クラウドに関するレポート集

インフラ/プラットフォーム
レポート一覧
(7月12日時点)

本レポートは「ジャパン・コア・リサーチ・アドバンス」をご契約のお客様にお読みいただけます。

カテゴリー選択:

New 日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

インフォグラフィック:従来型、HCI、分散型クラウドを適切に選択するには

12 July 2021
Hiroko Aoyama
インフラストラクチャ/オペレーションのリーダーは、インフラストラクチャの近代化と新たなテクノロジの導入を目指している。本リサーチノートでは、従来の3層型、ハイパーコンバージド型、分散型クラウドという各インフラストラクチャを導入する際の戦略の違いを説明するとともに、選択基準と採用のガイドラインを示す。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー 日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

クイック・アンサー:「クラウドは不安だから使わない」という考え方は妥当なのか

5 July 2021
Tadaaki Mataga, Yuichi Isoda
2021年に入り発生しているクラウドの障害や情報漏洩などを受けて、日本ではクラウドに対する不安が一部で再燃しており、担当者が説明に苦慮するケースが増えている。本リサーチノートは、クラウドに対する社内の不安を抑制し、「神話」を払拭する一助となる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

インフォグラフィック:クラウド戦略クックブック

21 June 2021
Tadaaki Mataga
2024年までに、企業向けのワークロードの70%はクラウドに置かれるようになるが、企業の75%は目的に合ったクラウド戦略を立てていない。エグゼクティブ・リーダーは、ビジネス主導のクラウド戦略の策定に向けた取り組みを実施し、支援すべきである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:インフラストラクチャ運用とクラウド管理

18 June 2021
Yoshifumi Abe
クラウド・ネイティブなアプリケーションは可視性に欠ける部分があるため、監視や管理に課題が生じている。I&Oリーダーが、機械学習や人工知能テクノロジを活用し、分散型システムの関係性やパフォーマンスを把握する環境を整えない限り、デジタル・ビジネス・トランスフォーメーションの活動は暗礁に乗り上げる恐れがある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

日本におけるクラウド・コンピューティングの状況:2021年 ― 行動を加速すべき時が来た

7 June 2021
Tadaaki Mataga
Gartnerが2021年4月に実施したユーザー調査において、日本企業のクラウド・コンピューティングの利用率が急速に上昇したことが明らかになった。I&Oリーダーは、クラウドが様子見・試行導入フェーズから普及・拡大フェーズに入ったと捉え、クラウド戦略の策定と推進を加速させる必要がある。本リサーチノートでは、同調査の結果を分析し、I&Oリーダーが取るべきアクションを提示する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2030年に想定されるNew Worldに向けた次世代インフラ戦略を構想し、推進する:パート2

20 May 2021
By Tadaaki Mataga
企業は、2030年に到来するであろうNew Worldの時代に備えるべく、次世代ITインフラ戦略を構想し、推進する時が来ている。I&Oリーダーは、最も重要となる原理原則とおおよそのロードマップを理解することで、大変化の時代に2030年以降もサバイブするための新たなインフラ戦略を実現できる。3部構成シリーズのパート2である本リサーチノートでは、New Worldに向けた次世代インフラ戦略に欠かせない8つの原理原則のうち、人がいない問題への対処、新しいスコープ、新しいスタイル、最終的に目指すものの4つを取り上げる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

旧式のデータセンターを不可欠なIT資産に変える方法

23 June 2021
Takuma Yamamoto
I&Oリーダーの大半は、新しいアイデアやテクノロジ、ビジネス価値の提供手段を重視する一方で、旧式のデータセンターにはさほど注目しない。企業に明確な戦略があれば、旧式のデータセンターを更新することで、運用コストを削減しながら新しいビジネス・サービスに対応できるようになる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

インフラストラクチャが主導するイノベーションを取り入れ、ストレージ/データ管理戦略をシフトさせるために不可欠な4つのステップ

18 May 2021
Masaki Suzuki
将来を見据えたデジタル・トランスフォーメーション・チームを育成するには、I&Oリーダーが、自らをデータ/ストレージ・サービスのプロバイダーとして新たに認識する必要がある。本リサーチノートでは、ストレージ/データ戦略をシフトさせ、プラクティスや展開方法、テクノロジ、アーキテクチャの将来性を確保するために不可欠な4つのステップを明らかにする。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

変貌しつつあるデータセンターとその役割

18 December 2020
Takuma Yamamoto
ワークロード配置とは、クラウドに移行することだけにとどまらず、物理データセンターよりもむしろワークロードに基づいてITインフラ戦略のベースラインを設定することである。そのため、I&OリーダーはITインフラ戦略の再考を迫られており、これがエンタプライズ・データセンターに直接的な影響を及ぼしている。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

データセンターのコストを削減しながら運用を改善する

20 October 2020
Takuma Yamamoto
クラウド移行のトレンドが継続しているが、一部のワークロードは、「クラウド移行の準備が整っている」と見なされている場合でもオンプレミスに残す必要がある。インフラストラクチャは保守を要するものであり、長期移行戦略と日常の必須運用業務の統合がI&O部門リーダーの重要な目標になっている。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

デジタル・トランスフォーメーションを阻むデータセンター資産を排除するには

10 September 2020
Takuma Yamamoto
クラウドへの移行とデジタル・トランスフォーメーションが加速する中、レガシーの大規模オンプレミス・インフラストラクチャを擁する多くの企業が、OPEXモデルを受け入れるのに苦心している。I&O部門のリーダーは、デジタルの採用を阻害し、結果的に自社の競争力を制限するという意味で有害なデータセンター資産を排除し、「インフラストラクチャが主導するディスラプション」を可能にする投資モデルを自社が受け入れられるようサポートしなければならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

コンテナ管理のマーケット・ガイド

2 June 2021
Hiroko Aoyama
コンテナ・ワークロードを大規模展開するには、コンテナ管理に対応するツールやサービスが必要である。I&Oリーダーが、開発者のアジリティ向上、モダナイゼーション、トランスフォーメーション、オペレーション効率の改善などを支援するには、適切なコンテナ管理ソリューションを選択する必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

コンテナ・ワークロード用ストレージに関するI&Oリーダー向けガイド

29 December 2020
Hiroko Aoyama
企業は、ステートフル・ユースケースにおけるコンテナ・ランタイムやKubernetesディストリビューションの採用を拡大させつつある。I&O部門のリーダーは、自社のユースケースと展開に関する優先事項を擦り合わせ、プランニングの意思決定フレームワークと有効なインフラストラクチャ・デリバリを確立する必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

本稼働環境におけるコンテナ/Kubernetes運用のベスト・プラクティス

10 November 2020
Hiroko Aoyama
コンテナ・エコシステムは未成熟であり、運用のベスト・プラクティスが確立されていないが、レガシー環境の近代化とクラウド・ネイティブ・アプリケーションのためにコンテナとKubernetesを採用する事例が増加している。I&Oリーダーは、本稼働環境におけるコンテナ展開を加速させなくてはならない。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

I&Oリーダーはコンテナを改めて理解し、実践を開始せよ

25 September 2020
Hiroko Aoyama
日本において、コンテナの実導入は全般的には進んでいないにもかかわらず、ユーザー企業の過剰な期待や警戒の念ばかりが膨らんでいる状況にある。本リサーチノートは、ユーザー企業がこうした状況からいち早く脱し、コンテナについての理解を深め、そのアプローチを正しい方向に導く一助となる。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

近代化された統合システムによってインフラストラクチャが主導するディスラプションを加速させる

26 April 2021
Hiroko Aoyama
コストの管理と既存リソースの最適化というプレッシャーにさらされているI&Oリーダーは、インフラストラクチャに関して誤った意思決定につながる評価基準を重視してしまう場合がある。本リサーチノートでは、I&Oリーダーがプロジェクトの評価基準ではなく開発者およびビジネス部門のニーズに重点を置くことで、インフラストラクチャが主導するディスラプションを推進できるよう支援する。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

HCIに対する目利き力を高める

15 March 2021
Hiroko Aoyama
本リサーチノートでは、I&Oリーダーがハイパーコンバージド・インフラストラクチャを正しく理解するためのシンプルな質問とその回答を示す。ベンダーのマーケティング・アピールや提案書などでさまざまなキーワードと共に語られるハイパーコンバージド・インフラストラクチャについて、ユーザー企業の目利き力を高めるよう支援することが本リサーチノートの目的である。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

ハイパーコンバージド・インフラストラクチャ・ソフトウェアのマジック・クアドラント

10 March 2021
Hiroko Aoyama
ハイパーコンバージド・インフラストラクチャのソフトウェア・スタックは、コンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、管理をカバーするソフトウェア・デファインド・インフラストラクチャをサポートする。I&Oリーダーは、HCIソフトウェアを、コアIT、ビジネス・クリティカル、クラウド、エッジ、仮想デスクトップ・インフラストラクチャの各ユースケースに関する要件に対処可能なテクノロジとして捉える必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の展望:HCIのターニング・ポイント

29 January 2021
Hiroko Aoyama, Masaki Suzuki
本レポートは、日本におけるハイパーコンバージド・インフラストラクチャと、それに関連する動向について取り上げる。2021年以降のITインフラストラクチャ戦略を検討する際に、I&OリーダーがHCIにおいて注目すべき重要な展望を提示する。

New 日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

エッジ・コンピューティングの戦略的ロードマップ:2021年

2 July 2021
Takuma Yamamoto
企業がクラウドをオンプレミスにまで拡張し、IoTや革新的なデジタル・ビジネス・アプリケーションの活用を指向していることを背景に、エッジ・コンピューティングがメインストリームになろうとしている。I&Oリーダーは、エッジ・コンピューティングを新たなアプリケーション・タイプの基礎として、社内のクラウド・コンピューティング計画に長期にわたって盛り込む必要がある。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

イノベーション・インサイト:デジタル・プラットフォーム・コンダクター・ツール

17 June 2021
Tadaaki Mataga
I&Oリーダーがデジタル・トランスフォーメーションを実現するためには、オンプレミスとクラウド・ベースのデジタル・プラットフォームおよびITインフラストラクチャ全体を統合する「新たなビュー」が必要である。こうした新たなニーズを受けて、明示的に設計されたデジタル・プラットフォーム・コンダクター・ツールが登場している。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

2021年の戦略的テクノロジのトップ・トレンド:分散クラウド

9 April 2021
Tadaaki Mataga
企業は、複数のロケーションとユースケースを網羅する方法によってクラウド・コンピューティングの利用を拡大している。ITリーダーは、進化しつつある分散クラウドのケイパビリティを特定して活用し、こうした新たな方法でビジネス価値をもたらすべきである。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

SASEの戦略的ロードマップ:2021年

09 June 2021
Yuichi Isoda, Takeshi Ikeda
デジタル化、勤務場所を自由に選択できる働き方、クラウド・ベースのコンピューティングが、クラウド提供型のSASEへの動きを加速しており、いつでも、どこでも、どのデバイスからでも情報へのアクセスを可能にしている。セキュリティ/リスク・マネジメント・リーダーは、ネットワーク境界およびハードウェアに基づいた旧来の製品からSASEモデルに移行する計画を策定すべきである。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

企業システムのDRサイトにクラウドはどこまで使えるか

25 May 2021
Takuma Yamamoto
新型コロナウイルス感染症の蔓延を契機に事業継続計画が見直され、そこから派生して企業システムのDRを改めて検討する企業が出始めている。こうした再検討に当たり、新たなDRとしての選択肢である「クラウドを利用したDRサイト」は、ユーザー企業にとって果たして実現性のあるものなのか。本リサーチノートは、このシンプルな質問に端的に回答し、補完情報を提供して理解を深めるのを助ける。

日本におけるインフラストラクチャ/オペレーションのリーダー

サービスとしてのバックアップのマーケット・ガイド

24 May 2021
Takuma Yamamoto
サービスとしてのバックアップ市場は、柔軟な課金体系や利便性の高い使用モデルに支えられ、急成長の構えを見せている。中規模ITインフラストラクチャのバックアップ・オペレーションを担当するI&Oリーダーは、サービスとしてのバックアップをクラウド・ベースで利用することで、バックアップ・オペレーションを簡略化し、インフラストラクチャ規模を縮小できる。

日本におけるセキュリティ/リスク・マネジメントのリーダー

セキュリティ:何をどこまで実施すべきか (外部公開Webサービスへの攻撃) 2021年

20 April 2021
Yuichi Isoda, Kaoru Yano
頻発する外部公開Webサービスへの攻撃の対策として、何をどこまで実施すべきであろうか。そのWebサービスの性質によってリスクが異なるため唯一の解は存在しないが、IT/セキュリティのリーダーは、世間の対策状況を把握して、およその目安と重要トレンドをつかむことができる。

ビジネスを成功に導くガートナーのサービス

ガートナーのエキスパートから提供する、確かな知見、戦略的アドバイス、実践的ツールにより、ミッション・クリティカルなビジネス課題の解決を支援します。

本サービスに関するお問い合わせ

ガートナー ジャパン
営業本部
03-6430-1850