロジばかりでなく、そのテクノロジを正しく実装することが必要である。I&Oリーダーは、持続可能で費用対効果の高い回復力を獲得するために、複数のサービス・デリバリ手法を最初から中心に据え、プロセスとシステムの全体を計画すべきである。

  • IoTプラットフォームの注目ベンダー
    2018年10月31日
    A. Velosa E. Goodness N. Nuttall E. Berthelsen

    IoTは、デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを推進する企業にとって、引き続き最大の関心の的になっている。本リサーチノートでは、EAおよびテクノロジ・イノベーションのリーダーがIoTソリューションの設計、セキュリティ確保、統合、構築を実行できるようサポートする注目ベンダーを解説する。

  • データ・プライバシー標準を通して見えてくる中国サイバーセキュリティ法の基準
    2018年10月31日
    J. Zhang S. Shen

    中国で最近発効したデータ・プライバシーの管理方法を規定する新たな標準は、データ管理の手法、プライバシーに関する役割、職務内容、ポリシーに重大なリスクをもたらす。本リサーチノートは、セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーがこの新たな標準を遵守できるようサポートするものである。

  • エンドポイントとサーバのセキュリティ:共通の目標、異なるソリューション
    2018年10月31日
    I. McShane

    エンタプライズ・データセンターのワークロードは劇的に変わり、エンドポイントと同じセキュリティ要件ではもはや通用しない。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、サーバ・ワークロードを保護する際に、ノートPCやデスクトップPCと同じコントロールを用いるべきではない。

  • データ・セキュリティ・ガバナンス・フレームワークの利用方法
    2018年10月31日
    B. Lowans D. Kish B. Willemsen J. Girard

    デジタル・ビジネスは、増大するデータから価値を創出することができるが、それに伴うビジネス・リスクと法的責任の拡大を無視できない。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、セキュリティ面の脅威、データ・レジデンシ、プライバシーが引き起こすリスクを緩和すべく、データ・セキュリティ・ガバナンス・フレームワークを開発する必要がある。

  • ハイパーコンバージェンスを変革する10のイノベーション
    2018年10月31日
    G. Weiss

    データセンター・コア、エッジ、クラウド、IoTを融合するには、今後、ハイパーコンバージド・インフラストラクチャを集合知に基づくものとする必要がある。データセンター機能の最適化に取り組むI&Oリーダーは、目標に照らしてしっかり定義された成果を達成すべく、各IT環境が相互に通信できる、自律性の高いシステムを設計して導入する必要がある。

  • モバイル/クラウド時代のセキュリティFAQ (エンドポイントとネットワーク編)
    2018年10月25日
    T. Ikeda Y. Kimura

    モバイルやクラウドの利用を推進するセキュリティ・リーダーは、基本的な対策と高度な攻撃への対策をバランス良く実施しなければならない。本リサーチノートは、モバイル/クラウド採用時の対策およびIoTへの対応に関するセキュリティ対策について、ユーザー企業が認識すべき重要かつ基本的なトレンドを、エンドポイントとネットワークの観点からFAQ形式で紹介するものである。

  • セキュリティ・インシデントへの対応についてCIO/CISOが理解すべき4つの事項
    2018年10月25日
    K. Yano Y. Isoda

    日本国内でも多くの企業においてCSIRTの設置が進んでいるものの、インシデント対応に必要な機能や能力をどのように拡充したらよいか分からず、CSIRTの強化を進められないケースも多い。本リサーチノートでは、インシデント対応の実効性を備えた「本物のCSIRT」を整備するために企業としてなすべき事項について、CIO/CISOに対し4つの切り口から解説する。

  • DevOpsの実践によりデジタル・ビジネスのサービス・デリバリを加速する
    2018年10月25日
    Y. Abe

    企業のITリーダーの多くは、自社にとってDevOpsが必要なのか、取り組みを開始すべきなのか決めかねている。本リサーチノートでは、日本とグローバルにおけるDevOpsへの取り組み状況の違いを明らかにしつつ、特にデジタル・ビジネスを志向する企業にとってのDevOpsの重要性を解説する。

  • 仮想デスクトップ・サービス:DaaSへの期待と現実
    2018年10月25日
    E. Hariu

    DaaSは、ベンダーが提供するホスト上の仮想化されたデスクトップ環境を、企業ユーザーにオンデマンドで配信するものである。従来のオンプレミス型VDIに代わるものとして、IT部門の運用の負担を軽減し、ビジネスに合わせたより柔軟な環境を提供する手段として期待されている。しかしながら、DaaSにはさまざまなタイプがあり、企業の負担が必ずしも軽減されるとは限らない点に注意が必要である。

  • IT部門はIoTとどう向き合うべきか
    2018年10月25日
    T. Ikeda

    日本国内のユーザー企業においても、製造や建設、農業、医療などの幅広い業界でIoTの取り組みが始まっているが、その進め方はさまざまであり、企画部門、IT部門、製品やサービスの主管部門がリードしているケースや、専任組織を設立して推進しているケースがある。本リサーチノートでは、IoTの位置付けとIT部門の役割をはじめ、IT部門がIoTとどう向き合い、どのようなチャレンジをすべきかに関する4つのテーマについて解説する。

  • デジタル・ビジネス:ブレークスルーを実現するには (2018年)
    2018年10月25日
    M. Suzuki

    2017〜2018年の1年間で、デジタル・ビジネスに向けて取り組む日本のユーザー企業は増加したが、デジタル・ビジネスを実現した企業の割合は横ばいで推移している。多くの日本企業は今、次のステップに進むためのブレークスルーを必要としていると言えよう。本リサーチノートでは、日本におけるユーザー調査の結果を踏まえてデジタル・ビジネスに向き合う日本企業の状況を述べ、デジタル・ビジネスを推進するテクノロジ・リーダーがなすべきことについて提言する。

  • デジタル・ビジネスのためのセキュリティ:認証とアクセス管理が果たす新たな役割
    2018年10月19日
    K. Kampman F. Gaehtgens

    CIOはデジタル・ビジネスに対して直接的な責任を負っており、また、セキュリティのうち認証とアクセス管理はデジタル・ビジネスの成功に必須となっている。これらの現状を踏まえると、セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、ビジネス・ニーズへの対応と収益の拡大に貢献する存在として、自らを変革していく必要がある。

  • 隠れた2大リスクに対処せよ:ライセンスと脆弱性
    2018年10月10日
    H. Aoyama Y. Isoda

    IT/SRMのリーダーは、OSSに潜む2つのリスク、すなわちライセンス違反に伴う訴訟のリスクや脆弱性のリスクを軽視してはならない。OSSライセンスに対する理解を深め、脆弱性対策を基本とし、自社のセキュリティ戦略やDevSecOpsイニシアティブと足並みをそろえて、OSSの2大リスクに対処すべきである。

  • 将来のモビリティに向けたテクノロジのトップ10
    2018年10月10日
    L. Wallin

    AR、VR、高度なモバイルUX設計は、特定のユースケースにおいて生産性に革命をもたらし得るテクノロジである。本リサーチノートは、自社に大きな影響を及ぼすモバイル・テクノロジにI&Oリーダーが優先順位を設定できるようサポートするものである。

  • セキュリティ要員をサイバーセキュリティに適応させる
    2018年10月10日
    S. Olyaei M. Stamper M. Coleman

    セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、自社の要件を満たす人材の採用・確保に苦心している。ガートナーは、各企業がデジタル・ビジネスの拡大という現実を受け入れるにつれ、こうした人材不足の状況が少なくとも3年は続くとみている。それゆえ企業は、サイバーセキュリティ担当者を見いだすために、従来とは異なるアプローチを取るべきである。

  • 日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2018年
    2018年10月10日
    H. Horiuchi

    本リサーチノートは、2018年現在の日本のICT市場において、ITリーダーが注目すべき40のキーワードを選定し、それぞれの期待度と成熟度の相関をハイプ・サイクル上にマッピングしたものである。これらのキーワードはデジタル・ビジネスを推進するに当たり、重要な役割を担うが、その成熟度やビジネスにおける重要度はさまざまである。

  • コンテンツ・コラボレーション・プラットフォームのマジック・クアドラント
    2018年10月5日
    M. Basso M. Woodbridge K. Hobert

    コンテンツ・コラボレーション・プラットフォームは、個人およびチームの働き方を変革する可能性を秘めており、社内外におけるコラボレーションで非構造化データが必要な際に、そのデータの属性と知見を付加する。本マジック・クアドラントでは、デジタル・ワークプレースのシナリオに適したコンテンツ・コラボレーション・プラットフォームを選定できるよう、14社のベンダーを取り上げる。

  • 2018年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10:AIファウンデーション
    2018年10月5日
    M. Walker W. Andrews D. Cearley

    AIファウンデーションが進化することで、ビジネスモデルやエコシステム、カスタマー・エクスペリエンスに根本的な革新をもたらす可能性が生じる。AIを推進するリーダーは、より大きなビジネス成果をもたらす機会に注目すべきである。

  • ITオペレーション監視の戦略的ロードマップ:2018年
    2018年10月5日
    S. Ganguli C. Rich

    デジタル化はITの世界を劇的に変えつつあり、従来のIT監視に有効性の維持という課題を突き付けている。本リサーチノートに示すロードマップは、I&Oリーダーが2022年にあっても存在意義を持ち続けられるよう進化させるべきIT監視の重要な特性の上位5つを特定し、必要な移行ステップを明らかにする。

  • トレンド・インサイト・レポート:ブロックチェーンによるトランスフォーメーション
    2018年10月5日
    R. Kandaswamy D. Furlonger

    ブロックチェーンには、ビジネスと社会を変革するという長期的な見通しはあるものの、短期的な実現性については裏付けとなる証拠がほとんどない。本リサーチノートでは、そうした変革が起こる範囲、さまざまな業界に及ぶ影響、ブロックチェーン・テクノロジの現状および進化を取り上げる。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com
































gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright