ガートナー ジャパン
メインメニュー ホーム リサーチ コンサルティング ベンチマーク エグゼクティブ プログラム イベント 会社情報 メインメニュー
RESEARCH
ホームリサーチジャパン・コア・リサーチ・アドバンスリサーチ分析レポート一覧 − リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2019年1月発行)

リサーチ分析レポート概要:ITマネジメント(2019年1月発行)

  • CIOはビジネスにおけるITの役割拡大に向けて、ITのビジネス価値を示せ
    2019年1月25日
    S. Solanki J. Anderson S. Sampath C. Lozada

    最近のガートナーの調査では、CIOがITのビジネス価値を示すことに依然として悪戦苦闘していることが判明した。ビジネスに価値を付加するITのポテンシャルが指数関数的に増大するデジタル時代においては、CIOは、ITのビジネス価値を示すための有効なアプローチを開発しなければならない。

  • テクノロジ・イノベーションに向けた要員配置のベスト・プラクティス
    2019年1月18日
    J. Fenn

    イノベーションを目的にした要員の配置において必要な意思決定は、「専任のテクノロジ・イノベーション・グループまたは最新テクノロジ・グループを編成するかどうか」「専任スタッフや兼任スタッフの人数」「テクノロジ・スキル、ビジネス・スキル、対人スキルのバランス」「外部サービス・プロバイダーの役割」といったことに関するものである。

  • 2019年の展望:IT部門は経営価値を高めることに注力しよう
    2019年1月7日
    H. Katayama

    デジタル時代への突入は、IT部門が単なるコスト・センターから、ビジネス貢献度の高い組織へ、さらにはプロフィット・センターにさえも変われるチャンスである。本リサーチノートでは、日本においてどの程度のIT部門がその機会を生かすことができるかを展望する。

  • 2019年の展望:IT部門やIT子会社を活用できない企業はデジタル化に失敗する
    2019年1月7日
    T. Fujiwara Y. Matsumoto

    ガートナーの2019年CIOサーベイにおいて、日本の企業は、デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションで期待される成果を出すのが遅れていることが判明した。CIOは、今以上にビジネス・リーダーに寄り添ってデジタル・ビジネス・トランスフォーメーションを推進すべきである。IT部門や、IT子会社をうまく巻き込んだ形でデジタル化を進めることができれば、必ず 成功を収められる。

  • 2019年の展望:5年後の勝ち組IT組織と人材の姿
    2019年1月7日
    Y. Adachi T. Fujiwara

    テクノロジの急速な進化と企業経営のグローバル化は、ITの在り方だけでなく将来のIT組織とIT人材の姿にも影響を与える。本リサーチノートでは、5年後のIT組織と人材の姿を展望し、パフォーマンスの高い組織づくりに向けてCIOが取るべき施策を提言する。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン 営業本部
TEL:03-6430-1850
e-Mail:japan.sales@gartner.com






















gartner.com
TOP OF PAGE
Copyright