ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年12月発行)

リサーチ分析レポート概要:インフラストラクチャ(2018年12月発行)

  • データセンター・ネットワーキングのマジック・クアドラント
    2018年12月14日
    A. Lerner J. Skorupa

    企業がデジタル・ビジネス・イニシアティブを拡大していくに当たっては、機器の更新とキャパシティの拡大をバランスよく行う一方で、データセンター・ネットワーク内の俊敏性を改善し、アップタイムを維持する必要がある。I&O部門のリーダーは、本マジック・クアドラントを利用し、自社の要件に最適なベンダーを特定すべきである。

  • 統合エンドポイント管理ツールのマジック・クアドラント
    2018年12月14日
    C. Silva R. Doheny B. Taylor R. Smith M. Bhat

    統合エンドポイント管理ツールとは、PCやモバイルを含めた各種デバイスを単一の管理インタフェースで利用する、新しいクラスのツールを指す。I&Oリーダーは、EMM/CMTが統合エンドポイント管理に置き換わることを想定し、移行のための計画を立て、モダンなOSをサポートしていく必要がある。

  • クラウド・ネイティブ型のDevSecOps環境に合わせてセキュリティとITレジリエンスを再考する
    2018年12月14日
    N. MacDonald

    セキュリティ侵害やシステム障害からの復元力を高めたい企業は、セキュリティ・インフラストラクチャを含め、高いレジリエンスを持つインフラストラクチャが必要になる。セキュリティおよびリスク・マネジメントのリーダーは、クラウド・ネイティブ・アプリケーションと高速開発アーキテクチャに向かう動きを、レガシーのセキュリティ・インフラストラクチャ/プロセスを再考する契機として生かすべきである。

  • デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを推進し業界のリーダーを目指す:IT部門の視点から
    2018年12月10日
    J. Lopez

    デジタル・ビジネスは、企業にとって取り組むべき必須のテーマとなっているか、あるいは自社ビジネスの将来を決するものとなっている。CIOは、デジタル・ビジネスに向けたビジネスモデル構築に関する自社戦略の策定に参画し、その取り組みをリードしていく必要がある。

  • 2019年の戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10
    2018年12月10日
    D. Cearley B. Burke

    戦略的テクノロジ・トレンドは、デジタル・ディスラプションを推進するとともに、ビジネスに重要な機会をもたらす可能性を秘めている。テクノロジ・イノベーションのリーダーは、戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10に登場するテクノロジやトレンドの破壊的な側面を理解し、ビジネスの機会と脅威に対応して競争力を高める必要がある。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com
































gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright