ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2019年1月発行)

リサーチ分析レポート概要:アプリケーション(2019年1月発行)

  • CRMテクノロジの戦略的ロードマップ:2019年
    2019年1月31日
    O. Huang E. Thompson

    デジタル・トランスフォーメーションの一環として顧客中心性を追求すると、CRMアプリケーションの変更につながることが多い。CRMとカスタマー・エクスペリエンスをサポートするアプリケーション・リーダーは、変化する要件に合わせて、CRMアプリケーション・ポートフォリオ、アーキテクチャ、プロセスを管理するロードマップを作成すべきである。

  • アプリケーション・エコシステムのイノベーション・インサイト
    2019年1月25日
    J. Kostoulas J. Santoro

    クラウド・テクノロジとデジタル・ビジネスモデルに牽引され、エンタプライズ・アプリケーションのエコシステムは、従来のメガベンダー主導のモデルを超える形へと進化している。アプリケーション・リーダーは、デジタル・プラットフォーム戦略の一環として、新しい4種類のベンダー・エコシステムの利点を生かすべきである。

  • ウォーターフォールから、プロダクト中心のアジャイルなデリバリ手法への移行
    2019年1月25日
    M. Hotle N. Wilson

    ウォーターフォール型の手法は、デジタルな業務にとってあまりに低速で精度が低く、これだけを用いてデジタル・デリバリのニーズに対応することはできない。デジタルへの移行を目指すアプリケーション・リーダーは、プロダクト中心のアジャイルなデリバリ・モデルも採用すべきである。

  • データとアナリティクスの未来:拡張アナリティクス
    2019年1月25日
    R. Sallam C. Howson C. Idoine

    拡張アナリティクスは、データ/アナリティクス市場における次世代の破壊的テクノロジであり、機械学習やAIの手法を活用して、分析コンテンツの作成、利用、共有の方法を変革する。データ/アナリティクス・リーダーは、プラットフォーム機能の成熟に応じて、拡張アナリティクスの採用を計画すべきである。

  • 日本におけるアプリケーションのリサーチ概要:2019年
    2019年1月25日
    K. Motoyoshi K. Shiga K. Iijima K. Kawabe Harutoshi Katayama T. Ichishi

    アプリケーションに関する2019年のリサーチでは、日本企業のアプリケーション・リーダーが直面する主要課題の解決に向けて取るべきアクションとして、「エクスペリエンスの強化」と「アジリティの向上」に焦点を当てる。

  • 2023年のアプリケーション:デジタル時代のリーダーに必須となるスキル
    2019年1月15日
    D. Wilson D. Gaughan P. Saunders S. Van Der Zijden C. Iervolino N. Wilson

    企業は、リスクを管理し、デジタル世界で競合できるようになるためにアプリケーション・リーダーの存在を必要としている。本リサーチノートでは、アプリケーション・リーダーがデジタル・ビジネスの課題を克服するために必要なスキルと知識について概説する。

  • デジタル・ワークプレースにおいてクラウド・オフィス型UCをどの程度使用するかを見極める方法
    2019年1月15日
    S. Blood

    クラウド・オフィス・プロバイダーがスイートとして提供するユニファイド・コミュニケーション機能は、専門のサプライヤーが提供する機能や、コンシューマー・テクノロジと競合する。アプリケーション・リーダーは、本リサーチノートで解説するベスト・プラクティスに基づいて、クラウド・オフィス・スイートに搭載されたUC機能で十分な領域と、補完サービスを適用すべき領域を特定することができる。

  • SAP S/4HANAへの移行時に注意すべきこと
    2019年1月7日
    D. Nguyen J. Van Decker D. Torii

    SAP S/4HANAには、以前から大きな関心が寄せられている。ERPを変革しようとするアプリケーション・リーダーは、S/4HANAの採用を計画すべきか否か、また計画するとすればいつ、どのように行うかを判断するために、このベスト・プラクティスを活用されたい。

  • オペレーショナル・データベース管理システムのマジック・クアドラント
    2019年1月7日
    M. Adrian D. Feinberg N. Heudecker

    市場の競争がますます激化する中、オペレーショナル・データベース管理システムを評価しようとするデータとアナリティクスのリーダーは、現在と将来の両方の観点から自社のニーズを見極めなければならない。自社のシステムを刷新しようとする企業に、非リレーショナル・ベンダーおよびクラウド・ベースのベンダーは、新たな機会を提供するであろう。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright