2024年のCIOとテクノロジ・エグゼクティブのアジェンダ

CIOが2024年に取り組むべきリーダーシップ、組織、およびテクノロジの優先課題とは何か

2024年のCIOとテクノロジ・エグゼクティブのアジェンダ

「2024年のCIOとテクノロジ・エグゼクティブのアジェンダ」をダウンロード

CIOにとっての重要課題である「投資対効果(ROI)を最大化し、同時にリスクを最小限に抑える」ために必要となるフランチャイズ・モデルによるデジタル・デリバリの改善について解説

「続行」ボタンをクリックいただくと、Gartner Terms of Use および プライバシー・ポリシー 同意いただいたこととみなします。

連絡先情報

すべて必須項目となります。

勤務先情報

すべて必須項目となります。

Optional

フランチャイズ・モデルを採用し、デジタル・デリバリを改善する

「2024年のCIOとテクノロジ・エグゼクティブのアジェンダ」は、2,400人以上のCIOをはじめとするITエグゼクティブへの調査結果から得られた知見をまとめたレポートです。

「リソースを新たに追加することなく、テクノロジ・イニシアティブからビジネス価値を提供する」というCIOへの要求がますます増えていることが、本レポートによって明らかになりました。

そのため、フランチャイズ・モデルを採用し、CIOがCレベル幹部 (CxO) と共同でデジタル・デリバリの責任を担うことで、予算や人材の制約を克服し、リスクを軽減することが、重要な戦略のひとつとなります。

eBook「2024年のCIOとテクノロジ・エグゼクティブのアジェンダ」では、以下のポイントついて解説しています。ぜひダウンロードしてご覧ください。

  • デジタル・デリバリへのフランチャイズ・アプローチを把握する
  • フランチャイズ化を成功させるために3つの柱を理解する
  • 即座に実行可能なアクション・プランを策定する

Webinar: 2024年 CIOとテクノロジ・エグゼクティブのアジェンダ “デジタル・デリバリのフランチャイズ化”

テクノロジにおけるリーダーシップは変化しました。デジタル・デリバリの民主化は、IT部門とそれ以外のビジネス領域の境界線を根本的に引き直すものであります。しかし、誰が何をすべきかについては混乱が絶えません。

本セッションでは、CEOをはじめとするCレベル幹部がCIOに期待することの変化や、CIOが自らのリーダーシップ職やIT組織の責務に期待する事項を踏まえ、今後18カ月間にCIOが何に取り組むべきかを明らかにします。

CIOアジェンダ:2024年の日本企業にとっての最大のテクノロジ投資と目標

ガートナーの2024年CIO/テクノロジ・エグゼクティブ・サーベイにおける日本企業の回答者から得た結果によると、今後数年間で、人工知能/機械学習 (AI/ML)、ローコード/ノーコード開発プラットフォーム、生成AI (GenAI) への投資が増加し、日本企業ではテクノロジの民主化が加速するであろうことが示されています。

本インフォグラフィックでは、ガートナーのサーベイで明らかになった日本企業の目標とテクノロジ支出傾向を分かりやすいチャートにて、ご覧いただけます。

ガートナーの「CIOとテクノロジ・エグゼクティブのアジェンダ」に関するよくある質問

ガートナーの「2024年CIO/テクノロジ・エグゼクティブ・サーベイ」から得られた知見をまとめた年次レポートです。このサーベイは、世界各地の上級テクノロジ・エグゼクティブが戦略的ビジネス、テクノロジ、マネジメントに関する優先課題について、どのようにバランスを取っているかを追跡することを目的として、2023年3~6月にオンラインで実施されました。回答者は、組織全体または組織の一部 (ビジネス部門や地域など) を統括する最上位のITリーダー (CIO) に限定されています。

同サーベイでは、世界84カ国のあらゆる主要業種に属する2,457人のCIOから回答を得ました。回答したCIOが所属する企業の売上高/公的機関の予算の総額はおよそ12兆5,000億ドルであり、IT支出総額は1,630億ドルに達します。

同サーベイは、ガートナーのアナリスト・チームが共同で開発し、ガートナーのリサーチ・データ/アナリティクス・チームが検証、検査、管理を行いました。

CIOとテクノロジ・エグゼクティブから得られた知見に基づく本レポートにより、以下のポイントを確認できます。ぜひご活用ください。

  • デジタル・デリバリへのフランチャイズ・アプローチを把握する
  • フランチャイズ化を成功させるために3つの柱を理解する
  • 即座に実行できるアクション・プランを策定する